「食べる順番」の法則

文/じゅんこりん
イラスト/いしわたりきわこ

Image 「口に入れたらみな同じ」 こんな言葉がありますよね?
しかし、食べる順番を変えるだけでいろんなメリットがでてきます。
ちかごろは、「野菜を先に食べることの良さ」が少しずつ浸透してきたように感じます。
そこで今日は、食べる順番の法則です。
人が一回に食べられる量って決まっていますよね。なので、カロリーの低い野菜を先にとることで、全体のカロリーを抑えることができます! そう、食事の中で、まず、「食物繊維」の多い野菜を先に食べる習慣をつけましょう!
また、「野菜を食べるようになる」→「噛む回数も増える」→「満腹中枢も刺激される」とという過食予防のメリットもあります。
その上、糖尿病も予防することができる!
血糖値は血液中のブドウ糖の濃度です。ですので、もちろん食事をとれば上がります。人間のからだにはそのブドウ糖を各臓器に取り込んで、血液中の濃度が一定になるシステムが備わっています。「食事をとる」→「血液中のブドウ糖が増える」→「インスリンというホルモンが出て、ブドウ糖を臓器に取り込む」→「結果血糖値が下がる」ということです。なので、たくさんのものを一気に食べると血糖値を下げるインスリンホルモンがたくさん出て、各臓器に吸収させようと働きます。インスリンをたくさん出すということはそれだけ、からだ、特にすい臓にたくさん負担がかかります。つまり、ブドウ糖は穏やかに吸収していく方が、糖の利用効率がよくなります。
ブドウ糖の吸収が急激に上げるのをおさえる働きがあるのが「食物繊維」です。
以上、食べる順番の工夫をみなさんもぜひお試しあれ~(^^)v

文/じゅんこりん 1980年1月生まれの山羊座。広島生まれ、広島育ち。名古屋の大学を出て、広島の国立病院勤務、ワコールの管理栄養士を経て再び病院勤務でメタボ予防に携わっている。小さいときからチョコ好き。その他、太るといわれるものはほとんど好き。食いしん坊はいまだかわらず、B級グルメが大好き。

イラスト/いしわたりきわこ 東京生まれ。テキスタイルデザイナーを経て、コピーライター、ライター、イラストレーターに。渾身の著書「駅弁の旅」、「ぜいたくはひとりごはん」共著に「東京ナチュラルスイーツ」、「おいしいごはんの店~自然派レストラン全国ガイド」などがある。

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

あわせて読みたい

大事なのは、食べるタイミングと組み合わせ!
大事なのは、食べるタイミングと組み合わせ!
  • ビューティ&ヘルス

2016.01.20

ボディワーカー森 拓郎さんのボディメイク法<前編>
ボディワーカー森 拓郎さんのボディメイク法<前編>
  • ビューティ&ヘルス

2017.05.31

生理前のバスト増量、その正体とは?
生理前のバスト増量、その正体とは?
  • ビューティ&ヘルス

2014.02.26

骨ストレッチ<おなか>丹田押し
骨ストレッチ<おなか>丹田押し
  • フィットネス

2018.01.10

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20