からだのために「やってる人」の奥の手公開!

美の流儀

2018年10月 3日

語り/美香(ビューティプロデューサー、
サロン「AMATA」オーナー)

BODYHEART

【特集/年齢に負けない髪に】

美香さんの美しい髪をつくる秘訣<前編>

美しい黒髪がトレードマークの美香さん。著名人が多く通う「AMATA」のオーナーであり、ビューティ・プロデューサーとして、海外の製品のコンサルタントを行うなど多方面で活躍しています。そんな美香さんが実際に日々行っている髪のための習慣とは? 大人の女性のための美しい髪をつくるさまざまなアプローチ法を教えてもらいました。 美香さん
髪や肌にいい影響を与える、週に1度の頭皮ケア
毎日行うシャンプーですが、私は用途に応じて4種類を使い分けています。デイリーに使うもの、ダメージ用のシャンプー、カラーリングをしたあと2週間ほど使うカラー専用シャンプー、そして頭皮ケアのためのスカルプシャンプー。スカルプシャンプーは、毎日する必要はありませんが、疲れたときやストレスがたまったときに行うと効果てき面。頭皮に適度な刺激を与えることで、睡眠だけでは抜けない疲れがやわらいだり、眼精疲労が軽減します。人のからだは頭皮も肌も"皮一枚でつながっている"とはよく聞く言葉だと思いますが、頭皮ケアは疲れに効くだけでなく、首やデコルテ、腕のハリにも影響があるんですよ。 美香さん
頭皮ケアは念入りに。洗髪前にオイルケアやクレイケア
週に1、2度シャンプーの前にスカルプオイルやクレイマスクを使い、頭皮を整えるのが習慣です。髪に栄養を与え、香りに癒されリラックスしたいときはオイルケアを。私が使っているスカルプオイルは、ビロードオイル「アーバンアーユルヴェーダ」。頭皮を整えることに特化したオーガニックの有効性分を28種類もブレンドしたもので、家でアーユルヴェーダ的なここちよさを味わえます。

頭皮の臭いが気になる日や、生理前の皮脂の分泌が活発になる時期、デトックスしたいときはクレイケアを。愛用しているのは「クレイド」のマスク(下の写真いちばん右)。ペースト状で使いやすく、ナチュラル成分でできていて、スッキリと汚れを落としてくれるので気に入っています。使い方は、オイルもクレイも適量を手に取って指の腹でやさしくなじませるようにマッサージ。そのまま15分ほど置き、シャンプーで洗い流します。頭皮ケアのポイントは、まんべんなくつけること。ムラができないよう、オイルやクレイを手に取ったら鏡の前で見ながら行うといいですよ。 頭皮ケアは念入りに。洗髪前にオイルケアやクレイケア
シャンプーは中央に血流を寄せるイメージで
シャンプーをするとき、上を向くか、下を向いたほうがいいのか、よく聞かれるのですが、人それぞれ幼いときからのやり方があるので、やりやすいほうでOKです。コツは、指の第一関節までを頭皮に吸盤のように吸い付ける感じで、よくよく毛穴を動かしながら洗うこと。そのとき血液を中央に寄せていくイメージで行うといいですよ。間違っても、ワシャワシャー、カーッと適当に指を動かして終わり、と雑にするのはやめてくださいね(笑)。特におでこと髪の毛の境い目である産毛の生え際は念入りに。ルーペで見るとこの部分にファンデーションが詰まっている人が、たくさんいます。顔と髪の曖昧な境界線は、境い目を超えるように意識して洗い、洗い残しがないよう流しましょう。
シャンプー前と後でブラシを変えて、美しい髪を保つ
シャンプーの前と後では、ブラッシングの役割が違うので、ブラシの種類を変えています。シャンプー前に使うのは、クッション性がありマッサージ効果のあるブラシ。地肌に垂直にあてて、風を通すようなイメージでゆっくりとブラシをかけると、頭皮の血流がよくなるのを実感できます。ブラシは「アッカカッパ」のループ状のもの(下の写真)や「アヴェダ」のパドルタイプがおすすめ。シャンプー後は、粗歯のコームブラシを使って、ていねいにコーミングしましょう。髪をとかすことで、自然に落ちるいらない髪の毛をきちんと抜くのも重要なケア。「抜いてしまうと、薄毛が気になる...」という方もいますが、健康な新生毛は下に潜んでいます。そのためにも、いらない毛を抜き整えるプロセスにひと手間かけましょう。 シャンプー前と後でブラシを変えて、美しい髪を保つ
血液検査で"今"の状態を知る
髪は、その人の健康状態を表すもの。私は自分の健康状態のバロメーターとして、季節ごとに美容皮膚科で血液検査をしています。栄養の偏りは自分では気づきにくいものですが、数値はウソをつきません(笑)。結果を見て、足りないものをサプリで補っています。生活習慣に気をつけているからといって、自分の健康を過信しないためにも検査を受けて、今の状態を知るようにしています。

美香 2002年、ファッションデザイナーから転身し、本当に自分が行きたい大人のためのヘアサロン『AMATA』をオープン。多数の美容業界人を顧客にもち、人気サロンオーナーとして注目を浴びている。また、その黒髪は業界屈指と言われる美しさで、彼女のトレードマークとなる。トークショー・講演など活動の場を広げている。サロン運営をはじめ、サロンマネージメント・プロデューサー・プレスなどビューティのオピニオンリーダーとしてメディアにも出演。『毛髪診断士』(社団法人 日本毛髪科学協会認定)でもあり、その時代のニーズに合った新しい提案を続けている。

取材・文/大庭典子
撮影/高木亜麗

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. ビューティープロデューサー
  2. 美香

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ