松栄堂・畑 正高さん/歴史をひも解けば、香りや「におい」の奥深さを発見できます

香りをお部屋に漂わすのではなく、繊細な香木の香りを鑑賞する「聞香(もんこう)」。香道では、香りを「かぐ」ではなく「聞く」と表現する。小さく割った香木(こうぼく)を炷(た)き、香炉から立ち上る香りを楽しむ。手前にあるのが、アジアの熱帯多雨林に産する貴重な香木。 香りをお部屋に漂わすのではなく、繊細な香木の香りを鑑賞する「聞香(もんこう)」。香道では、香りを「かぐ」ではなく「聞く」と表現する。小さく割った香木(こうぼく)を炷(た)き、香炉から立ち上る香りを楽しむ。手前にあるのが、アジアの熱帯多雨林に産する貴重な香木。

異国から届いた貴重な原料を育み慈しむ

お香について知るには、まずはルーツから。そこには、日本文化でありながら意外と知られていない、「美しい佇まい」につながる美意識が息づいています。

「お香の原料のほとんどは、日本では収穫することができません。中国やインド、東南アジアなど広くアジア一帯からの香木(材そのものに芳香を有する木)を始めとする漢薬香料が海を渡り、日本の精神文化とともに育まれてきました。アジアの一員でありながら独自性をもち、その心のありようが継承されてきたのが、日本のお香の文化です。実に日本的だなと思います。だから、異国の人たちの手によって届けられた歴史に思いをはせ、貴重なものとして慈しみながら使う。それが日本の香文化の根底にあるのです」

お香

では、「香り」と「美しさ」の接点はどんなところにあるのでしょうか。

古典を読んでいると、『美しい』という言葉は出てきませんが、代わりに『香り』『におい』といった表現はたくさん出てきます。お香の香りはもちろん、自然の香り、季節の香りなど、鼻で感じるものから目で感じるものまで、いろいろです。

たとえば、『源氏物語』では光源氏が冷たい風の中で舞ったとき、ポッと頬が紅潮するさまを『におう』と表現しています。そのほか、友禅染では花の中心に赤みを加えることを『におい』と呼び、京都・花背の火祭りでは、最後に入れる火を『におい』と言います。目に映る赤い色をさしているんですね。

このように、歴史を学びひも解いていくことが私は大好きで、そこには、ふだん気づかないこと、現代で忘れていた知恵がたくさんあります。と同時に、今いる自分の位置の確認にもつながります。ただし、時代で区分けされた政治史ではなく、人々の足跡である文化史を見ることが大事です。『温故知新』といいますが、特に『温故』が大事で、歴史の中で自分の位置を確認しつつ、次にどの方向に踏み出すのか、問いかける作業でもあるのです

仏壇でお線香をあげてご先祖さまに向き合うのが日課。大きな決断をするときもここで手を合わせ、ご先祖さまと自分自身に問いかける。 仏壇でお線香をあげてご先祖さまに向き合うのが日課。大きな決断をするときもここで手を合わせ、ご先祖さまと自分自身に問いかける。

情報化社会に求められる「佇まい」は、穏やかさ、丁寧さ、気遣い

デジタル化が進み、ストレスにあふれる現代、私たちは香りとどうつきあっていくのが、よいのでしょうか。

「情報化社会は、デジタル化とともに視聴覚の世界に革命を起こしました。それでも、『におい』はデジタル化することはできないと思っています。原始的な感覚器官のまま享受しているのが、香りです。だから、ふとした香りで古い記憶が蘇ったりするのです。

そして、音や光と違って、香りはあまねく広がる力があります。このような広がり方は、いってみれば『仏の慈悲』や『神様の愛』と一緒ではないでしょうか。それに気づけるかどうかは、ひとりひとりの心のベクトルにゆだねられているのです」

畑 正高さん

「今、私たちが使っている『美しい』という言葉は、西洋美学の影響が大きいと思っています。それよりも、日本人のみなさんが求めているのは、穏やかさ、丁寧さ、気遣いなど、心にしみる瞬間なのではないでしょうか。気遣いというと難しくとらえられがちですが、私はよく“ポジティブに”気遣いをしようと話しているんです。それは、思っていることをきちんと口にするということでもあります。その点、京都人は案外はっきりしているのではないでしょうか」

そんな穏やかで丁寧な「佇まい」のために、お香が手助けしてくれることもありそうです。

「生活の中で、人それぞれのお香の楽しさを見つけてほしいと思います。古典的なものをそのまま提案することもありますが、それでは新しい生活の中で楽しさは生まれないかもしれません。現代人として、やっぱり新しい提案をしていきたいと思います。そのとき、どんな香りを選ぶかは、人それぞれでいい。一方で、お香そのものは、エッセンシャルオイルなどと違って、元の樹木の素材など香り以外のものもたくさん含んでいる。言ってみれば『不純物いっぱい』なのがお香で、それらを含めて広く受け入れるところがいいんです」

松栄堂・本店に隣接する「薫習館(くんじゅうかん)」では、香りの新しい提案の形を体験できる。稀少な動物性香料の「麝香(じゃこう)」(ムスク)の香りもここでは気軽に出会うことができる。「映える」スポットとして若い旅行者にも人気。 松栄堂・本店に隣接する「薫習館(くんじゅうかん)」では、香りの新しい提案の形を体験できる。稀少な動物性香料の「麝香(じゃこう)」(ムスク)の香りもここでは気軽に出会うことができる。「映える」スポットとして若い旅行者にも人気。 香木は天然のものだけに入手困難なものも多い。 香木は天然のものだけに入手困難なものも多い。

美しさは、
日本人ならではの
穏やかさ、丁寧さ、気遣いなど、心にしみる瞬間

  • 畑 正高(はた・まさたか) 香老舗 松栄堂 主人。昭和29年京都生まれ。大学卒業後、香老舗 松栄堂に入社。平成10年、同社代表取締役社長に就任。香文化の普及発展のため、国内外での講演・文化活動にも意欲的に取り組む。アメリカにおいては、20年にわたる文化交流活動に対し、平成16年ボストン日本協会よりセーヤー賞を受賞。京都経済同友会理事、同志社女子大学非常勤講師などを務める。著書に『香清話』(淡交社)、『香三才』(東京書籍)などがある。
取材・文/南 ゆかり
撮影/望月みちか
デザイン/WATARIGRAPHIC

あわせて読みたい

俳人・黛 まどかさん/言葉を知り、日常の風景に目を止めれば、心のヒダが増えていく
俳人・黛 まどかさん/言葉を知り、日常の風景に目を止めれば、心のヒダが増えていく
  • ビューティ&ヘルス
  • ライフスタイル

2022.08.17

茶道家・北見雅子さん/姿勢への意識で自分が磨かれ、人生も好転する
茶道家・北見雅子さん/姿勢への意識で自分が磨かれ、人生も好転する
  • ビューティ&ヘルス
  • ライフスタイル

2022.07.20

コンテンポラリーダンサー安藤洋子さん/脳が休まり感覚がフルで開くとき、佇まいが変わる
コンテンポラリーダンサー安藤洋子さん/脳が休まり感覚がフルで開くとき、佇まいが変わる
  • ビューティ&ヘルス
  • ライフスタイル

2022.05.18

モデルKIKIさん/自分を縛らず、自由に。素のままの美しい佇まいに惹かれます
モデルKIKIさん/自分を縛らず、自由に。素のままの美しい佇まいに惹かれます
  • ビューティ&ヘルス
  • ライフスタイル

2022.03.30

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20