知ればスリムに差が出る! 日常でできるプチ・ルール

スリムの法則「食に美あり!」

2014年3月26日

文/おくだじゅんこ(管理栄養士)
イラスト/いしわたりきわこ

FOOD

今、注目の「乳和食!!」

Image 日本の「和食」がユネスコ世界文化遺産に登録され、世界中から注目されている日本の食文化。
低脂肪で低カロリー、多彩な副菜でビタミンミネラル、食物繊維がたっぷりとれて、栄養バランスに優れているのが特徴です。
しかし! この和食にも、唯一といっていいほどの欠点がありました。
それは...、塩分が多いこと。日本人の塩分摂取は「塩」からではなく「しょうゆ」からが多いそうなのです。
だから、「あまり料理に塩は使いませんよ」とおっしゃられるみなさんも、煮物やなんかでしょうゆを使えば、必ず塩分はとっているものなのです。
しかし、和食にしょうゆは欠かせないもの。塩分を減らすにはどうしたらよいのでしょう...?

そこで今、注目を浴びている食事が「乳和食」(「にゅうわしょく」と読みます)
牛乳をうまく取り入れることで「コク」を出し、その分しょうゆやみそなどの調味料の量を減らす!というのが特徴の食事です。今までコクを出すためには、しっかり「だし」をとりましょうといわれ続けてきた私たち日本人ですが、忙しい日々の生活の中で、毎日だしをとるという作業はなかなかハードなもの。牛乳を少しプラスすることなら、簡単にできそうですよね。
さばのみそ煮に牛乳をプラスすると、魚の臭みもとってくれて一石二鳥。かぼちゃの煮物にプラス、豚汁にプラスと何に入れてもいいそうです。この「乳和食」の話を耳にしたときに、私は「昔、味噌ラーメンに牛乳を入れるとおいしい」というエピソードを思い出しました。確かに、牛乳って洋食のイメージですが、みそとの組み合わせってよくあるものですよね。一見和食に不向きな牛乳ですが、取り入れ方次第なのでしょう。「みそ+牛乳」=「塩分+コク」。みそがしょうゆに代わろうとも原理は同じですね。

また、医学的にも牛乳・乳製品の摂取に関しては、いろいろと報告がなされていて、「牛乳・乳製品の摂取が多い人では、メタボリックシンドロームの有病率が低い」との報告や、「牛乳・乳製品の摂取自体が血圧を低下させる可能性がある」との報告があるなど、まだまだ研究段階のようですが、さまざまな良い効果への期待が高まっています。

「+牛乳」で、減塩ができれば、和食はまさに向かうところ敵なし。
健康に暮らすことこそ「美」につながりますから、「乳和食」から今後もますます目が離せません!

乳和食については、レシピ本も市販されています。ネット上でもレシピが公開されているものもあります。それぞれに料理を検索してみるもよし、自分なりの組み合わせでオリジナルを作るもよし、自分なりの乳和食、迷わずトライしてみてはいかがでしょう。

文/おくだじゅんこ(管理栄養士) 広島生まれ。国立病院勤務の後、8年間にわたり株式会社ワコールに勤務。陸上選手から社員まで幅広く健康管理に携わる。2012年に再び地元広島へ戻り診療所の栄養士に。
自身が根っから食いしん坊☆自分自身の栄養管理に日々奮闘中!

イラスト/いしわたりきわこ 東京生まれ。テキスタイルデザイナーを経て、コピーライター、ライター、イラストレーターに。渾身の著書「駅弁の旅」、「ぜいたくはひとりごはん」共著に「東京ナチュラルスイーツ」、「おいしいごはんの店~自然派レストラン全国ガイド」などがある。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. スリムの法則「食に美あり!」

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ