からだの真実、世の中のホント。専門家がズバリ解明

教えて、ドクター!

2013年8月21日

先生/渡辺光博(慶應義塾大学政策メディア研究科教授、
医学部兼担教授)
取材・文/大庭典子(ライター)

BODY

【特集/女はおなかで勝負!】

『胆汁酸』ダイエットで基礎代謝がアップ!?

Image
食事制限もきつい運動もナシでダイエット効果があるワケ
前回、古い胆汁酸を排出するためには、食物繊維を積極的にとることが重要だとお伝えしましたが、実践されていますか? 実際に始められた方からは、どことなくおなかがすっきりしてきたような...など、うれしい声も届いていますよ。今回も引き続き、"胆汁酸"について、渡辺光博先生にお伺いします。

「胆汁酸にはからだを何度も巡った"古い胆汁酸"と、新たに肝臓でつくられる "新しい胆汁酸"があることをお伝えしましたが、最新の研究では、胆汁酸はコレステロールや脂質などの脂っこいものを消化吸収するだけでなく、新しい胆汁酸の量が増えると、基礎代謝がアップし、脂肪燃焼を促すことがわかりました。

それは、ミトコンドリアの活性と深く関係しています。細胞を元気に動かすミトコンドリアは、"エネルギーの生産工場"とも呼ばれ、各細胞が元気に動くようにエネルギーを作りだす重要な細胞。いわば、若さや健康を保つ源なのです。

実は、新しい胆汁酸の量が高まると、このミトコンドリアが活性化することが解明されたのです。ミトコンドリアの働きがよくなれば、無理な食事制限やきつい運動をしなくても、脂肪の燃焼が促進され、基礎代謝が高まるなど、ダイエットにも健康にもうれしいことばかり。

さらにミトコンドリアが活性化すれば、体脂肪を燃やしエネルギーを消費する"褐色脂肪細胞"や筋肉の働きもよくなります。新しい胆汁酸は、エネルギー代謝のいい、痩せやすいからだをつくることができるのです。
"腸もみ"で古い胆汁酸を撃退、おなかもすっきり!
新しい胆汁酸をつくるには、古い胆汁酸の排出がマスト。それには、腸の運動を促すことも重要です。"腸もみ体操"を寝る前にやれば、朝の排泄にいい影響があるかもしれませんし、トイレで行うのも効果的でしょう」

1.イスに軽く腰かけ足を軽く開く
2.両手をへその下3cmへ差し込み大きく息を吸う
  息を吐きながら手首が太ももにあたるくらいまで上体を倒す
3.指先を指し込んだ状態で時計回りに3回まわす
4.息を吸いながらゆっくり上体を起こす

※あまり強く、もみすぎないよう、ご注意下さい。
※効果には個人差があります。
※通院中の方、妊娠中の方は医師にご相談下さい。


きついダイエットをしなくても、新しい胆汁酸が、痩せやすいからだをつくってくれるなんて、ナイス、胆汁酸! 腸の働きを活発にして、すっきりしたおなか、若々しいからだをつくりたいですね。

Image

渡辺光博(慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科教授 ヘルスサイエンスラボ代表 兼環境情報学部、兼医学部) 国立東北大学遺伝子実験施設 博士前期課程、フランス国立ルイ パスツール大学分子生物学科 博士課程 卒業。2014年「胆汁酸の調整で肥満、糖尿病が改善」をイギリスの科学誌『ネイチャー』に発表。その後、研究の関連論文は英科学誌『サイエンティフィック・リポーツ』と米科学誌『プロス・ワン』『JBC』等の国際誌に掲載された。バックパッカーで世界中を巡った経験も。

イラスト/190

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

からだ用語辞典

  1. 胆汁酸
  2. コレステロール
  3. 褐色脂肪細胞
  4. ミトコンドリア

関連キーワード

  1. おなか
  2. 渡辺光博
  3. 胆汁酸

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ