少しの意識と工夫で糖質を上手に制限

特集/糖質制限、ホントのところ

先生/前川 智(長野松代総合病院ダイエット科部長)

---- 世の中が便利になったことで活動量が減った現代人にとって、糖質はエネルギー過剰の“非常食”――。ダイエット専門医の前川智先生は、糖質過多の食生活に警鐘を鳴らします。最終回となる今回は、日々の食事で気をつけたいことを具体的に教えていただきます。無意識の糖質摂取を無理なく減らしていくために、今日からできる行動とは?

少しの意識と工夫で糖質を上手に制限

手軽に食べられるもの=糖質の塊!?

おにぎり、サンドイッチ、ピザ、パスタ、ラーメン、うどん、菓子パン、そしてスイーツ。安くて手軽に食べられるものは、たいてい糖質の塊です。さらに日本人は、丼物や麺類、寿司など、糖質の多い単品メニューを好んで食べる傾向にあることもあり、糖質過多に陥りがちです。

私はさまざまな研究結果から、最終的に糖質摂取量を1日120g以下、総エネルギー量に対する比率を30%以下に、ということを推奨しています。しかし、茶碗1杯150gの糖質量は53.4g。ショートケーキ1カット140gの糖質量とほぼ同じです。3食ごとに、ごはんとデザートを食べていたら、あっという間にオーバーです。

活動量と糖質摂取量のバランスをとるには、間食をやめる、そして夕飯の主食を抜く、というのがおすすめです。さらに言うなら、寝る3時間前は何も食べないのが理想です。活動量が落ちる夜は、食べた分を消費できないので、余ったエネルギーはそのまま脂肪になります。しかし、食べてから寝るまでに3時間以上あけると、夕食でとったエネルギーはある程度消費された状態で寝ることができますので、就寝中は脂肪が燃え、痩せやすくなります。

日中の食事は、主食控えめ、おかず多めで。朝は野菜やたんぱく質中心の献立にして、主食をとる場合は昼食でとり、ごはんなら100g、パンなら80g以下に。エネルギー不足を回避するために、たんぱく質は意識して多めにとってください。肉ばかり食べて悪玉コレステロールが増えすぎるのも、心筋梗塞などのリスクが高まりますので、魚介類や大豆製品などもバランスよく。脂質は、質の良いものを適量で、が基本です。

こうした食生活の改善は、すでに糖質の過剰摂取が常習化している患者さんだけではなく、常習化を未然に防ぎ、健康なからだを維持するためにも、非常に有効です。

行動を変えればからだも社会も変わる!

とはいえ、自炊ができない、外食が多いなど、食事内容をコントロールしにくい環境にいる人は、「そうは言っても…」という気持ちになると思います。ファストフードやテイクアウトなど手軽に食べられるものは、どうしても糖質が多くなってしまいますが、そんな中でも、できることはあります。

コンビニエンスストアには、糖質制限が話題になって以降、低糖質メニューが増えています。栄養成分表示を見て、糖質量の少ないものを選びましょう。サラダチキン+サラダはおすすめ。そして、スイーツの棚のほうには目を向けないように…。滞在時間を短くすることが、余計な買い物をしない秘訣です。

ファミリーレストランや定食屋さんでは、ごはんを抜きにするか、減らしてもらう。丼ものや麺類などの単品メニューではなく、タンパク質のおかず・副菜・汁物がセットになった定食メニューを選びましょう。

そして、何を食べるにしても「早食い」や「大食い」、「ながら食べ」もよくありません。食事に集中し、ひと口ごとに30回噛んで、20分以上時間をかけて食べることで、正常な満腹感を得ることができます。そして腹八分目を心がけるようにしてください。

メニューも多く、手軽に食べられて、すぐに満足が得られる。見回せば、世の中には糖質の誘惑だらけです。一緒に食事をとる家族やまわりの人につられて、ということもあるでしょう。旅先でつい…なんてことも、仕方ないと思います。そんなときは、1日で、あるいは数日で、トータルで糖質量のバランスを取るようにしてください。

とにかく、糖質摂取を常習化させないようにしていくことが大切なのです。私は医師として、患者さんが食生活を改善することなく、糖尿病、高血圧、脂質異常症、心筋梗塞、脳卒中、がんなどの生活習慣病で病院に通い、薬を飲み続けている状態を見ると、心が痛みます。意識を変え、行動を変えることで、ひとりひとりのからだも、社会全体も、必ず健康になっていくと信じています。将来、“患者にならない”ためにも、ぜひ、糖質をきちんと理解し、上手に食生活をコントロールしてほしいですね。

----忙しいから、面倒だからと、手軽に素早く食事を済ませていると、「今日食べたもののほとんどが糖質だった…」という状態になりがち。買い物の時点から行動を変えて、糖質制限を生活のルーティンにうまく組み入れる。それが無理なくできる糖質制限ライフのようです。

取材・文/剣持亜弥
イラスト/坂田優子
デザイン/WATARIGRAPHIC
からだ用語辞典: 糖質

あわせて読みたい

現代人と糖質、その適正なつきあい方とは?
現代人と糖質、その適正なつきあい方とは?
  • ビューティ&ヘルス

2022.01.19

料理研究家・柳澤英子さん<後編>適正体重とおいしい糖質オフ生活
料理研究家・柳澤英子さん<後編>適正体重とおいしい糖質オフ生活
  • ビューティ&ヘルス
  • ライフスタイル

2022.01.26

忙しいランチ時間でも「置き替え」でロカボを実践
忙しいランチ時間でも「置き替え」でロカボを実践
  • フード

2021.12.15

意外に糖質が多い食品はどれ?
意外に糖質が多い食品はどれ?
  • フード

2019.11.20

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20