話題のスポットに行って来ました!

潜入ルポ・ビューティ見聞録

2019年7月31日

BEAUTY

ELLE「働く女性応援イベント」で、「パンプスの選び方」ワークショップが大盛況!

「パンプスの選び方」ワークショップ ファッションメディア『ELLE Japon』をはじめとする「ELLE」グループが開催して6回目となる、働く女性のためのイベント「ELLE WOMEN in SOCIETY」。創刊30周年を迎えた今回は、「働き方改革」が進むなかで「新時代の働き方」を考えるイベントとして、2019年6月15日渋谷ヒカリエにて開催されました。

今回のテーマは「~New Era, New World~ 新時代の女性を生きる」。ヒカリエ9階の会場では、トークイベント、出展ブース、『ELLE Japan』の30年の軌跡を紹介する「30th HISTORY」などさまざまなコーナーが並び、2,700名を超える女性たちが集まりました。
ミリオンセラーのサクセスウォークを自由にお試し
その中でも、働く女性たちの注目を集めたのが、ワコールのパンプス「サクセスウォーク」の試着ができるブース。サイズは21.5cmから26cm、足幅がB(細め)からEEE(広め)までと、バリエーション豊富なのがサクセスウォークの特徴です。来場者は、実際に履いて、立って、歩いて、自分に合ったパンプス選びを楽しんでいました。 ワコールのパンプス「サクセスウォーク」の試着ができるブース このパンプスを紹介しつつ、正しいパンプスの選び方をお話しするワークショプは、この日の13時15分から開催。「ミリオンセラーのサクセスウォーク ぴったりパンプスの選び方」というタイトルで、ワコール ウエルネス事業部の森 紀之が、40人の来場者を前にお話ししました。 ワコール ウエルネス事業部の森 紀之 実はここにいた40人は、700人もの応募から抽選で選ばれた強運な面々! ふだんは聞くことのできない、ワコール「サクセスウォーク」に秘められた細かな工夫に、真剣に聞き入っていました。

「パンプスによくある"疲れる""足が痛い"というお悩みを解決するため、ワコールでは人間工学に基づいた、3つの工夫を施しました。 「サクセスウォーク」の3つの工夫 ひとつめが、ヒールの位置。かかとの真下にヒールを設置し、体重をしっかりと受け止め、足の前部分にかかる負担を軽減しました(写真の01部分)。ふたつめが、ヒールの向き。足を蹴り出す方向に設定し、スムーズな歩行をサポートします(写真の02部分)。3つめが"3Dインソール"。足裏の形状に合わせた独自の3Dインソールを使っていて、これにより足の前すべりや、踏みつけ部・かかとに集中しがちな荷重を和らげます。ヒールの高さごとに設計したこのインソールによって、ヒールの高さにかかわらず、歩きやすさや安定感を実現しています」(森)
パンプス試着のときにチェックしたい3つのポイント
この日のワークショップで、参加者みなさんがメモをとっていたのが、「パンプスを試着したときに確認すべき3つのポイント」。

楽に履きたいからといって、大きめのサイズを選ぶ人も多いそうですが、それは間違い。森から説明されたチェックポイントは以下の3つでした。 パンプスを試着したときに確認すべき3つのポイント
Check1 パンプスを履いて爪先立ちしたとき、かかとがパカパカしない。
Check2 足の甲の部分とパンプスの間に、指1本分の隙間があること。甲が食い込んでいる、隙間がありすぎるなどは合っていない可能性があり。
Check3 履いて歩いたときにかかとが脱げたり、違和感がない。

こうしたチェックは、試着ブースでもスタッフと一緒にチェックできます。試した方からは、「足のサイズに幅があることを知らなかった!」「こんなに幅広いサイズがあるなんて」「サイズ選び、間違っていました!」「いろんなデザインも試してみたい!」などの声も。今回のイベントテーマ「新時代の女性を生きる」ために大事な「歩く」こと、そして「働くこと」のために、靴選びは重要なポイントであることがわかりました。

ちなみに今回、多くの来場者が試着したサクセスウォークには、晴雨兼用パンプスも登場しているそう。今の季節、不安定な天気に備えて1足もっていれば、「新時代の女性」として完璧! サクセスウォークが、快適で持続可能なワーキングスタイルの助けになってくれそうです。

取材・文・撮影/ワコールボディブック編集部

関連キーワード

  1. サクセスウォーク
  2. 森 紀之

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ