からだを温めるスパイス「ヒハツ」

文/堀 知佐子(レストラン『Le Rire』オーナー兼シェフ)
イラスト/いしわたりきわこ
からだを温めるスパイス「ヒハツ」

「ヒハツ」は胡椒の一種で、沖縄では島胡椒の「ピパーチ」として知られ、からだを温めるスパイスのひとつです。体温が下がると免疫システムも鈍ることがわかっている今、からだを温めることは免疫にも大きくかかわり、季節を問わず大事な習慣になっています。

「ヒハツ」には毛細血管を強くする「ピペリン」という辛味成分が含まれていて、それが血管を広げ、血液の流れを促進します。ほかにも、「Tie2(タイツー)」という酵素を活性化させる効果をもつ成分によって、毛細血管に作用して、傷などの損傷を修復する効能もあります。そこから、血管の老化予防、肌の色を健康的に見せる効果も、大いに期待できます。

粒のものより、パウダー状のものが使いやすく、スーパーなどでも手に入りやすいでしょう。使い方は胡椒とほぼ同じで、肉や魚の下味や野菜炒め、ドレッシング、さらにみそ汁などにも合います。また、シナモンにも似ているので、ミルクティーに入れて香りを楽しむこともできます。まだなじみの薄い「ヒハツ」ですが、このように美容と健康にうれしい効果が多いので、ぜひ普段使いしてみてください。

  • 堀知佐子
  • 堀知佐子(ほり・ちさこ) 管理栄養士・食生活アドバイザー・アンチエイジング料理スペシャリスト。レストラン「Le Rire(ル・リール)」シェフ。京都の調理師学校で教鞭をとった後、京料亭「菊乃井」の物販事業部責任者を経て、2010年株式会社「菊の井」常務就任。2008年アンチエイジングをコンセプトとしたレストランを開業。料理教室の開催、地方自治体アドバイザー、講演など、食と健康をテーマに幅広く活動。著書に『みそと野菜でアンチエイジング』『100歳まで錆びない栄養レシピ』など多数。

あわせて読みたい

食事で体温を上げて免疫力アップ
食事で体温を上げて免疫力アップ
  • フード

2020.03.18

血の巡りをよくして、春不調を乗り切ろう
血の巡りをよくして、春不調を乗り切ろう
  • ビューティ&ヘルス

2017.03.29

たんぱく質たっぷり、豚肉のスパイス煮
たんぱく質たっぷり、豚肉のスパイス煮
  • フード

2018.03.07

いつものカレールーで簡単! ごぼうときのこのデトックススープカレー
いつものカレールーで簡単! ごぼうときのこのデトックススープカレー
  • フード

2019.09.25

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20