• 2013.04.12

股関節

【こかんせつ】

骨盤と太ももの骨(大腿骨<だいたいこつ>)をつなぐ、からだの中で最も大きな関節。
丸い大腿骨頭が臼のような寛骨臼(かんこつきゅう)の中にはまり込むように形成されている。これによって、前後、左右、回旋と自在に動くことができる。関節の周りは筋肉で取り囲まれていて、その働きで上半身の体重を受け止め、動きを制御している。
「立つ」「座る」「歩く」などさまざまな動きの要となる非常に重要な関節である。 Image 監修/山口光圀(理学療法士・健康心理学博士、日本肩関節学会会員)
神奈川県にて開業したセラ・ラボで肩のコンディショニングを行うほか、講演・セミナー活動も行っている。

※当サイトに掲載されているコンテンツすべて(文章、画像など)の転載・転用・複製・改変を固く禁じます。

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20