新訳からだ辞典「パンツ一丁」

2019年9月25日

文/相川藍(あいかわ・あい)
イラスト/白浜美千代

HEART

今月のコトバ「胸熱(ムネアツ)」

今月のコトバ「胸熱(ムネアツ)」
胸アツはさめにくい
胸熱(ムネアツ)とは、胸が熱くなること。感動がこみあげてきて、胸がじいんとする状態を表す。「胸アツ」「ムネアツ」とも表記されるが、胸板が厚い人のことではない。2010年、ネット流行語大賞の10位にランクインした後、一過性の流行で終わることなく使われている。

類語としては、1980年代に出現し、定着への道をたどった先輩格の「胸キュン」がある。胸が締め付けられるような一瞬のときめきを表す「胸キュン」に対し、しびれるような熱が持続するのが「胸アツ」の特長だ。使用シーンも異なり、女子の恋愛初期に使われることの多い「胸キュン」に対し、「胸アツ」は性別を問わず、友情やビジネスなどにも広く使えるコトバといえるだろう。

胸キュンは、その瞬間をとらえるのが難しく、「胸キュンです!」と口にしたときには、既にときめきは終わっているかもしれない。だが、胸アツは、じっくりかみしめたあとに「胸アツです!」と言っても大丈夫。焦らずに、熱の余韻を余すところなく味わいつくしたいものだ。個人的にも思い入れのあるコトバなので、今回取り上げることができて胸アツである。
カラダ+形容詞を4音で
胸アツの魅力は、熱さがポジティブなことである。「胸を焦がす」になれば、切なさや苦しさを伴うし、「胸焼け」となってしまえば、もはや不快感でしかない。くれぐれも燃え上がり過ぎることのないよう、胸アツの温度管理には十分注意したい。

その点、胸アツの仲間だと思われてもおかしくない「肉厚(ニクアツ)」は、ただ肉が厚いという意味だから、温度は関係ない。しかし、改めて発音してみると、こちらもなかなか味わい深いものがある。「肉厚なしいたけ」「肉厚な葉っぱ」「肉厚なメロン」など、肉ではない植物性の質感表現をするときに、本領を発揮するコトバだと思う。

胸アツや肉アツのように、「からだ+形容詞」の構造をもち、4音に短縮された熟語は意外とたくさんある。骨太(ホネブト)、鼻高(ハナタカ)、足長(アシナガ)、腹黒(ハラグロ)、顔黒(ガングロ)、尻軽(シリガル)などのほか、新しめのコトバでは「フッ軽(フッカル)」。フットワークが軽いという意味だが、カタカナと漢字を強引にくっつけたアクロバット感は、まさにフットワークの軽さそのものである。
映画館はライブ会場
胸アツというコトバが広まるきっかけになったのは、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の「胸アツ応援上映」ではないだろうか。『アナと雪の女王』のときは「みんなで歌おう上映」が流行り、『バーフバリ』のときは「絶叫上映会」という名称だったが、要するに、手拍子や拍手、発声、コスプレなどが許される特別上映のことだ。

私も映画館で、立ち上がってよし、踊ってよしのライブ上映を観たことがある。『ボヘミアン・ラプソディ』のラスト20分のような、大規模な野外ライブを収録した映像で、もちろん座って鑑賞している人などいない。売店のビールも売れまくり、まるでその場にいるかのような盛り上がりだった。涼しい映画館の中で、胸アツなフェス体験ができたのである。

つい先週も、映画はライブなんだと感じる経験をした。タランティーノの新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』を観ていたら、半分を過ぎたくらいのところで突然、映像が途切れたのだ。機材トラブルとのことで、何度か復旧が試みられたが、結局上映は中止に。だが、満席の劇場で、怒っている人は誰もいないように見えた。「タランティーノの演出、さすが斬新だね」なんて声もあり、みんなハプニングを楽しんでいるかのよう。その後、払い戻しに加え、無料鑑賞券が配布されるという神対応も胸アツであった。気持ちがさめないうちに、もう1回観に行かなくちゃ。

相川藍(あいかわ・あい) 言葉家(コトバカ)。ワイン、イタリア、ランジェリー、映画愛好家。
好きなイタリア語は「スプーニャ(=スポンジ)」。ずぶ濡れになることを「スプーニャになる」といい、浴びるほど酒を飲むことを「スプーニャのように飲む」という。
からだをスポンジにたとえるなんてカワイイ。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. 熟語
  2. 相川藍
  3. 言葉のコラム

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ