新訳からだ辞典「パンツ一丁」

2018年8月22日

文/相川藍(あいかわ・あい)
イラスト/白浜美千代

HEART

今月のコトバ「大人の女性」

今月のコトバ「大人の女性」
大人の女性は何歳か?
大人の女性。おとなの女性。オトナの女性。ごく普通の言葉だけれど、細かいことを気にしない包容力を感じさせる、まさに大人の表現だなと思う。大人とは、一般には20歳以上の成人をさすが、「大人の表現」や「もっと大人になれ」などの用法では、年齢を表しているわけではない。そもそも2022年、日本の成人年齢は18歳に引き下げられるのだから、大人の定義は今、大きく揺らぎつつあるのだ。

「大人の女性」には、しばしば「もうあまり若くはない」というニュアンスが含まれている。というか「もうあまり若くはない」ことのポジティブな表現として「大人」という言葉が好まれるようになったのだ。「中年女性」「おばさん」「熟女」「年増」という言い方と比べると、「大人の女性」の素晴らしさは一目瞭然だ。

「大人の女性」は、いわば年齢不詳の落ち着いた美女のイメージ。20代から高齢者まで広く対応する、便利な言葉であることは間違いない。ちなみに、2014年に創刊された女性ファッション誌『オトナミューズ』のスローガンは、「37歳、輝く季節が始まる!」であり、同じ年に創刊された『大人のおしゃれ手帖』は「40代、50代のライフスタイルマガジン」だ。2015年に放送された篠原涼子主演のTVドラマ『オトナ女子』は、40歳の女性3人の物語だった。
大人という魔法のワード
「大人」は「いくつになっても実行していい」というエクスキューズを与え、背中を押してくれる魔法のワードでもある。その代表格が「大人買い」で、もとは、子ども向けの商品を大人が一度に大量に買うことをさす。青春時代にやり残したことを「大人の××」と命名し、長年の夢を実現してしまうのも一興だ。

恋愛や結婚をためらっている人も「大人の恋愛」「大人の結婚」なら積極的に突き進めるかもしれないし、似合う服がないなと感じても「大人のおしゃれ」なら一生楽しめそう。若い頃のブラジャーが合わなくなってきた人には「大人の胸にぴったりフィット」というシリーズ名のブラもあり、たいそう心強い。

  女性の好みを聞かれて「大人の女性が好きですね」と答える男性は、心の広い印象を与え、好感度バツグンだ。年上が好きとか、年下が好きとか、何歳以上はムリだとか、具体的にごちゃごちゃ言う必要はない。大人の女性が好きと言っておけば、20歳の女性を選んでも、60歳の女性を選んでも、おおむね公約違反にはならないのだから......。
年上の女性が流行している
最近は、年齢差のある「大人の女性」とつきあう男性も増えてきた。先日見たメキシコ映画では、なんと娘の夫を誘惑して奪う母親が登場。この美しく恐ろしい母を演じた女優は1964年生まれで、娘の夫を演じた男優は1993年生まれ。29歳差のカップルが、ビジュアル的に無理なく成立していたのは驚きであった。

その後見たフランス映画『エヴァ』は、さらに先を行っていた。盗作によって名声を得た新進作家がエヴァという娼婦に心を奪われ、破滅への道を突き進む話だ。エヴァを演じたイザベル・ユペールは1953年生まれで、新進作家を演じたギャスパー・ウリエルは1984年生まれ。実に31歳差である。イザベル・ユペールが、悲壮感など微塵もない売れっ子娼婦をあっけらかんと演じているのがあっぱれである。

よく考えれば、これは明らかにマクロン効果ではないか。フランスの大統領、エマニュエル・マクロンは1977年生まれ、妻のブリジット・マクロンは1953年生まれだから24歳差。大統領は17歳のとき、夫と3人の子をもつ41歳のブリジットにプロポーズしたという。私は大学卒業時、某同期男子の恋人が40歳の女性であると知り、軽くショックを受けた経験があるが、今思えば、たかだか18歳くらいの年齢差だったんだなあと、遠い目をしてしまう今日この頃だ。

相川藍(あいかわ・あい) 言葉家(コトバカ)。ワイン、イタリア、ランジェリー、映画愛好家。
好きなネット用語は「パンくずリスト」。自分が今どこにいるのかを示す階層表示のことだが、ヘンゼルとグレーテルが森で迷子にならないよう通り道にパンくずを置いていったエピソードに由来すると知り、キュンとした。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. パンツ
  2. 相川藍

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ