• 2020.01.22

オステオカルシン

【おすておかるしん】

2007年に発見された、骨を形成する細胞「骨芽細胞」がつくり出すホルモン物質。記憶・認知機能を改善するほか、さまざまな臓器を活性化する働きがある。

監修/広川慶裕(認知症予防医・ひろかわクリニック院長)
精神科医。認知症予防医として認知症やうつ病、統合失調症などの精神疾患治療に携わる。メンタル産業医でもあり、働く人のメンタルヘルスにも関わっている。

※当サイトに掲載されているコンテンツすべて(文章、画像など)の転載・転用・複製・改変を固く禁じます。

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20