知ればスリムに差が出る! 日常でできるプチ・ルール

スリムの法則「食に美あり!」

2013年5月15日

文/じゅんこりん
イラスト/いしわたりきわこ

FOOD

揚げ物における「素揚げ天ぷら」の法則

Image 「脂肪分はカットしたほうがいい」「揚げ物は食べないほうがいい」 言葉ではみなさんよくおわかりですよね。
そして、糖質1g:4kcal、タンパク質1g:4kcal、脂質1g:9kcalということも よくご存知だと思います。では、揚げ物の吸油率はご存知でしょうか?
揚げ物といっても、フライ、天ぷら、唐揚げ、素揚げといろいろあります。
調理方法による油の吸油率は下記のとおりです。もしも、えび2尾(50g)を調理した場合、 油で何kcalオンされることになるのでしょう?

揚げ物の種類  吸油率     吸油量    オンされるカロリー
素揚げ     3~8%     1.5~4g   13.5~36kcal
唐揚げ     6~8%     3~4g     27~36kcal
フライ    10~20%    5~10g     45~90kcal
天ぷら    15~25%    7.5~12.5g   67.5~112.5kcal

揚げ物といえど、素揚げと天ぷらでは100kcal近くも差が出ることになるんですね。
吸油率を上げるものとして、他にも「表面積」「水分(含まれる水分が油に交換されます)」
「衣の厚さ」「油の新しさ(古い油は粘度が増して、油切れが悪くなる)」が関係します。
カツは大きいまま揚げて後で切る、水分の多いものは避ける(なすなど)、新しい油を使うなど、ちょっとしたことからも、気をつけたいですね!!

文/じゅんこりん 1980年1月生まれの山羊座。広島生まれ、広島育ち。名古屋の大学を出て、広島の国立病院勤務、ワコールの管理栄養士を経て再び病院勤務でメタボ予防に携わっている。小さいときからチョコ好き。その他、太るといわれるものはほとんど好き。食いしん坊はいまだかわらず、B級グルメが大好き。

イラスト/いしわたりきわこ 東京生まれ。テキスタイルデザイナーを経て、コピーライター、ライター、イラストレーターに。渾身の著書「駅弁の旅」、「ぜいたくはひとりごはん」共著に「東京ナチュラルスイーツ」、「おいしいごはんの店~自然派レストラン全国ガイド」などがある。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. スリムの法則「食に美あり!」

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ