バストを支える「クーパー靭帯」を知っていますか?

特集/美胸の保ち方

先生/奥田逸子(国際医療福祉大学 三田病院)

---- いつまでも美しいバストでいたい…多くの女性にとって、切なる願いのひとつではないでしょうか。でも、年齢やライフステージによって変化するバストを、適切にケアするためにはどうすればいいのか、よくわからない人も多いはず。そこで、マンモグラフィなどによる乳腺の画像診断を専門とし、バストについて研究を重ねている国際医療福祉大学 三田病院 放射線診断センターの奥田逸子先生に、乳房についてうかがいました。

バストを支える「クーパー靭帯」を知っていますか?

まさに神秘の臓器!
乳房の構造を知る

バストの形を美しく保つために、まずは乳房の構造を理解することから始めましょう。乳房は、ほとんどが脂肪でできています。その中に乳汁をつくる乳腺組織がいくつもあり、それぞれが乳頭につながっていて、乳汁を運ぶ腺構造になっています。

下のMRI画像を見てください。乳房を縦に切った断面図です。黒く写っている脂肪に包まれて、白く広がっているのが乳腺組織。乳頭へ集約しているのがわかります。

乳房全体は、大胸筋によって支えられています。しかし、重さのある脂肪のかたまりですから、たとえば立った状態では、重力によって、下へと引っ張られるわけですよね。それを、テント状に引っぱり上げてくれているのが、「クーパー靭帯」なんです。

クーパー靭帯が見えるMRI画像が下です。乳腺の表面から、外へ向かって立ち上がるようにつながっているのが、クーパー靭帯です。乳腺組織を乳房の中で支えてくれているのがわかりますよね。

「靭帯」と聞くと、1本ずつのひも状のものを思い浮かべがちですが、クーパー靭帯は乳房全体に放射線状に広がっています。乳頭側から見ると、ツノの立ったメレンゲのような形をしているんです。個人的な感想ですが、フランスのモン・サン=ミシェルにも似ているなと…。以前、旅行で訪れたときに、「クーパー靭帯みたい!」と感動しました(笑)。

年齢を重ねるとともに
クーパー靭帯は伸びやすくなる

クーパー靭帯の仕事は、「支えること」です。似たような働きをしている組織に、頬を支えるSMAS筋膜があります。年齢を重ねてくると、頬がたるんでくるのと同じように、バストも重力に負けて下がってくる…。クーパー靭帯が伸びやすくなって、形を支えられなくなってくるのです。

さらに、表情筋と違って、靭帯は鍛えることができません。伸びてしまったクーパー靭帯を元に戻すことはできないのです。

しかし、クーパー靭帯が弱るスピードを遅くすることはできます。そのために意識したいのは、「乳房をいたわること」。思春期、月経、妊娠・出産、加齢と、女性の一生の中で、乳房はさまざまに変化をしていきます。年齢や生活スタイル、ホルモンバランスなどの変化に合わせて、きちんと乳房をいたわってあげる。それこそが、バストのエイジングのカギとなります。

----私たちの乳房のシルエットを保ってくれているのは「クーパー靭帯」であり、それは年齢を重ねるとともに弱って、伸びていく…。クーパー靭帯が伸びるスピードを少しでも遅くしたいと、切実に思います。次回は、そのための具体策について教えていただきます。

  • 奥田逸子
  • 奥田逸子 医学博士。国際医療福祉大学 医学部 放射線医学 准教授。放射線診断専門医として、マンモグラフィやMRIにおける乳腺画像、CTやMRIによる頭頸部および胸部画像などを中心とする画像診断を行う。画像を使ってエイジングを研究する「加齢画像研究所 ONI」所長。
取材・文/剣持亜弥
イラスト/吉岡ゆうこ
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。
からだ用語辞典: 乳腺 / 大胸筋 / クーパー靭帯

あわせて読みたい

「重力からバストを守る」ことの大切さ。2020年最新研究発表!
「重力からバストを守る」ことの大切さ。2020年最新研究発表!
  • ビューティ&ヘルス

2020.02.12

エイジングの鍵、クーパー靭帯とは?!
エイジングの鍵、クーパー靭帯とは?!
  • ビューティ&ヘルス

2014.02.19

えっ! 乳腺は汗腺から派生!?
えっ! 乳腺は汗腺から派生!?
  • ビューティ&ヘルス

2014.02.12

今月のコトバ「クーパー靱帯」
今月のコトバ「クーパー靱帯」
  • ライフスタイル

2015.07.29

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20