その疲れ、着て回復。「&RECOVERY(アンドリカバリー)」新登場

語り/坪内 有(課長兼「&RECOVERY」統括MD)、高根 菜摘(MD)、林 佳子(デザイナー)、金村めぐみ(デザイナー)、青山 藍(プロモーション担当)

だれでも仕事や家事、運動などさまざまな生活シーンや年齢ごとに、多かれ少なかれ“疲れ”を感じるもの。だけどわざわざケアする時間はとれない…という方に向けて、“着るだけで疲労回復”をコンセプトにしたリカバリーウェア「&RECOVERY(アンドリカバリー)」が誕生しました。画期的な新世代繊維の機能性や、全13種そろうラインアップについて、開発メンバーが語ります。

&RECOVERY(アンドリカバリー)

血行を促進する新世代繊維に“疲労回復”のヒミツあり

――ブランド名にある“リカバリー”のとおり、着るだけで疲労回復が期待できるという画期的な商品の登場ですね! まずは、開発の背景を教えてください。

坪内 健康に関連するマーケットが年々拡大し続けているということに加え、近年ではコロナ禍でテレワークなど、働き方がガラッと変わり、年齢を問わず日々のストレスや疲れを感じられている方が増加傾向にあります。そこで健康を軸とした「ボディケア」アイテムを提案できないかと考えたのが、この商品の開発のきっかけです。

――どうして着ることが疲労回復につながるのでしょう?

坪内 ヒミツは、血行を促進する新世代繊維「A.A.TH Medical™」にあります。この繊維の仕組みはアースメディカルパウダーという、数種類の金属を含む微細粒子を練り込んだ特殊繊維が、太陽・照明・人体などから発せられる遠赤外線のエネルギーを吸収し、遠赤外線のエネルギーがからだに輻射(ふくしゃ)され、温熱治療を行います。アイテムの特長により3種類の生地を使い分けていますが、これが「血行促進」、「疲労回復」、「こりの緩和」、「筋肉の疲れの緩和」、「むくみの軽減」(カーフのみ)へとつながっています。また、一般医療機器として届出しており、パッケージにも「一般医療機器」と表記し販売していきます。

※アースメディカル®は、オンヨネ株式会社の登録商標です。

用途や着ごこちを考慮して3種類の生地を使い分けている。 用途や着ごこちを考慮して3種類の生地を使い分けている。

坪内 一般医療機器で販売するには、さまざまな規約やエビデンスなどの準備が必要でした。
今までワコールで挑戦したことのない商品だったため、開発時は初めてのことづくしで試行錯誤の繰り返しでした。また、多くの方にこの機能を体感いただきたいと考え、女性用のインナーウェアだけでなく、ナイトウェアやマルチクロス(ひざかけ・肩かけ)、運動前後のコンディショニングウェア、男性用のアイテムをそろえました。社内の各アイテムの担当部門が一致団結し、つくりあげました。

坪内 有

金村 試作段階のモニターによる機能の検証においても、通常よりも多くの人数で行ったり、長期間着用いただくなど、さまざまな検証をしてきました。

高根 モニターの方からもポジティブな着用コメントをいただけたのは、うれしかったですし、自信をもつことができました。

ライフスタイルに合わせて選べる商品ラインアップ

――商品ラインアップについて教えてください。

高根 リラクシングウェア(メンズ・レディース)、インナーウェア、スリーピングウェア、コンディショニングウェア(ユニセックス)とさまざまなシーンに対応できるラインアップです。カラーは「癒しのここちよさを連想させる」3色展開です。定番のブラック、ブラウンに加え、鮮度のあるブルーもご用意しました。

左より、フット用の「アンドリカバリー カーフ」、「アンドリカバリー トップス(3分袖)」「アンドリカバリー ブラトップ」、「アンドリカバリー ガードル」。 左より、フット用の「アンドリカバリー カーフ」、「アンドリカバリー トップス(3分袖)」「アンドリカバリー ブラトップ」、「アンドリカバリー ガードル」。

金村 新世代繊維のもつ機能だけでなく、各アイテムには快適に着用でき、“ながらケア”していただきやすい工夫をしています。レディーストップス(3分袖・10分袖)は、おうちでリラックスできるように肩まわりはゆったりつくっています。10分袖は、ひじ下から袖口に向かって細くなるデザインで動きやすく、家事もスムーズにできる工夫をしました。ボトムスも同じく、ゆったりとつくりつつ足さばきがしやすいように裾に向かって細くなるデザインとなっています。レディースだけでなく、メンズアイテムも取りそろえているため、ご家族で着用いただけます。

リラクシングウェアは快適に動けるよう設計。 リラクシングウェアは快適に動けるよう設計。

 ブラトップ、ガードル、カーフ(ふくらはぎ用)は少し張り感があり、ストレッチのきいた生地を使っているので、動きやすいです。また、フリーカッティングで、アウターにも響きにくい工夫をしていますので、外出時も快適に着用していただけます。デザインは使いやすさを意識しつつも、生地調のレースをポイントにあしらい、アウターからのぞいても気になりにくく上品な印象に仕上げています。ブラトップとガードルは、からだのラインにキレイに沿うシルエットになっており、ほどよくソフトな着用感なのでデイリー使いに最適です。

レース使いがエレガントな「アンドリカバリー ブラトップ」と、「アンドリカバリー ガードル」。 レース使いがエレガントな「アンドリカバリー ブラトップ」と、「アンドリカバリー ガードル」。

高根 同じレースをあしらったふくらはぎ用のカーフは、着脱しやすく、無着圧タイプなので快適なはきごこちです。パンツスタイルの下に靴下感覚でできるので、気軽にお試しいただけるかと思います。どれから試そうか迷われたときにもおすすめしたいですね。

さりげなく足首にレースをあしらった「アンドリカバリー カーフ」。 さりげなく足首にレースをあしらったカーフ。

 運動前後のアイテムとして、ワコールのコンディショニングウェアブランド「CW-X」で展開する半袖シャツ、ロングパンツ、アームカバーは、アウター着用を想定し、吸汗速乾やUVカット率90%以上といった素材機能も付加しています。スリーピングウェアも、適度なゆとりのある設計で後ろ丈が少し長いセットアップパジャマなので、安心感があります。また、ショールとひざかけとしても使用できる2WAYマルチクロスとアイテムを豊富にご用意しております。

――パッケージデザインはどのようなイメージでつくられたのでしょう?

青山 太陽や照明など、目に見えていない遠赤外線のエネルギーを吸収するというのがこのアイテムの特徴なので、そのイメージをデザインに反映しました。同時にリラックス感や上質感が伝わるようにも意識し、撮影・制作を行いました。女性用、男性用など多くのラインアップがあることから、婦人肌着売り場での受け入れられやすさ・登場感を念頭に置きながら、スポーツや紳士の売り場における、男性の手に取りやすさも追及しました。「一般医療機器」ということで表現上の規制やルールがありましたが、お客様がパッと見て商品のベネフィットを理解できるものにしたいという気持ちで取り組みました。

&RECOVERY

坪内 「&RECOVERY」は、より多くの方に、今日の疲れはその日のうちにケア! という感覚で、「毎日のリカバリー習慣」の選択肢のひとつとしてご活用いただきたいなと思っています。

  • 坪内 有
  • 坪内 有(つぼうち・あり) 第1ブランド ワコールブランド商品営業部 ファンデーション営業課
    2006年入社。CW-Xのセールス、ワコールスイムウェア・ワコールボディサプリ・ボトムMDを経て、2020年からファンデーション営業課の課長兼「&RECOVERY」統括MDを担当。
  • 林 佳子
  • 林 佳子(はやし・よしこ) 第一ブランドグループ ワコールブランド商品企画部 商品企画一課
    2005年入社。ボトムの設計・開発、ラゼのデザイナーを経て、2018年からボトムのチーフデザイナー担当。
  • 高根 菜摘
  • 高根 菜摘(たかね・なつみ) 第一ブランド ワコールブランド商品営業部 ファンデーション営業課
    ワコール入社後、ウェブストア営業課を経て、2020年からボトムMDを担当。
  • 金村 めぐみ
  • 金村 めぐみ(かねむら・めぐみ) 第一ブランドグループ ワコールブランド商品企画部 商品企画一課
    ワコール入社後インナーウェアの企画・デザイン・設計を経験し、2020年よりニットの企画・デザインを担当。
  • 青山 藍
  • 青山 藍(あおやま・あい) マーケティング企画部ワコールブランド販売促進課
    ワコール入社後百貨店のセールスを経て、産休育休取得後現所属に復帰。「&RECOVERY」の販売促進を担当。
取材・文/シキタリエ
撮影/合田慎二

あわせて読みたい

うすくて軽く、肌あたりも環境にも配慮した「綿の贅沢 オーガニック」
うすくて軽く、肌あたりも環境にも配慮した「綿の贅沢 オーガニック」
  • ファッション

2021.05.12

オーガニックコットン混に機能性をプラス! ウイング「綿の贅沢 オーガニック」
オーガニックコットン混に機能性をプラス! ウイング「綿の贅沢 オーガニック」
  • ファッション

2020.11.04

快適×高造形×エクササイズ歩行が叶う「SUHADA 肌リフトSTEP」開発の裏側
快適×高造形×エクササイズ歩行が叶う「SUHADA 肌リフトSTEP」開発の裏側
  • ファッション

2018.09.12

下着メーカーのノウハウが生きた大ヒットスポーツウェア「CW-X」開発物語
下着メーカーのノウハウが生きた大ヒットスポーツウェア「CW-X」開発物語
  • ファッション

2017.10.11

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20