梅雨どきのむくみは食事で乗り切る!

文/堀 知佐子(レストラン『Le Rire』オーナー兼シェフ)
イラスト/いしわたりきわこ
梅雨どきのむくみは食事で乗り切る!

雨や湿度の高い日が続くようになりました。洗濯物は乾きにくいし、外で運動もできない…。さらに、からだの水分が排泄されにくいのでむくみの原因に。そこにきて、蒸し暑いからとエアコンを入れると、からだが冷えて代謝が落ち、どんどんむくんできます。

梅雨の時期は気分も晴れないので、自律神経に負担がかかり、ホルモンバランスも崩れてしまいがちです。そんなことにならないためにも、毎日の食事に注意しましょう。まず、冷たいものは極力とらないようにし、ダラダラと食べることもやめましょう。ダラダラ食べは食べすぎにつながり、塩分や水分を無意識にとってしまいかねません。

むくむ原因には、水分だけでなく食事の塩分も大きく関係します。塩分を多くとると、からだの塩分濃度を薄めようと、体内に水分をため込むようになるためです。心がけとしては、塩分の高いラーメンはスープを飲まない。ハムやソーセージ、練り製品なども塩分を多く含むので控えましょう。ドレッシングのたっぷりかかったサラダも意外と落とし穴。外食ではドレッシングは別皿でオーダーして、量を少なくかけて食べるなどの工夫を。

むくみ対策として積極的にとりたいものは、利尿作用のあるカリウムやサポニン、ビタミンEなどを含む食材です。カリウムは、パセリ・切干し大根・豆類などにも含まれます。むくみが気になる方には、パセリと水戻しした切り干し大根を刻んで、ひきわり納豆を入れた卵焼きがおすすめです。

じめじめした季節を上手に乗り切って、すっきりボディで夏を迎えましょう!

  • 堀知佐子
  • 堀知佐子(ほり・ちさこ) 管理栄養士・食生活アドバイザー・アンチエイジング料理スペシャリスト。レストラン「Le Rire(ル・リール)」シェフ。京都の調理師学校で教鞭をとった後、京料亭「菊乃井」の物販事業部責任者を経て、2010年株式会社「菊の井」常務就任。2008年アンチエイジングをコンセプトとしたレストランを開業。料理教室の開催、地方自治体アドバイザー、講演など、食と健康をテーマに幅広く活動。著書に『みそと野菜でアンチエイジング』『100歳まで錆びない栄養レシピ』など多数。
※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

あわせて読みたい

「むくみ」が気になり出したら…。即実践したい食と運動
「むくみ」が気になり出したら…。即実践したい食と運動
  • ビューティ&ヘルス

2020.06.10

むくみを決めるのは運動量
むくみを決めるのは運動量
  • ビューティ&ヘルス

2016.06.01

鍼灸師・森田真理さんの『むくまない』ための生活習慣<後編>
鍼灸師・森田真理さんの『むくまない』ための生活習慣<後編>
  • ビューティ&ヘルス

2016.07.20

知っておきたいカリウムのちから
知っておきたいカリウムのちから
  • フード

2016.06.15

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20