暑さや蒸れ、子どもの寝相に対応!ワコールキッズ「さらっと快適パジャマ」

語り/磯 美穂(デザイナー)、小野 絵里奈(デザイナー)

子どもの眠りに関するアンケートをもとに開発した、ワコールキッズの「睡眠科学 KIDS」から発売中の「さらっと快適パジャマ」が人気です。夏の夜を快適に過ごせる素材選びやニーズに応えた機能性、ユニセックスなデザインなど、工夫のつまった商品の成り立ちを追いました。

ワコールキッズ「さらっと快適パジャマ」

子どもの「眠り」アンケートでわかった寝姿勢の実態

――まず、「睡眠科学 KIDS」シリーズと「さらっと快適パジャマ」の特徴を教えてください。

 「睡眠科学 KIDS」は、子どもの眠りに関するアンケートと、ワコール独自の設計から誕生したパジャマシリーズです。特に、寝相を考えたパターン設計で、寝ている間も動きやすく、季節にあった素材を使ったここちよさが特徴です。その中で「さらっと快適パジャマ」は、暑くて寝苦しい夏にぴったり。4月の発売以降、夏を迎える前からご好評をいただいています。

小野 子どもは1日の1/3以上の時間を睡眠に費やすので、パジャマの役割は大切だと思っています。過去にもワコールのナイトウェアブランド「睡眠科学」で子ども用のパジャマを扱っていた時期がありましたが、昨今の睡眠に対するニーズの高まりを受け、2020年に開発を再開しました。

男女兼用で着られる、涼しげなユニセックスカラーも用意。 男女兼用で着られる、涼しげなユニセックスカラーも用意。

――アンケートではどのようなことがわかったのでしょう?

 社内で100名以上の調査を二度行ったのですが、「子どものパジャマに求めることは何ですか?」の問いには、「季節にマッチした素材にこだわりたい」「寝相が悪くておなかが出るのが気になる」などの声が集まりました。

寝相について「うつ伏せ」「正面向け(仰向け)」「大の字」「横向き」からお子さまの睡眠時の姿勢を2つ選択してもらったところ、ほとんどの方が「横向き」を選ばれたんです。横向きになるということは寝返りをうっているわけで、つまり腕が動いているんですね。それで着衣が引っ張られて乱れるので、「ポイントは腕の動き」だと話し合いながら取り組みました。

磯 美穂(デザイナー)

小野 調べていくと、10歳ごろまでがいわゆる“子どもっぽい”寝相になりやすいということが見えてきました。大の字になったり、手足がM字になったり。特に夏は汗をかくので、クーラーをつけっぱなしにされているご家庭も多いのですが、そうなるとなおさら、動いておなかが出るのが気になるんですよね。

モデル着用イメージ(ワコールウェブストアより) モデル着用イメージ(ワコールウェブストアより)

 そこで、小さいサイズのパジャマには、トップスの脇にズボン留めのボタンを付けました。

トップスの脇のボタン。ボタン穴はズボンに施されていて、上下が離れておなかが出ないよう工夫された。 トップスの脇のボタン。ボタン穴はズボンに施されていて、上下が離れておなかが出ないよう工夫された。 着用イメージ。ボタンは成長に合わせて2段階に調整可。 着用イメージ。ボタンは成長に合わせて2段階に調整可。

 サイドのボタンは、ワコールが独自に設定しているサイズ「4」(95~110cm)・「6」(110cm~125cm)についています。だいたい4~6歳のお子さま向けのサイズですね。一般的なパジャマは10cm刻みでサイズ展開されていますが、子どもの身長は一年で約6cm伸びるといわれていますので、育ちざかりの子どもに2シーズン着用できるよう15cm刻みにしているんですよ。

小野 こちらは、サイズ「8」(125cm~140cm)です。


 サイズ「12」(155~165cm)・「12B」(155~170cm)までご用意していますが、子ども用とうたいつつ実は私も着ているんですよ。3歳の子どもと家族おそろいで着ていますが、毎日のように洗濯しても丈夫ですし、すぐに乾く便利さも実感しています。

涼やかな生地と細やかなパターン設計で夏の夜を快適に

――寝相の対策として、どのような生地選びやパターン設計をされたのでしょう?

 まず生地は、ニットサッカーという素材を使っています。色の入っているところが綿、白いところがポリエステル素材で表面に凹凸があり、肌にふれる面積が少ないので涼しさを感じられるポイントとなっています。

小野 アンケート結果でもニーズの高かった吸汗速乾性もありますし、ストレッチ性があるのもポイントですね。

吸汗速乾が夏場にうれしいニットサッカー素材。 吸汗速乾が夏場にうれしいニットサッカー素材。

 子どもはよく腕を動かすので、脇下のマチ部分にはメッシュ素材を使って風通しをよくしました。窮屈感を感じないように袖はラグランスリーブにし、トップスの裾にはスリットを入れています。さらにズボンにもマチをつけているので動きやすく、一般的なパジャマと快適さの違いを感じていただけると思います。


――実際にモニターとしてお子さまに着用していただいたのですか?

小野 はい。それがなかなか大変だったんです…(笑)。同じ条件でのデータを取りたいわけですが、大人と違って子どもたちみんなに同じポーズをとってもらうのは困難でした。そこでパタンナーの方が編み出してくれたのが、ボール紙でできたこのガイドです。保護者の方にもご協力いただきながら、1人に対して4人がかりでズレ上りや着くずれの数値を計測しました。

ボール紙をからだに沿わせ、腕を上げてもらうことで、どのモニターも同じ腕の角度で計測できるようにした。 ボール紙をからだに沿わせ、腕を上げてもらうことで、どのモニターも同じ腕の角度で計測できるようにした。

――3色のカラーについて教えてください。

 パープル、ブルー、サックスの3色をご用意しました。機能に特化したパジャマということもあり、ユニセックスでいくことに。そのなかでも、首もとの飾りボタンにポイントをおいてかわいらしさを出すなど、細部にこだわりました。女の子から「ボタンのお花がかわいい!」というコメントが届いたのは、うれしかったですね。

左からパープル(PU)、ブルー(BU)、サックス(SX)。 左からパープル(PU)、ブルー(BU)、サックス(SX)。

小野 ほかにも、「脇のメッシュ部分が涼しい」「涼しい生地だけど透けにくい」などのお声をいただき、さまざまなご要望にお応えできていると感じています。

 真夏はもちろん、ぜひ2シーズンはたっぷりと使っていただき、睡眠時間を快適に過ごしていただければと思います。

  • 磯 美穂
  • 磯 美穂(いそ・みほ) 第2ブランドグループ ファミリーウェア商品営業部 商品企画課
    2005年入社。ワコールブランドにてキャンペーンブラジャーからショーツまで幅広いアイテムの企画開発に携わり、その後ウンナナクールでプランナーを経験。
    2019年よりキッズジュニアのインナーウェアからパジャマまでのデザインを担当。
  • 小野 絵里奈
  • 小野 絵里奈(おの・えりな) 第2ブランドグループ ファミリーウェア商品営業部 商品企画課
    2017年入社。キッズジュニア男児・女児のインナーウェアからパジャマまでのデザイン担当とShinzi Katoh氏とのコラボレーション企画も担当。
取材・文/シキタリエ
撮影/合田慎二

あわせて読みたい

パジャマの設計に新発想!「寝返りを考えたパジャマ」でここちよい睡眠を追求
パジャマの設計に新発想!「寝返りを考えたパジャマ」でここちよい睡眠を追求
  • ファッション

2019.08.07

肌ざわりのよい素材と集中保温設計でここちよく就寝。 「パジャマアンダー」の誕生秘話
肌ざわりのよい素材と集中保温設計でここちよく就寝。 「パジャマアンダー」の誕生秘話
  • ファッション

2018.10.17

ふわふわの生地に包まれて眠る幸せ! 「ふわごころ」開発秘話
ふわふわの生地に包まれて眠る幸せ! 「ふわごころ」開発秘話
  • ファッション

2017.08.30

睡眠コンサルタント友野なおさんの快眠生活<前編>
睡眠コンサルタント友野なおさんの快眠生活<前編>
  • ビューティ&ヘルス

2017.02.08

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20