新訳からだ辞典「パンツ一丁」

2019年4月24日

文/相川藍(あいかわ・あい)
イラスト/白浜美千代

HEART

今月のコトバ「令和」

今月のコトバ「令和」
元号とカラダの関係は?
カラダやシタギにまつわるコトバを取り上げるはずの『新訳からだ辞典』で、今回なぜ、元号を取り上げたのか。疑問に思う人もいるかもしれない。その理由は、新元号「令和」の「令」という字の「卩」の部分が、人がひざまずく姿の象形文字であるからだ。

......というのは屁理屈というものだろう。本当のところは、新しい元号に「身」「体」「生」「活」「健」「康」「美」「肌」「着」「脱」など、カラダやシタギに関連するコトバが使われる可能性もあるのではないかと、ひそかに妄想していたから。では、ここで問題です。いま挙げた10の漢字の中に、実際に元号に使われたことのある漢字がひとつだけありますが、それはどれでしょう? ぜひ、直感で当ててみてほしい。答えは最後に書くのでお楽しみに!

というわけで、新元号の発表を待つ日々は楽しかった。少々ムリがあるかなとは思いつつも、当コラムで過去に取り上げたコトバを振り返り、「体幹」「生肌」「内臓」「別腹」あたりが候補として考えられるのではないかと検証したり、「辛太(からだ)」「親喜(したぎ)」など、同音異義語の可能性を模索してみたり。その努力は空しく終わったものの、漢字の面白さを改めて発見する機会となった。
生まれたてのコトバを愛でる
ひとつの言葉の誕生に、これほど世の中の関心が向くことは、そうそうあることではない。どのくらい自分の予想に近いものになるか、冷静に分析した人もいるだろうし、新生児の顔と名前を早く知りたいと心待ちにするような思いで見守った人もいたに違いない。

令和は、現実に人の名前としても使われているし、Reiwaとアルファベットにすれば、そのまま世界デビューできそうだ。日本びいきのイタリア人に聞いたら「キモノをきた女性を思わせるいい響きだ」と言っていた。レイという響きはクールだし、『新訳からだ辞典』としては、何よりも、キレイのレイを連想させることがうれしい。

筆で書かれた「令和」の第一印象は、新鮮でインパクトがあった。「令」で始まる二字熟語なんて、初めて見たような気がしたからだ。「冷」であれば冷水、冷菜、冷夏などが瞬時に思い浮かぶが、「令」はどうか。しばらく考えて、ようやく「令嬢」という熟語を思い出したが、用例としては「御令嬢」「公爵令嬢」「深窓の令嬢」など、令の前にワンクッションある場合がほとんどだし、日常的に使われるコトバでもない。ただし、ロマンス小説やライトノベルの世界では、大変ポピュラーなワードであることを押さえておきたい。
西暦から令和への変換法
いまが平成何年なのか、ときどきわからなくなるが、5月1日からは令和元年だから、もう間違えることはない。来年以降は、西暦の下2桁からレイワ(018)を引けば元号になるという。なるほど、オリンピックイヤーの2020年は20-18だから令和2年。ほんとうに簡単だ。では、日本で次に皆既日食が見られる2035年は令和何年か。35-18だから......あれ、ちょっと難しい?

このレベルの引き算を難しく感じるなんて我ながら情けないが、心優しい人が「18を20にすると簡単だよ」と教えてくれた。35からいきなり18を引くのではなく、まず20を引いて15とし、あとから2を足せばいいというのである。なんと、目からウロコの計算法ではないか。西暦を令和に直すには「西暦の下2桁から20を引き、あとから2を足す」と覚えておきたい。せっかくのレイワ(018)という語呂合わせを台無しにしてしまう本末転倒ぶりだけれど。

<冒頭の問題の答え>
「身」「体」「生」「活」「健」「康」「美」「肌」「着」「脱」の中で、実際に日本の元号に使われたことのある漢字は「康」。ちなみに10回使われている(康保、康平、康和、康治、康元、康永、康安、康暦、康応、康正)。

相川藍(あいかわ・あい) 言葉家(コトバカ)。ワイン、イタリア、ランジェリー、映画愛好家。
好きなイタリア語は「スプーニャ(=スポンジ)」。ずぶ濡れになることを「スプーニャになる」といい、浴びるほど酒を飲むことを「スプーニャのように飲む」という。
からだをスポンジにたとえるなんてカワイイ。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. パンツ
  2. 相川藍

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ