1分単位の楽ちんトレーニングで、からだが変わる! キレイになる!

1分楽トレ

2013年8月14日

指導/有吉与志恵(コンディショニングトレーナー)
取材・文/川口夏希<attik>(ライター)

BODY

【特集/女はおなかで勝負!】

「おなか美人」になるための今週の楽トレ2

肋骨(ろっこつ)下ブレス
どんなトレーニングでも、呼吸を意識することが、筋肉をより効果的に動かすポイントになります。2週目は横隔膜や横腹筋を動きやすくするリセットを行い、からだのコアへとアプローチ! Image 肋骨の一番下の骨を包むように、手でぐっとはさむ。息を吸ったときに肋骨の下部が横に広がるイメージをもつ。ゆっくりと息を吐きながら、両手で肋骨を少し押し下げていく感じにする。(30回)

●POINT
呼吸は「鼻から吸って、口から吐く」こと。おなかがキュッとタイトになってくるのを感じながら、ゆっくりと息を吐くことが大切です。
Image

有吉与志恵(コンディショニングトレーナー) 「頑張らない運動」で、体調を劇的に改善させるメソッドを開発し、「すこやかや」「CLEVA」「HEARTH ISM」などのスタジオを監修。近著に『DVDでマスター! 体幹が変わる! コアトレベーシックブック』があり。
http://ariyoshiyoshie.com/
※"有吉与志恵メソッド"とは......有吉与志恵が開発したコンディショニングメソッド。筋肉へフォーカスし、からだをいったん元々ある状態へリセットするのが最大の特徴。これにより、歪みやコリも改善され、筋肉本来の働きをトレーニングで得ることがきる。

撮影/長谷川 梓

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. 1分楽トレ
  2. おなか
  3. 有吉与志恵

あわせて読みたい

この記事を読む

この記事を読む

この記事を読む

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ