夏バテ時期の作り置きに! レンジで簡単、蒸し鶏のねぎ油漬け

文/りんひろこ(kencom公式:料理研究家)
夏バテ時期の作り置きに! レンジで簡単、蒸し鶏のねぎ油漬け

暑い日が続くと食欲が落ちて、さらに火を使う料理を避けがちになりますね。食べやすい麺類に偏ってしまい、おかずを食べないと、タンパク質の摂取量が落ちて元気もなくなり、免疫力も落ちてしまします。

そこで、ご家庭でも使うことも多い鶏むね肉を使って、さっぱり食べられる簡単蒸し鶏をご紹介します。レンジ調理だけで作れて作り置きおかずにもぴったりですよ。

●材料(3〜4人分)
鶏むね肉 300g
酒 大さじ2
塩 少々(小さじ1/3程度)

A
ねぎ(青い部分も入れる) 1/2本
醤油 大さじ2
酢 大さじ1
砂糖 大さじ1/2
ごま油 大さじ1

●作り方

鶏むね肉は両面に塩をまぶし、耐熱容器に入れて酒をふりかける。

1、鶏むね肉は両面に塩をまぶし、耐熱容器に入れて酒をふりかける。

ラップをして600Wの電子レンジで6分加熱し、そのまま15分以上置いて粗熱を取る。

2、ラップをして600Wの電子レンジで6分加熱し、そのまま15分以上置いて粗熱を取る。

その間にねぎを粗みじん切りにし、清潔な保存容器に入れ、Aを加えて混ぜ合わせる。

3、その間にねぎを粗みじん切りにし、清潔な保存容器に入れ、Aを加えて混ぜ合わせる。

2の蒸し鶏を手で細かく裂いて、3に加える。

4、2の蒸し鶏を手で細かく裂いて、3に加える。

全体を混ぜ合わせて出来上がり。

5、全体を混ぜ合わせて出来上がり。

おいしいワンポイントアドバイス

夏バテ時期の作り置きに! レンジで簡単、蒸し鶏のねぎ油漬け

ねぎには「硫化アリル」という独特の香りと辛みを生み出す成分が豊富に含まれていて、消化液の分泌を促します。新陳代謝や神経の鎮静化に必要なビタミンB1の吸収も促すので、夏バテ防止も期待できます。
今回のように刻んだねぎを生のまま調味液に浸すことで、水溶性の硫化アリルがたれに染み出します。たれを絡めて食べるとより効果的に摂ることができますよ。

冷蔵庫に常備しておけば、そのままおかずやおつまみに。また、茹でたそばやうどんにかければ、これだけでタンパク質もばっちり摂れる栄養豊富な1品になりますよ。
夏休み時期のお子さんのお昼ご飯にもおすすめです。

  • りんひろこ
  • りんひろこ 料理研究家、フードコーディネーター。京都で学んだ懐石料理や、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。著書に『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』『ジャースチームレシピ』(世界文化社)がある。
  • オムロン ヘルスケア株式会社
  • kencom(ケンコム) 「楽しみながら、健康に。」をコンセプトに、DeNAと住友商事の合弁会社であるDeSCヘルスケアが、両社のエッセンスを注入して立ち上げたサービスです。利用者の健やかな生活と大切な人の笑顔を守ります。 DeSCヘルスケア:https://www.desc-hc.co.jp/

提供元:夏バテ時期の作り置きに!レンジで簡単、蒸し鶏のねぎ油漬け|kencom(2021.08.18公開)より一部改変

あわせて読みたい

材料たった5つでできる! 鶏唐揚げとレタスの中濃ソース和え
材料たった5つでできる! 鶏唐揚げとレタスの中濃ソース和え
  • フード

2020.06.10

マヨネーズをつなぎにサクジュワを実現!鶏ささみのパン粉焼き
マヨネーズをつなぎにサクジュワを実現!鶏ささみのパン粉焼き
  • フード

2019.05.22

タンパク質たっぷり!手軽にバリっと本格油淋鶏を作る
タンパク質たっぷり!手軽にバリっと本格油淋鶏を作る
  • フード

2018.10.31

ビタミンとたんぱく質でストレスに負けないからだづくり
ビタミンとたんぱく質でストレスに負けないからだづくり
  • フード

2019.04.10

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20