【特集】「おとなの五月病」どうつきあう? #01

気温、気圧、湿度…。5月はおとな世代に「春の嵐」が吹き荒れる!?

漢方薬剤師 樫出恒代さん

----風薫る5月! 本来は1年中でいちばん過ごしやすい季節のはずなのに、「なんとなく不調」「気分がすぐれない」など、疲れや落ち込みを感じる人が多いようです。春はおとな世代にとってどんな季節なのか、漢方薬剤師の樫出恒代さんが、東洋医学の視点で解説します。

まだ気温の低い春は
「冷えのぼせ」に注意!

5月、気持ちのいい季節の到来ですね。今日は陽気もいいことだし、薄着でいいかな、素足でいいかな、なんて季節先取りのおしゃれを楽しんだ結果、家に帰ってきたら全身ぐったり…などという経験はありませんか? 

それ、春に見られる典型的な「冷えのぼせ」の症状かもしれません。この時期、まだ地面は冷たいので、意外と足元は冷えています。すると熱はからだの上のほうに上がってくるので、上半身や頭がのぼせてしまうことに。更年期はそもそものぼせやすく、更年期症状が落ち着いても、この時期にまた強く感じる人が増える傾向にあるのです。

さらに5月は、気温・気圧・湿度が日によってまちまちで、からだはそれについていくのに必死。いわばジェットコースターに乗っているようなものです。さらに女性ホルモンのアンバランス=更年期という大波に襲われているのだから、心とからだに不調が出るのは当然。大嵐のなか、ジェットコースターに乗っている…おとな世代にとって、5月って実はそんな季節なのです。

「おとなの五月病」は
冬の過ごし方が肝心

私のところにも、不調を訴える患者さんが増える時期です。「頭が重い」「動悸がする」「むくみやすい」などに加えて、「夜中に暑くて飛び起きてしまう」という人も。「おとなの五月病」とでも言いましょうか。この症状を東洋医学的に見ると、原因は冬までさかのぼることになります。

冬はゆっくり過ごすのに適した季節で、エネルギーをしっかり貯めておくことが大切です。なのによく動いて汗をかいてしまうと、「気」が汗と一緒に外に出てしまうことに。汗は東洋医学では「心血(しんけつ)」と書きます。冬に「心の血」が流れ出てしまったら…5月まで心身がもたないのは当然。だから冬場は汗腺をキュッと閉めて、とにかく体力を温存しておくことが大切なのです。

そうすることで、新生活で緊張が続く4月でエネルギーを使い果たしてしまうことなく、5月に入ってゴールデンウィークを越えても、しっかり動けるからだになります。春にしっかり芽吹くため、冬にその準備を始める。また厳しい夏を乗り切るために、春にもやるべきことがあります。そうやって1年全体を、またその人の人生を丸ごと見ていくのが、東洋医学なのです。

5月こそ、心とからだの
デトックスを!

そして春。東洋医学では、春を「発陳(はっちん)」と呼びます。「陳」は「古い」という意味。春は古いものを発する、デトックスの時期です。解毒がうまくできないと、吹き出物やじんましん、そして花粉症のようなアレルギー症状として現れます。

五行相関図

「肝」を司る季節でもありますが、それは肝臓のことだけを指すのではなく、目、胆嚢(たんのう)、ストレスにもつながり、これらの部位に不調が現れます。春の花粉症が特に目にくるのはそのため。また肝は、レバーの部位ですから血の塊。血液も解毒の必要があります。血をサラサラにしてくれる緑の野菜がたくさん旬を迎えるので、ぜひたっぷりといただきましょう。

5月に何より大切なのは、「ストレスを自覚する」こと。自律神経が乱れることもあり、感度が鈍って、自分がストレスを抱えていることすら、わからなくなってしまう人が多いのです。そこでひとつ、肝に関するボディチェックを紹介しましょう。

椅子に深く腰掛けて、肋骨の下に手を入れてみてください。指の第二関節ぐらいまで違和感なく入るのがベスト。右側に大きな肝臓があるので、左との差が顕著に出ることがあります。もしうまく入らなかったら、肝臓に熱がこもっているということ。湯たんぽやこんにゃく湿布(こんにゃくをあたためた温湿布)を当てて、血流をよくしてあげましょう。ストレスのセルフチェックに、また解毒機能を高める方法として、ぜひ試してみてください。

----次回の【特集】「おとなの五月病」どうつきあう?#02 では、具体的な養生方法について、お伝えします。

漢方薬剤師 樫出恒代さん

【特集】「おとなの五月病」どうつきあう?

  • 樫出恒代(かしで ひさよ) 漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。『漢方カウンセリングルームKaon』の代表でもあり、『Kaon漢方アカデミー』の代表兼講師としても活躍。「漢方をもっと身近に。もっと自分らしく」というテーマの元に行うきめ細やかなカウンセリングや施術に定評あり。また、スクールやセミナーでは講師としての一面をもち、心身ともに元気になるための"漢方ライフ"の普及に力を注いでいる。 『漢方Kaon』
取材・文/本庄真穂
撮影/望月みちか
デザイン/日比野まり子
イメージ写真/shutterstock.com
からだ用語辞典: 肋骨

あわせて読みたい

穀雨(こくう)/春のよもぎをフル活用してデトックス
穀雨(こくう)/春のよもぎをフル活用してデトックス
  • ビューティ&ヘルス
  • ライフスタイル

2021.04.14

漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<前編>
漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<前編>
  • ビューティ&ヘルス

2015.04.22

漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<後編>
漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<後編>
  • ビューティ&ヘルス

2015.05.20

女の一生と女性ホルモン
女の一生と女性ホルモン
  • ビューティ&ヘルス

2019.01.09

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20