からだのために「やってる人」の奥の手公開!

美の流儀

2015年9月16日

語り/清水春名(ウォーキングスタイリスト)

BODYBEAUTY

【特集/ウォーキング・ビューティ】

ウォーキングスタイリスト清水春名さんの美しい歩き方10の秘訣<後編>

後編は、知っていると差がつく、美人度を上げるウォーキング術のポイントを紹介します。 ウォーキングスタイリスト・清水春名さん
Secret6
エレガントに見える腕の振り方があります。
「歩き方を美しく見せるには、腕の振り方が重要です。腕を前に振って歩くと、猫背になってしまいがち。肩甲骨をキュッとしめて、腕を後ろに大きく振ると、背筋が伸びて、凛とした雰囲気になります。簡単ですが心がけしだいで印象が大きく変わるので、ぜひ試してみてください。背中の後ろで腕というヴェールがひらひらとなびいているように...。指先まで意識して、ゆったりと腕を振るようにすれば、美人度が倍増します!」
Secret7
重心の位置を変えれば、ヒールでも疲れ知らず!
「疲れないためには重心のかけかたを知っておくだけで違います。とくにヒールを履いていると、どうしても重心が前にかかり、つま先への負担が重くなりがち。そうなると前傾姿勢になり、せっかくヒールを履いていても台無しになってしまいます。ヒールを履いているときの重心は、くるぶしの真下にくるように。重心が正しい位置で安定すると、つま先に負担がかからず長時間立っていても疲れ知らずになります」 NGな姿勢 NGな姿勢
つま先重心になるとおなかが前に突き出てしまいます。タコや外反母趾の原因にも。
正しい姿勢 正しい姿勢
くるぶしの下に重心を置き、頭から一本の糸で吊るされるような意識をもつときれいな姿勢に。
Secret8
バッグを持ち替えて、からだの歪み予防を
「パソコンや書類を入れたバッグを片側だけにかけていませんか? いつも同じ側にかけてしまっていると、体の歪みにつながってしまいます。重たいバッグは骨盤を歪ませる脅威であると心得ておきましょう。たとえば、赤信号で止まるたびに持ち替えるなど、マイルールをつくっておくのもいいかもしれません。15分ごとに替えるくらいの頻度が目安です」
Secret9
ストレッチやマッサージでこまめにむくみケアを
「夕方になると脚がパンパンにむくんでしまう女性は多いと思います。セルフケアを習慣にし、たまった疲れはその日のうちに解消しましょう。ハイヒールを履き続けると、アキレス腱や足首がかたくなりがち。足首を回したり、アキレス腱を伸ばすストレッチを取り入れて、じっくりとほぐしていきます。私は、入浴中のマッサージを心がけています。バスタブの中でふくらはぎを下から上にさするのを、繰り返し20分ほど行うだけ。毎日のフットケア習慣は美脚を手に入れる近道です」
Secret10
リズムよく歩くことでハッピーに!
「歩くときは、呼吸を止めないように意識しましょう。酸素を取り込みながら歩くことで、筋肉の動きもよくなります。さらに、一定のリズムで歩くと、ハッピーホルモンと呼ばれるセロトニンが増えるといわれています。リズムよく歩くだけで、精神が落ち着き、気持ちもポジティブになるのです。無理な運動や苦しいダイエットは続かないもの。毎日の通勤・通学での歩く時間を利用し、美しいからだと健やかな精神を手に入れましょう」 ウォーキングスタイリスト・清水春名さん ひざを伸ばし、腕をヴェールのようになびかせて。リズムよく歩くと心も前向きになり、表情も明るくなります!

清水春名(しみずはるな) ウォーキングスタイリスト。自身のモデル経験を生かし、芸能事務所のウォーキング講師としても活躍し、数多くの一流モデルを輩出。女性が凛として美しく見える、オリジナルメソッドと的確なアドバイスで人気を集める。著書に「奇跡のハイヒール・ウォーキング」(世界文化社)があり。

取材・文/川口夏希(ライター)
撮影/柏原真己
撮影協力/プロモデルスタジオ

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. ウォーキング
  2. 清水春名

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ