アロマセラピスト太田奈月さんの 香り術<前編>

特集/においと香りと人のからだ

語り/太田奈月(調香師・IFA国際アロマセラピスト)

香りから得られる「美」と「癒し」の力に着目し、国内外で幅広く活動する太田奈月さん。ライフスタイル全般において、つねに香りを意識していると語る、太田奈月さんの「香りのテクニック」は今すぐ参考になるものばかり。ふだんの生活のなかでの「香り」の楽しみ方を教えてもらいました。「香りの効能」もご参考に! 太田奈月さん

自分らしく生きるために、香りを24時間活用

朝起きたときから夜寝る前まで、時間やシチュエーションごとに、自分がここちよくなる香りを生活にとり入れています。イランイランの甘い香りが大好きなので、量を調整しながら、一日を通して使います。たとえば、目覚めにすっきりしたいときには、ペパーミントやユーカリにイランイランを少しミックスして。夜になるにつれて、イランイランの濃度を増やして。そして、寝る前には、マンダリンの完熟した果実の香りをミックスし、心満たされるひとときを大切にしています。オリジナルの香水ブランドのロゴマークにするほど、イランイランの香りは私にとっては特別なもの。南国を思わせる、解放的な香りをかぐと、一瞬で気持ちが晴れ晴れとするからです。「自分らしく」というと、簡単なようでいて難しいですが、イランイランの香りは、「ありのままに生きる」ことの大切さを教えてくれます。

[香りの効能ワンポイント]
イランイラン...女性性を解き放ち、安心感や高揚感をもたらす。
ペパーミント...精神疲労や眠気を解消し、気分をリフレッシュ。
ユーカリ...高い殺菌作用をもつ。迷いや悩みを浄化する。
マンダリン...熟した甘い香りで、愛情や安心を感じる。

柑橘系の香りで元気スイッチをオン!

精油として香りを楽しむのはもちろん効果的ですが、実は日常にもパワーをもった香りが隠されています。たとえば、スーパーに行くと、柑橘系がずらりと並んでいます。レモンやグレープフルーツの皮から漂う香りは「天然のアロマ」。柑橘系のすっぱい香りをかぐと、自然と唾液が出てくると思います。私にとって、唾液は「無料の美容液」。唾液が出ると、元気がみなぎっていきます。反対に、ストレスがたまると、唾液すら出ずに乾いていきます。

[香りの効能ワンポイント]
レモン...瞬時に気持ちを切り替える。デトックス効果も。
グレープフルーツ...食欲不振や食べ過ぎにも働きかける。

ジンジャーの香りが恋愛力をサポート

もうひとつ、スーパーで見つかる、女性必見の香りがあります。それは、ジンジャー(しょうが)です。ジンジャーの香りからは、力強い生命力を感じることができます。私にとって、ジンジャーは「ハンサム」な香り。スーパーでジンジャーを選ぶときには、力強いシェイプのものをついつい選んでしまいます。ジンジャーは、女性が男性に本能的にひかれる香りとも似ているので、ときめきをもたらしてくれるのです。スクールの生徒さんから、最近よく恋愛事情に関する相談を受けるのですが、ジンジャーの香りを有効活用して、うまくいったケースも。女性がジンジャーの香りを身にまとうと、パートナーの男性は少し不安に感じるもの。ほかの男性の影を感じとって、心がザワザワします。その効果をうまく利用して、パートナーとの仲を深められたという方も。ジンジャーを手にとったときには、ぜひ、香りにも注目してください。

[香りの効能ワンポイント]
ジンジャー...冷え切った心を温める。また性に働きかける。

恋愛力を高めたいなら、バニラをミックス

さらに恋愛力を高めたいのならば、ジンジャーにバニラの香りをミックスしましょう。天然のバニラはからみつくような植物なので、香りからは「包容力」を感じることができます。香りに抱かれる感覚になるのですが、そうなると「脳内恋愛」の状態をつくることができます。ジンジャーとバニラの香りで「ときめき」をつくっていくのです。香りで脳を素敵にだましていくと、からだも反応していきます。女性の美や健康にとって、「ときめき」がとにかく大切。たとえ、恋愛をお休み中で、日常生活でときめき不足でも大丈夫です。香りでときめく状態をつくりましょう。

[香りの効能ワンポイント]
バニラ...緊張をやわらげ、幸福感をもたらす。
「女性にとって「心のときめき」がなにより大切です。ジンジャーやバニラの香りで、楽しいイメージをつくっていきましょう」 「女性にとって"心のときめき"がなにより大切です。ジンジャーやバニラの香りで、楽しいイメージをつくっていきましょう」

香りで意識を変える「一瞬の魔法」

女性にとって大切だと思うのが、引きずらないこと、切り替えること、スイッチを入れること。仕事や家庭、人間関係で悩みはつきものですが、そんなときこそ、香りの力を借りましょう。香りは脳に直感的に訴えるもの。「考えちゃダメ」と思うと難しいですが、無条件に脳やからだが反応する香りで、気持ちの切り替えを。やる気を起こしたいときにも香りを有効活用。私はジョギングやスクワットなどのトレーニングを習慣にしているのですが、気持ちが乗らないときも。そんなときには、ジンジャーやジュニパーなど、血流をあげる香りでモチベーションを上げています。

[香りの効能ワンポイント]
ジュニパー...精神を研ぎ澄まし、モチベーションアップに。
「世界で感じた「花々」や、独自に開発した特許製法で抽出した「緑茶」など天然のアロマを用いて、オリジナルの香水をつくっています。「アロマ香水=アロマパルファン」は自然の香りを日常に楽しむことができるもの。洋服を選ぶように、お気に入りの香りを身につけましょう」 「世界で感じた"花々"や、独自に開発した特許製法で抽出した"緑茶"など天然のアロマを用いて、オリジナルの香水をつくっています。"アロマ香水=アロマパルファン"は自然の香りを日常に楽しむことができるもの。洋服を選ぶように、お気に入りの香りを身につけましょう」

太田奈月 調香師・IFA国際アロマセラピスト
アロマテラピー・調香師のスクール「アクトインターナショナルスクール」校長。
英国ケンブリッジでアロマセラピーを学び、帰国後にスクールを開校。すべての人がもつ潜在的な魅力を引き出すための、「生きた植物の姿・形」をメッセージに変えて伝える「アロマパルファンメソッド」創設者で「天然アロマ香水」のブレンドノウハウを国内外で伝授。心とからだに寄り添った香りの楽しみ方を提供している。
著書「香りの精油事典」(BABジャパン)では、55種類の精油を人物にたとえて、自由なストーリーで香りの特徴やおもしろさを伝える。
http://ais-tokyo.com

取材・文/川口夏希
撮影/長谷川 梓

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

あわせて読みたい

香りの好き嫌いは情報や環境で変わる
香りの好き嫌いは情報や環境で変わる
  • ビューティ&ヘルス

2018.07.11

ぐっすり眠るための必須アイテム
ぐっすり眠るための必須アイテム
  • ビューティ&ヘルス

2017.02.01

料理研究家・森崎友紀さんのバスト美人10の秘訣<前編>
料理研究家・森崎友紀さんのバスト美人10の秘訣<前編>
  • ビューティ&ヘルス

2014.02.19

今月のコトバ「においとフェロモン」
今月のコトバ「においとフェロモン」
  • カルチャー

2018.03.28

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20