からだのために「やってる人」の奥の手公開!

美の流儀

2015年4月22日

語り/樫出恒代さん(漢方薬剤師、漢方ライフクリエーター)

BODYBEAUTY

【特集/いい汗悪い汗】

漢方薬剤師・樫出恒代さんのいい汗をかく10の秘訣<前編>

ひとりひとりのからだと心をより良くするために、漢方を用いたカウンセリングやケアを行う樫出恒代(かしでひさよ)さん。健康なからだと汗との関係について、漢方的な視点を含めてレクチャーします。いい汗がかける秘訣も、前後編でお届けします! 漢方薬剤師・樫出恒代さん
Secret1
汗は元気のバロメーターです。
「カウンセリング時に不調を訴える人には『どんな汗をかく?』ということを必ず聞きます。汗は出ればいいというわけでなく、元気・気力のバロメーターになるのです。寝汗や冷や汗をかいていませんか? 汗を頭から、手の平から、かいていませんか? そんないつもと違う汗は要注意です。いつもはなに気なくかいている汗に意識を向けると、からだの変化に気がつくことができます」
Secret2
運動でかく汗が、いちばんいい汗
どんな汗が理想かというと、運動して筋肉を使い、からだが温まったときにじんわり出る状態がベストです。気力や体力が充実していれば、ちょうどいい分量の汗が出るんです。そして、いつまでも汗が出続けないで、さっと引くことも大切です。熱いものや辛いものを食べたときに汗が出て、代謝がよくなった気になるのは勘違い。ただ単に、からだを冷やすための作用で汗が出ているだけです」
Secret3
どの部位から汗をかくかで、意味が違います
「汗をかきやすい箇所はどこですか? もし、首から汗をかきやすいなら、解毒をうまくできてない証拠。そういう人は、イライラがたまっていて、肌荒れ、ニキビの悩みも同時に抱えているかもしれません。頭からの汗は、胃腸系が弱っている証拠。大食いタレントが食事中、頭から汗をかいているシーンをときどき見ます。あれは、おなかが弱って冷えているので、からだの熱が頭に上がっているから。手汗は緊張やストレスがかかりすぎて、交感神経が優位になっていることの現れです
Secret4
汗をまったくかかないのは冷えている証拠
普段汗をまったくかかない人は、冷えがかなり進行している状態です。自分で体温を閉じ込めていないと生きていけないから、汗腺もきゅっと閉じてしまっているのです。そうすると血液もドロドロとして、からだの巡りも悪くなってしまいます。また、いつも汗をかかない状態だと、匂いもきつくなってしまう傾向にあるようです」
Secret5
ドライブラッシングで血行促進を!
最近、私自身でも取り入れている健康法が、天然素材のブラシでからだをなでる"ドライブラッシング"。昔は乾布摩擦と呼んでいましたね。スーパーモデルが実践していることでも話題になりました。お風呂の前に、手や足を軽くブラッシングすると、血行が促進。お風呂に入るとすぐに汗がじんわり出てきます。冷え症さんにもおすすめの療法です。ナイロン性のものを使わず、必ず天然素材を選びましょう」

〈後編〉は5月公開予定。いい汗をかくためのさらなる極意が満載です。

樫出恒代(かしでひさよ)(漢方薬剤師、漢方ライフクリエーター) 漢方薬剤師・漢方ライフクリエーター。『漢方カウンセリングルームKaon』の代表でもあり、『Kaon漢方アカデミー』の代表兼講師としても活躍。「漢方をもっと身近に。もっと自分らしく」というテーマの元に行うきめ細やかなカウンセリングや施術には定評が。また、スクールやセミナーでは講師としての一面をもち、心身ともに元気になるための"漢方ライフ"の普及に力を注いでいる。
『漢方Kaon』 http://kampokaon.com/

取材・文/川口夏希(ライター)
撮影/長谷川 梓

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. 樫出恒代

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ