2022.09.28

アートプロデューサー栗栖良依さん/「多様なからだ」が「多様な美」をつくり、「エネルギー」が心を動かす

アートプロデューサー栗栖良依さん/「多様なからだ」が「多様な美」をつくり、「エネルギー」が心を動かす

美の多様性を体現できる存在でありたい

栗栖さんが手がけるアートは、人が集まってつくるパフォーマンス。代表作のひとつ、東京パラリンピック開会式では、障害のある人160人が、健常者と一緒になって「翼」をテーマにしたパフォーマンスを披露。ここでステージアドバイザーとして、演出家と演者をつなぐ役割を果たした。

栗栖さん自身も、障害者のひとり。2010年32歳のとき、骨肉腫によって右下肢機能全廃となった。

「病気になる前と後とで、私自身の美の尺度が変わりました。以前は、アートの表現でも人でも、ひとつの尺度で見て、そこで美しさの優劣をつけていたような気がします。ところが自分が障害者になってからは、その尺度にはまらないものが多いことに気づいて。いろいろなからだの形や佇まい、考え方…。その多様性に美しさを感じるようになったのです。

私自身、猫背でガサツだし(笑)、障がいをもっているし。でも美の尺度は人によっていろいろあっていい。それを体現できる存在でありたいと思います」

栗栖良依さん

「一緒に作品をつくっている仲間も、さまざまなからだの形、個性をもった人たちです。たとえば、ダンサーの森田かずよさんは、脊椎の湾曲がありからだの形は個性的。それを生かし、義足で踊る彼女の動きは、彼女にしか出せないもの。彼女だけの佇まい。見ていて、本当に美しいなと感じます」

心を動かす「美しい佇まい」には、「人のエネルギー」があると栗栖さんは言います。

「ダンサーの多くは、病気をかかえていたり、乗り越えたり、生きるか死ぬかギリギリのところを経験しています。それでもなお表現したい、生きたいと強い思いをもって舞台に立ってる人たち。そこからは、ものすごく大きなエネルギーを感じます。

今年6月に行われた『2022カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル』では、難病ALS(筋萎縮性側索硬化症)を抱えながらアーティストして活動する武藤将胤さんが、同じくALSでコンポーザーのPONE(Guilhem Gallart)さんとともに、目の動きだけで音楽のセッションをしました。視線だけの演奏でありながらも、演奏者とその場に集まった人のエネルギーが波動となって、ひとつの方向に向かう、ものすごい力がありました。そんなエネルギーを肌で感じられる、ライブの場が私は大好きです」

栗栖良依さん

思いもよらない新しい美の形が生まれる

栗栖さんがさまざまな場面で感じたエネルギーを、多くの人にも感じてほしいと、新しい試みが始まっています。

「『みんなで絵本プロジェクト』といって、障がい者を含めた新たなパフォーマーを発掘し、おとぎ話を題材にしたパフォーマンス作品を生み出すというものです。これを日本各地・海外を巡回できる形につくりあげるのが目標です。さらに、パフォーマーを「仕事」として成立させる社会実験でもあります。さまざまな兼業・副業としてパフォーマーが活躍する場が広がれば、障がい者の社会的自立にもつながります。

(*みんなで絵本プロジェクトについて
現在オーディションは終了。最新情報はホームページで)

左/遊びながらからだを動かすグッズもオリジナルで作成。ボールはけん玉のようにして誰でも簡単に扱える。右/コミュニケーションを手助けするツールも豊富。言葉だけで伝えられないことを、これらのボードが代用する。 左/遊びながらからだを動かすグッズもオリジナルで作成。ボールはけん玉のようにして誰でも簡単に扱える。
右/コミュニケーションを手助けするツールも豊富。言葉だけで伝えられないことを、これらのボードが代用する。
2017年から実施しているソーシャルサーカス(サーカス技術の練習や習得を通じて、協調性やコミュニケーション力などを総合的に育むプログラム。)。認定NPO法人スローレーベルが主催で、栗栖さんは理事長をつとめる。写真は2021年に発表した野外サーカス作品。 写真提供/冨田了平
2017年から実施しているソーシャルサーカス(サーカス技術の練習や習得を通じて、協調性やコミュニケーション力などを総合的に育むプログラム。)。認定NPO法人スローレーベルが主催で、栗栖さんは理事長をつとめる。写真は2021年に発表した野外サーカス作品。

多様なからだや視点をもった人が集まって、それぞれの強みを出してつくるパフォーマンスは、思いもよらなかった新しい形、誰にも生み出せなかった美しさをつくり出します。たとえば、サーカスでやるピラミッド。正しい姿勢で揃えられたものはこれまでにもありましたが、私たちがやるなら、車椅子の人や目の見えない人、アクロバットが得意な人など、いろんな人が集まって、ユニークなピラミッドが出来上がります。それは唯一無二の美しい佇まい。ひとりひとりの個性に価値があって、決して代わりがきくものではありません。ほかのアーティスも刺激を受けるし、個性が肯定されるとても健全な世界。だから、発するエネルギーがポジティブで、見る人に感動を与えるのだと思います

写真提供/Ayami Kawashima 写真提供/Ayami Kawashima

障害のある人とない人が共創し、その先に目指すのは、「エンターテイメントの景色を変えること」。そのためにプレイヤーを発掘・育成し続け、表現できることを広げていく栗栖さん。それは、多くの人の心を動かしながら、美しい佇まいの概念を広げることといえそうです。

美しい佇まいには、「人のエネルギー」がある。
エネルギーがポジティブなら、見る人に感動をもたらす。

  • 栗栖良依(くりす・よしえ) 1977年東京生まれ。認定NPO法人「スローレーベル」代表。東京造形大学卒業後、イタリアのドムスアカデミーにてビジネスデザイン修士号取得。2010年に骨肉腫を発症、右下肢機能全廃に。翌年社会復帰を果たし、国内外で活躍するアーティストと障害者をつなぐ市民参加型ものづくり「スローレーベル」を設立。2014年と2017年には「ヨコハマ・パラトリエンナーレ」総合ディレクター、2016年にはリオ・パラリンピックのステージアドバイザーを務める。東京2020パラリンピック競技大会 開閉会式ステージアドバイザー。
取材・文/南 ゆかり
撮影/望月みちか
撮影協力/象の鼻テラス
デザイン/WATARIGRAPHIC

新着記事

IoT展示会レポート・後編/歩き方をAIがコーチング。なりたい自分に近づく

New2022.11.23

IoT展示会レポート・後編/歩き方をAIがコーチング。なりたい自分に近づく

IoT展示会レポート・前編/「優しい」技術が人に寄り添う未来は、すぐそこに

2022.11.16

IoT展示会レポート・前編/「優しい」技術が人に寄り添う未来は、すぐそこに

モデルKIKIさんが訪ねる研究の現場#08/不安な社会を生きるためにも呼吸が大事

2022.10.26

モデルKIKIさんが訪ねる研究の現場#08/不安な社会を生きるためにも呼吸が大事

モデルKIKIさんが訪ねる研究の現場#07/毎日2万回以上、呼吸の大事な役割

2022.10.19

モデルKIKIさんが訪ねる研究の現場#07/毎日2万回以上、呼吸の大事な役割