話題のスポットに行って来ました!

潜入ルポ・ビューティ見聞録

2013年8月14日

体験・文/南 ゆかり

BEAUTY

【特集/女はおなかで勝負!】へそもみで目覚めた、ウエスト引き締めの秘策

この夏はなに着ようかな。水着はどうしようかな。
なんて考え始めていた2013年春先。

ぼーっとテレビを観ていたら、『ヒルナンデス』で森三中の大島さんがエステ体験をし、おなかを揉みしだかれていました。アーユルヴェーダのようなオイルを垂らす手法と、大きなお肉を自在にあやつるエステティシャンの手には、「なんだか違うぞ」というオーラがありました(そして即予約しました)。
それこそが、私がやせ体質に目覚めるきっかけとなった、「へそエステⓇ」です。

この、インパクトあるネーミングの「へそエステⓇ」。さっそく体験に行ったのは、「トップレディ銀座店」というエステ。ここでの手順をざっと紹介しますと......。

まず、へそまわりにバスティ(小麦粉でつくったドーナツ状のもの)を乗せ、その中に40度に温めたオイル(良質のグリーンティーオイル)を注ぐ。さらにバラのエッセンスと花びらを乗せる。 Image タオルをかけて置くこと約20分。そしてその後、おなかの上に乗せていたオイルを使って、おなかまわりの揉み出しへと進みます。
おふろに入っているような
じわーんとくる温かさ
最初のステップの、へその上に温かいオイルを乗せている間、まず最初の不思議な感覚を味わいました。おなかが温まるのはもちろんですが、足の先がじわーんと温かくなってゆき、おふろに入っているみたいな気持ちよさ。

その理由を、代表の板橋先生はこう教えてくれました。

「へその下は脂肪が少なく、内臓に最も近い粘膜です。さらにへそ周辺には背中の2倍の毛細血管があり、へその皮膚や粘膜から吸収されたオイルが全身にめぐり、オイルの効用を実感しやすいのです」

つまり、へそを攻めるのが目的ではなく、全身にオイルの効用を巡らせるためにへそを入り口として使う。そういうことでした。でも、それだけじゃありません。スゴいのは、オールハンドによるおなかの揉み出しテクニックです。 Image 先生の手は、まずおへそ周辺をゆっくりと「探る」ことから始まりました。そして、押したりつかんだりさすったり、「探る」ことを続けながらも、いろんな動きをしていくのです。あるときは親指で、あるときは両手のひらで、おなかをぐいーっと押されると、中で滞っていたものが、ぐいんぐいんと流れていくのがわかります。そして、その後はへそまわりがふにゃっと柔らかく変わる。こんなこと、初めての体験です。

最後に深呼吸を何度も何度も繰り返してフィニッシュ。もうダメです、というくらい深く呼吸をした後は、味わったことのないからだの軽さでした。

そして板橋先生は、こう言いました。
「固い! 冷えてる! ひどいですよ」

はい、わかってます。私のからだは根深い冷え性で、おなかやお尻はいつも冷たい。夏でもそれがふつうですが、年中腹巻きは欠かさないし、当然冷たい飲物は御法度。ちゃんと湯船につかって、運動だってそこそこして。いったい、これ以上どうやって温めろっていうのか、もうわからないくらいです。

「ということは、自律神経でしょうね。交感神経と副交感神経のチェンジが上手くできていない...、ずっと仕事モード(交感神経)ではありませんか?」

そ、そう言われれば、その通り。寝る直前まで仕事モードだし、夜ふかしなんて当たり前。この芯からくる「冷え」は、単に温めるだけじゃダメだと、なんとなくはわかっていたけど、じゃあどうすればいいのか...。

「せめて、寝る前に電気を暗くしてリラックスタイムをつくる。テレビやパソコンを早めに消してみる。朝早く起きて太陽を浴びる。つまり節電の生活をしてみたら、どうですか? 自律神経のバランスは整うと思いますよ」と板橋先生。
「冷え」の要因は、意外なところにあった!
その後、東向きの部屋に越したのを機に、朝型の生活になった私。朝5時過ぎには起きて、朝日を浴びながらベランダの植物たちのお世話をして、交換神経のスイッチをオン。これに慣れてしまえば、不思議なくらい昼間のからだは元気。そして、夜は10時になればもう眠気に教われて、仕事のスイッチは否応なくオフに。でも、「疲れてぐったり」という感覚はありません。そして12時前にはベッドへ。驚くべきことは、なんと眠りが深くて、そしてなんと目覚めがいいことか! これがすなわち、自律神経のバランスが整ったことなのかはわかりませんが、質のよい寝起きが実感できているときは、それに比例して冷えを感じることも少ないのです。

面白い発見として、おへその周辺が「冷たい」と感じるのは、決まってストレスを感じているときだということ。そんなときは、「あらあら、ごめんねー」と言いながら、おへそ周辺を労りながらさすってあげるのも、最近の私の習慣です。これをやっていると、交感神経→副交感神経に自然と切り替わって、ものすごいリラックスできるのです。わざわざヨガ教室に行って瞑想しなくても、ゆったりソファに座っておへそをさすればよかったんだ、なーんだ。

こんな生活を続けて1週間後には、ウエストは1サイズダウン。そしてその後も、変わっていません。

また、自分でマッサージすることはもちろん大切だけど、「老廃物を流す道をつくる」という点では、定期的にエステなどでプロの手を借りるのもいいと思います。

おなかを引っ込めること、冷えを取ること。どちらも長年戦い続けてきたことだけど、いちばんの解決法が「早起き」だったとはね。からだは、自然の中で生かされているのですね。

来月は、からだのゆがみを整える「コンディショニング」を1年間続けてきた成果をレポートします!

南 ゆかり(フリーエディター・ライター) 「WACOAL BODY BOOK」編集長。Webサイト、雑誌、書籍の編集・執筆を手がける。雑誌『Oggi』『Domani』連載執筆中。編集担当書籍は『美顔ヨガ』(発売中)、キム・ナムギル写真集『Way Back to the RoaD』(7/24発売予定)など。

*ここで紹介された商品やサービスの評価に関しては、あくまで個人の感想に基づいたものです。

関連キーワード

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ