知ればスリムに差が出る! 日常でできるプチ・ルール

スリムの法則「食に美あり!」

2013年6月 5日

文/じゅんこりん
イラスト/いしわたりきわこ

FOOD

「アルコール度数とカロリー」の法則

Image 夏といえばビールのおいしい季節ですね。
今回はアルコールについて少し見ていくことにしましょう。
みなさん、カロリー、カロリーと気にされますが、糖質、脂質、タンパク質の1gあたりのカロリーはご存知ですか?
糖質は1g:4kcal、タンパク質は1g:4kcal、脂質1g:9kcalです。
脂質のカロリーは糖質やタンパク質の倍以上です。ではアルコールは...?
答えは 1g:7kcalです。
これゆえに、お酒のカロリーが高いことはおわかりいただけますよね?
ですので、「アルコール度数が高いほど高カロリー」になるわけです。
100mlあたりのカロリーを比較してみましょう!

        (アルコール度数)(カロリー)
ビール        4~5%    40kcal
低アルコールビール  3%     23kcal
ワイン        10~11%  73kcal
梅酒         13%     156kcal
日本酒        15~16%  103kcal
焼酎         25%     141kcal
ウイスキー      40%     237kcal
ブランデー      40%     237kcal

これを見るとビールはカロリーが低いんだ! と思ってしまいがちですが、がぶ飲みするお酒とたしなむお酒とでは当然、「飲む量」が変わってきます。
ビールは中ジョッキで約200kcal(500ml)。5杯飲んだとすると、これだけで1000kcalにもなってしまいます。量を飲むなら低アルコールビールを!
100mlで23kcalの差、中ジョッキ5杯分飲んだとすると、575kcalの差!
これはショートケーキ1個半分に相当しますよ!

文/じゅんこりん 1980年1月生まれの山羊座。広島生まれ、広島育ち。名古屋の大学を出て、広島の国立病院勤務、ワコールの管理栄養士を経て再び病院勤務でメタボ予防に携わっている。小さいときからチョコ好き。その他、太るといわれるものはほとんど好き。食いしん坊はいまだかわらず、B級グルメが大好き。

イラスト/いしわたりきわこ 東京生まれ。テキスタイルデザイナーを経て、コピーライター、ライター、イラストレーターに。渾身の著書「駅弁の旅」、「ぜいたくはひとりごはん」共著に「東京ナチュラルスイーツ」、「おいしいごはんの店~自然派レストラン全国ガイド」などがある。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. スリムの法則「食に美あり!」

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ