• 2013.06.05

毎日鏡の前で、"着やせ"を考える

毎朝、服を着る時にいちばん心を砕いてほしいのが、ちゃんと"着やせ"する着こなしができているかどうかということ。たとえば、今日どうしても着たいシャツには、どのボトムを合わせれば着やせして見えるのか、それを鏡の前でちゃんと考えてほしい。オシャレとは、イコール"着やせ"することと考えてもいいくらい、美しいからだに見えてこそのオシャレ。そのシャツはボタンを開けたほうがやせて見える? 襟は立てたほうがやせて見える? というふうに。
齋藤薫/美容ジャーナリスト

齋藤薫/美容ジャーナリスト 女性誌編集者を経て美容ジャーナリスト/エッセイストへ。女性誌において、 多数の連載エッセイを持つ他、美容記事の企画、化粧品の開発・アドバイザーなど幅広く活躍。近著に『The コンプレックス 幸せもキレイも欲しい21人の女』(中公文庫)他、『人を幸せにする美人のつくり方』(講談社)、『大人になるほど愛される女は、こう生きる』(講談社)など著書多数。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20