新訳からだ辞典「パンツ一丁」

2019年6月26日

文/相川藍(あいかわ・あい)
イラスト/白浜美千代

HEART

今月のコトバ「メイク男子」

今月のコトバ「メイク男子」
男のメイクは身だしなみ?
メイク男子とは、化粧をする男子のことである。俳優やアーティストなど、男性でもメイクアップすることが特に珍しくない職業もあるが、今回のテーマは、最近じわじわと増えているらしい、一般人としてのメイク男子。私の身近にもそれらしき男が数人いるが、確証はない。彼らは単に、彫りが深かったり、顔立ちが濃かったり、肌がもともとキレイなだけかもしれないからだ。

男性用のメイクアイテムなら、百貨店のメンズ化粧品コーナーでじっくり見た。昨年秋に発売されたメンズコスメ「ファイブイズム バイ スリー」の中にフルラインが揃っているのだ。15色ものバータイプのファンデーション、ヒゲにも使える5色のアイブロウペンシル、眼差しに強さと色気を演出する「ガイライナー」という名の2色のアイライナーなどに、とりわけ感銘を受けた。

思わず見とれていたら、男性の販売員さんが近づいてきて、ユニセックスに使えること、女性用よりも素肌感のある仕上がりであることなどを説明してくれた。「素肌感」というメンズコスメらしからぬ繊細な言葉に驚き、ついつい彼の顔を見つめてしまう。たしかに、メイクしているとはわからないくらいのナチュラルメイクであった。その瞬間、私は悟ったのである。メンズメイクは非日常ではなく、もはや日常の身だしなみとして定着しつつあるということを。
集中する男子は美しい
同じ百貨店のメンズフレグランスコーナーへ行くと、種類の多さとともに、真剣にそれぞれの香りをテイスティングしている男たちに圧倒された。女子の買い物につきあわされて、手持ちぶさたにしている普段の姿(?)とはまったく印象が違うではないか。彼らは、自分のものを選ぶとなると、本気スイッチが入るのだろう。

私もメンズ観察スイッチが入り、肌着コーナーに分け入ったが、パンツを真剣に吟味する男性は美しいなと確信した。パンツの近くにはメンズの「ナイティ」コーナーがあり、はっとする。手もとの辞書でナイティを引くと「女性用の寝間着。ナイトドレスともいう」と書かれているが、今やメンズのパジャマもナイティと呼ぶ時代になったというわけだ。そこには、スーツを選ぶように「ナイティ」の仕立てを確認する男たちの姿があった。

そもそも男性は、ひとつのジャンルにマニアックにのめりこみやすい傾向があると思う。女性的と思われがちな分野を極める人が多いのも当然で、料理男子、洗濯男子、掃除男子などは、昔から一定の割合で存在する。私の父は「メイク男子」どころか「リップクリーム男子」すら容認しない古い男だが、1人で可愛いカフェに入ってパフェやケーキを食べるのは抵抗がないという「スイーツ男子」であり、菓子類を品定めする目線はかなり鋭い。
筋トレのようにメイクする男たち
ある評論家の男性が、女性のネイルについて「ところどころ剥げている人をたまに見かけるけど、信じられない」と言っていた。「剥がれたままにするなら、ネイルなんてしなきゃいいのに」と。手厳しい意見である。女性なら「ハゲハゲになることもあるよね」と一定の理解を示すのではないかしら。

だが、もしもその男性がネイルを始めたら、完璧を目指すだろうと私は思った。わずかな剥がれの兆候を察知した瞬間にすべてをオフし、ベースから塗り直すはず。前述の「ファイブイズム バイ スリー」には、ネイルクリッパー、ネイルシャイナー、そしてクラシックカーからインスピレーションを受けたという10色のネイルカラーが揃っているが、彼は既に使っているかもしれないな。

ひと昔前は、ボディといえば筋肉を鍛えることしか興味がなかった男たちが、肌の表面を美しく整える喜びを知り始めている。おそらく彼らは、とことんやるだろう。料理や洗濯や掃除に熱中していただくのは大歓迎だが、スキンケアやボディケアやメイクアップの分野に参戦されると、焦りを感じる。繊細な領域への男子の進出は、女子にとって脅威なのだ。負けないようにがんばろっ。

相川藍(あいかわ・あい) 言葉家(コトバカ)。ワイン、イタリア、ランジェリー、映画愛好家。
好きなイタリア語は「スプーニャ(=スポンジ)」。ずぶ濡れになることを「スプーニャになる」といい、浴びるほど酒を飲むことを「スプーニャのように飲む」という。
からだをスポンジにたとえるなんてカワイイ。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. パンツ
  2. 相川藍

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ