新訳からだ辞典「パンツ一丁」

2015年5月27日

文/相川藍(あいかわ・あい)
イラスト/白浜美千代

HEART

今月のコトバ「しどけない」

今月のコトバ「しどけない」
妄想をかきたてる形容詞
しどけない。セクシーな言葉はあまたあれど、これほど妄想をかきたてる形容詞はない。意味よりも前に心を奪われ、文字面を追うだけで筋肉がゆるむ。「しどけない」の母は「あられもない」で、父は「そっけない」、2人の妹たちは「あどけない」と「いたいけない」であるに違いないと私は考えていたが、『大辞泉』(小学館)によると、しどけないには3つの意味がある。

1.服装や髪が乱れていて、だらしがない。むぞうさで、しまりがない。
2.うちとけた感じで、つくろわない。乱雑であるが、親しみを覚えて好ましい。
3.幼くて頼りない。分別が足りない。

あれ? セクシーなニュアンスはないし、どちらかというとネガティブ? だけどポジティブに解釈すれば「心を許した相手に見せる無防備さの魅力」ってことになるか。悪くないじゃない。自然体でワイルド、しかも可愛げがあるということだ。
ふだん着の脱力セクシー
語源については「為途無(シドナシ)」「支度気無(シタクケナシ)」など、いろいろな説がある。いいなと思ったのは『日本語源広辞典』(ミネルヴァ書房)の「支度(シ)+解(トケ)+甚し(ナシ)」。身支度が解けた姿がはなはだしいという意味だ。着衣がハラリとはだけ、ドキッとさせる状況を想像させ、とても味わい深い。

要するに、しどけないは、スキのない勝負下着のセクシーではなく、ふだん着のセクシーなのだ。セクシーキャラでなくても狙える、脱力セクシー。手持ちの服や下着で、今すぐ試してみる価値はあるかもしれない。

例文として多くの辞書に採用されているのが、源氏物語の「御直衣、帯しどけなく、うち乱れ給へる(くつろいで衣服を着崩された姿のままで)」だ。なんと色っぽい表現でしょう。直衣(のうし)は男子の日常着。着崩しているのは、もちろん光源氏である。
「エロい」で女は落とせない
最近、エロいという言葉が氾濫している。エロティックからきた俗語だけど、まったくもってセクシーじゃないと思う。ビッチの意味だけでなく、普通に色っぽい意味にも使われているが「キミ、エロいね」と口説かれても女性はうれしくないだろう。恋愛に発展する可能性も低いはずだ。「エロいね」の先には「チューしよう」「エッチしよう」があるだけだし。女性には、美しくていねいな言葉で誘いをかけないと、しどけない姿はお見せできませんわよ。

しどけないは古語だと思われているふしもあるが、使われているのは源氏物語だけではない。1979年にリリースされた2つの曲『Sleeping Lady』(南佳孝)と『ムーディー・ウーマン』(桑名正博)に、この形容詞が出てくるのだ。作詞はどちらも、日本を代表するヒットメーカー松本隆。ちなみに1979年の流行語は「ダサい」「ナウい」などで、そんな時代に「しどけない」をさらりと使ってしまうセンス、見習いたい。

1979年といえば、ワコールのフロントホックブラが前年に続きヒットし、話題になった年でもある。『ワコール50年史』によると、当時のデザイン担当者は「前でホックを留めるときのしぐさに、それまでにない女性のセクシーな魅力を想像しながらつくった」というではないか。も、もしかしてそれは、しどけないしぐさの魅力ということですか?と、一度走り出した妄想はとまらない。

相川藍(あいかわ・あい) 言葉家(コトバカ)。ランジェリー、映画愛好家。最近いいなと思ったのは、映画「暗くなるまでこの恋を」で妻(カトリーヌ・ドヌーブ)の裏切りに気づいた夫(ジャン=ポール・ベルモンド)が、彼女の下着を次々と暖炉で燃やすシーン。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. パンツ
  2. 相川藍

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ