• 2013.04.12

糖質

【とうしつ】

「糖類(砂糖、ブドウ糖など)」「多糖類(でんぷんなど)」「糖アルコール(キシリトールなど)」などを総称した名称。甘い食べ物のほか、ご飯やパン、芋類などの炭水化物にも含まれる。
糖質は体内でブドウ糖などに分解され、からだを動かすエネルギー源として使われる。脂質やたんぱく質よりも素早くエネルギーに変わるのが特徴で、短距離走のような無酸素運動に使われる。
ただし、エネルギーとして使われなかった分は、脂肪に変わり体内に蓄えられるため、糖質のとりすぎが肥満や生活習慣病をまねく恐れもある。

監修/山口光圀(理学療法士・健康心理学博士、日本肩関節学会会員)
神奈川県にて開業したセラ・ラボで肩のコンディショニングを行うほか、講演・セミナー活動も行っている。

※当サイトに掲載されているコンテンツすべて(文章、画像など)の転載・転用・複製・改変を固く禁じます。

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20