ワコールならではのからだと下着のなんでも辞典

からだ用語辞典

アーユルヴェーダ(マハリシ・アーユルヴェーダ)

【あーゆるゔぇーだ(まはりし・あーゆるゔぇーだ)】

古代インドで発祥した伝統医学「アーユルヴェーダ」。語源は、サンスクリット語の「アーユス(=生命)」+「ヴェーダ(=科学)」。本質はそのままに、1980年代に「マハリシ・アーユルヴェーダ」として、完全な体系へと再編成される。「マハリシ・アーユルヴェーダ」は、単に病気を治すメソッドではなく、"完全な健康"の実現を目指す医学。

監修/蓮村誠
医学博士、マハリシ・アーユルヴェーダ認定医「マハリシ南青山プライムクリニック」院長
心とからだを健やかに保つ、アーユルヴェーダ式の健康法を伝授。クリニックでの診察以外にも、講演や執筆業など幅広く活躍。
『毒を出す生活 ためる生活 こころとからだをスッキリさせて幸福になる50の法則』(PHP研究所)など著書多数。
からだ用語辞典トップへもどる

人気のキーワード

  1. 美バスト
  2. クーパー靭帯
  3. 骨盤底筋
  4. エイジング
  5. ヒップ
  6. 背中
  7. 肩甲骨
  8. 加齢臭
  9. 姿勢
  10. 体幹
  11. ウォーキング
  12. 温活
  13. 睡眠

関連サイト

ページの先頭へ