知ればスリムに差が出る! 日常でできるプチ・ルール

スリムの法則「食に美あり!」

2013年5月 8日

文/じゅんこりん
イラスト/いしわたりきわこ

FOOD

「低カロリーデザート選び」の法則

Image 日に日に暑さが増している今日この頃。
この時期になってくると、やっぱり食べたくなるのが、冷たいお菓子。
みなさんが夏に一番召し上がるお菓子は何ですか?
パッと思い浮かぶのは、アイスクリームに、カキ氷にゼリーといったところでしょうか。
このお菓子選びにも、スリムへの分かれ道があったのです。
まずは100gあたりのカロリーを列挙してみましょう。

・アイスクリーム  180kcal
・カスタードプリン 126kcal
・ミルクゼリー   110kcal
・コーヒーゼリー  45kcal
・オレンジゼリー  70kcal
・カキ氷      70kcal

みていただくとわかるように、乳製品を使ったものはやはり、乳脂肪の分だけカロリーも高くなります。
プリンとゼリーどちらにするか悩むなら断然ゼリーですね!
この差を消費しようとすると、20分お買い物に歩いて行っても、まだ少し足りないくらいです。

≪果物100gあたり≫
・キウイ(1個)    53kcal
・すいか(三角一切れ)  37kcal
・オレンジ(1/2個)  39kcal
・パイナップル     51kcal
・いちご(5~6粒)  34kcal

逆に、「果物は太る!」と思い込んでいらっしゃる方も多いと思いますが、果物にすると、こんなにカロリーもダウン。繊維やビタミンも豊富でお得感たっぷりです。

文/じゅんこりん 1980年1月生まれの山羊座。広島生まれ、広島育ち。名古屋の大学を出て、広島の国立病院勤務、ワコールの管理栄養士を経て再び病院勤務でメタボ予防に携わっている。小さいときからチョコ好き。その他、太るといわれるものはほとんど好き。食いしん坊はいまだかわらず、B級グルメが大好き。

イラスト/いしわたりきわこ 東京生まれ。テキスタイルデザイナーを経て、コピーライター、ライター、イラストレーターに。渾身の著書「駅弁の旅」、「ぜいたくはひとりごはん」共著に「東京ナチュラルスイーツ」、「おいしいごはんの店~自然派レストラン全国ガイド」などがある。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

関連キーワード

  1. スリムの法則「食に美あり!」

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ