知ればスリムに差が出る! 日常でできるプチ・ルール

スリムの法則「食に美あり!」

2015年1月28日

文/おくだじゅんこ(管理栄養士)
イラスト/いしわたりきわこ

FOOD

ミルクorブラック? チョコレートのカロリーの落とし穴

ミルクチョコレートとブラックチョコレート 痩せたい!と思ったとき、ミルクチョコレートとブラックチョコレート、あなたはどちらを選びますか?
私は「ブラックチョコレート!」と答えていました。この仕事をするまでは。

「ミルクよりブラックの方が低カロリー」というイメージ、みなさんもっておられるのでは??
しかしこのイメージ、各社のチョコレートを比較すると一目瞭然。カロリーも糖質量も脂質量もあまり変わりません! むしろ、ブラックの方が若干カロリーは多いという衝撃の事実!!

♦板チョコ1枚分での比較です!
【A社】 1枚:50gあたり
・ミルクチョコレート  279kcal 糖質25.9g 脂質17.4g タンパク質3.9g
・ブラックチョコレート 282kcal 糖質24.8g 脂質18.3g タンパク質3.4g

【B社】 1枚:52gあたり
・ミルクチョコレート  295kcal 糖質29.4g 脂質18.4g タンパク質3.3g
・ビターチョコレート  295kcal 糖質29.4g 脂質18.3g タンパク質3.1g
※ブラックとビターは同じです。

【C社】 1枚:50gあたり
・ミルクチョコレート  279kcal 糖質28.0g 脂質16.9g タンパク質3.8g
・ブラックチョコレート 289kcal 糖質27.4g 脂質18.7g タンパク質2.9g

「ブラックの方が低カロリー」というイメージは、なぜついてしまったのでしょう。
コーヒーなら、ミルクを入れるより、ブラックの方が低カロリー。ブラックならば、カロリーはゼロ。
こんなところからなのでしょうか。

ミルクチョコレートとブラックチョコレート、違いは、「ミルク(乳製品)が入っているか入っていないか、またはその量が多いか少ないか」「カカオマスの分量の違い」なのだそうです。
原材料名を見ると、どのチョコレートも一番に「砂糖」と書いてありますから、砂糖が多く含まれているのに違いはありません。しかし、2番目3番目と見ていくと「カカオマス」がくるか、「全粉乳」がくるかと差が出てきます。ポリフェノール効果を狙うならば、カカオマスの多いブラックチョコレートがおすすめです。
しかし!単なるダイエット、低カロリーを狙うならばミルクもブラックも大差なし!と覚えておきましょう!

「オリーブオイルなら油はいくらとっても大丈夫(太らない)」と勘違いしている人と同じことになってしまいますからね!

文/おくだじゅんこ(管理栄養士) 広島生まれ。国立病院勤務の後、8年間にわたり株式会社ワコールに勤務。陸上選手から社員まで幅広く健康管理に携わる。2012年に再び地元広島へ戻り診療所の栄養士に。
自身が根っから食いしん坊☆自分自身の栄養管理に日々奮闘中!

イラスト/いしわたりきわこ 東京生まれ。テキスタイルデザイナーを経て、コピーライター、ライター、イラストレーターに。渾身の著書「駅弁の旅」、「ぜいたくはひとりごはん」共著に「東京ナチュラルスイーツ」、「おいしいごはんの店~自然派レストラン全国ガイド」などがある。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. スリムの法則「食に美あり!」

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ