知ればスリムに差が出る! 日常でできるプチ・ルール

スリムの法則「食に美あり!」

2013年6月12日

文/じゅんこりん
イラスト/いしわたりきわこ

FOOD

「野菜ジュースにおける糖分」の法則

Image 「野菜ジュースはからだにいい」。こんなイメージはだれもが持っているものですよね?
しかし、TVCMなどで「カロリーが意外と高い」なんて聞いてびっくりしていらっしゃる方も多いとか。
今回はその野菜ジュースの糖分についてがテーマです。
そもそもみなさん、野菜だけでそんなに甘いと感じたことはないのでは?
ジュースになると甘くておいしくて、手軽で飲みやすいからこっちでとろうという考えをもつ方は多いですよね?
この甘さはどこから来ているのでしょう?
野菜ジュースはネーミングは野菜ジュースですが、入っているものは半分くらいが果汁のようです。
ショ糖がゼロでも、甘いのは天然由来の果汁の甘さだと強調されていますが、言い換えれば、半分が果汁のジュースと同じになるのでは??ということです。

糖分としては
■果汁100%ジュースが10g前後 (カロリーは40kcal前後)
■スポーツドリンクが6~7g前後 (カロリーは30kcal前後)
■野菜ジュースが4g前後 (カロリーは20kcal前後)

です。もちろん他の飲み物に比べたらカロリーも糖分も半分です。
ですが、コップ1杯(200ml)飲んだことを考えれば、カロリーは40kcal前後。
これはクッキー1枚分に相当します。
栄養成分を考えると、カロテン類は多くとれるでしょう。
しかし、ジュースは加工品です。ビタミンCなどを望むなら、加熱の際に壊れている可能性大です。
飲む目的は何かよって使い分けることが大切ですね!

文/じゅんこりん 1980年1月生まれの山羊座。広島生まれ、広島育ち。名古屋の大学を出て、広島の国立病院勤務、ワコールの管理栄養士を経て再び病院勤務でメタボ予防に携わっている。小さいときからチョコ好き。その他、太るといわれるものはほとんど好き。食いしん坊はいまだかわらず、B級グルメが大好き。

イラスト/いしわたりきわこ 東京生まれ。テキスタイルデザイナーを経て、コピーライター、ライター、イラストレーターに。渾身の著書「駅弁の旅」、「ぜいたくはひとりごはん」共著に「東京ナチュラルスイーツ」、「おいしいごはんの店~自然派レストラン全国ガイド」などがある。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. スリムの法則「食に美あり!」

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ