具材もスパイスも栄養まるごと! カレーパワーの秘密

文/おくだじゅんこ(管理栄養士)
イラスト/いしわたりきわこ
具材もスパイスも栄養まるごと! カレーパワーの秘密

今年の夏も、ジリジリと暑い日が続いています。そうなると、そうめんやアイスクリーム、熱中症対策にスポーツドリンクと冷たいものを多くとりがち。これは結局、糖質過多の傾向をまねき、代謝に必要なものが足りなくなって、からだが動かない悪循環に。そんなときこそ、みなさんカレーです! 一皿で、タンパク質も、ビタミンもミネラルも全部とれる優れものなのです。

肉・魚介・豆、なんでもカレーになる

カレーといえば、ビーフカレーが一般的ですが、お肉ならポークでもチキンでも、ひき肉を使ってキーマでも、なんでもいけちゃいます。そして、海老カレーやシーフードカレー、魚介類もいけて、豆カレーなんかもおいしいですよね。つまり、どんなタンパク質でも合うということ。

また、こうした具材や野菜類に含まれるのが、ビタミン類。代謝を助けるビタミンB群やビタミンCなどは水溶性ビタミンと呼ばれ、水に溶け出てしまう性質があります。たとえばゆでた野菜の場合、ビタミン類がゆで汁などに溶け出てしまい、結局捨てることも多くなってしまいます。でもカレーなら、溶け出た汁もまるごととるので、余すことなくからだに摂取することができます。

夏はキッチンが暑いので、料理をするのもおっくうになりがち。野菜もとったほうがいいとわかっていても、暑さに負けて料理の品数も減ってしまいそう。そんなときでも、カレーなら玉ねぎ・人参・じゃが芋といった定番から、なす・ゴーヤ・パプリカといった旬の野菜まで、どんな野菜でも組み合わせることができて、さらに栄養まるごととることができます。

スパイスの効用をたっぷりいただく

昔はルーを使う家庭が一般的でしたが、今ではスパイスも手軽にスーパーで手に入れることができるようになり、スパイスカレーをつくる家庭も増えてきました。

一般のルーは各種スパイスに、油・塩・小麦粉・うま味調味料などを加えてつくられたものなので、脂質が割と多めです。しかし、自分でスパイスやカレー粉(パウダー)を使ってつくるカレーでは、油を使う量を抑えることができます。脂質を控えたい人にはうれしい情報。ルーを少なくして、ちょっとスパイスを足してみるだけでも、十分いままでと違ったカレーになります。

また、インドの伝統医学アーユルヴェーダの考え方では、スパイスにはさまざまな効能があるとされています。

主なスパイスは、カレー独特の香りを醸し出す「クミン」、鮮やかな黄色でおなじみのウコンを乾燥させてつくった「ターメリック」、パクチーの種を乾燥させて粉末にした「コリアンダー」といったところでしょうか。

クミンやコリアンダーは消化不良にいいとされ、ウコン(ターメリック)は気の巡りをよくし、血流をよくするといわれています。またカレーに使う生姜には食欲増進作用があり、にんにくにはビタミンB1の吸収を助け、疲労改善に効果が期待できます。

タンパク質はもちろん、野菜のビタミン、そしてスパイスの効能まで、たっぷりいただけるカレー。夏に疲れてしまったからだにぜひ、一皿のカレー! 今晩いかがですか?

参考資料
『スパイス&ハーブの使いこなし事典』(主婦の友社)
『心とカラダにやさしい316種 ハーブ&スパイス事典』(誠文堂新光社)

  • おくだじゅんこ/管理栄養士 広島生まれ。2004~2012年の8年にわたり株式会社ワコールに勤務。陸上選手から社員まで幅広く健康管理に携わる。 病院栄養士を経て、現在は広島酔心調理製菓専門学校にて、調理師やパティシエの卵たちと「健康且つおいしい!」を追求し、日々奮闘中。
からだ用語辞典: 糖質

あわせて読みたい

肉を使わずヘルシー! 和風でさっぱり高野豆腐のキーマカレー
肉を使わずヘルシー! 和風でさっぱり高野豆腐のキーマカレー
  • フード

2020.08.26

いつものカレールーで簡単! ごぼうときのこのデトックススープカレー
いつものカレールーで簡単! ごぼうときのこのデトックススープカレー
  • フード

2019.09.25

手軽でヘルシー! レンジだけで本格キーマカレーと温野菜
手軽でヘルシー! レンジだけで本格キーマカレーと温野菜
  • フード

2019.06.05

ファイトケミカルの宝庫!夏野菜の無水カレーと味噌ジュレかけ和サラダ
ファイトケミカルの宝庫!夏野菜の無水カレーと味噌ジュレかけ和サラダ
  • フード

2018.08.08

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20