夏バテ予防の常備菜に。苦みひかえめのゴーヤのかつおびたし

文/りんひろこ(kencom公式:料理研究家)
夏バテ予防の常備菜に。苦みひかえめのゴーヤのかつおびたし

スーパーにゴーヤがあると、夏!という感じがしますね。

独特な苦みが特徴ですが、苦手という方もいらっしゃるかもしれません。そこで、強い苦みを和らげ、爽やかな苦みとしておいしく食べるための調理法をご紹介します。
ちなみにゴーヤを選ぶ際は、緑色が濃く、いぼがデコボコとたくさんついている、中~小ぶりのサイズのものを選ぶとよいですよ。

●材料(2人分)
ゴーヤ 1本
塩 小さじ1/2
砂糖 小さじ1
めんつゆ 大さじ1
かつお節(なければ省略可) 小分け1パック(約1g)

●つくり方

ゴーヤはへたを切り落とし、縦半分に切る。

1、ゴーヤはへたを切り落とし、縦半分に切る。

中のわたと種をスプーンなどで削って取り除く。苦みが苦手な方は、この白いわたをスプーンでしっかりこそげ落とすと良い。

2、中のわたと種をスプーンなどで削って取り除く。苦みが苦手な方は、この白いわたをスプーンでしっかりこそげ落とすとよい。

千切りにして塩と砂糖をまぶし、15分以上置いておく。

3、千切りにして塩と砂糖をまぶし、15分以上置いておく。

両手でぎゅっと絞り、出てきた水気をしっかり切ってボウルに入れる。(こうすることで青臭みや強い苦みが少なくなる)

4、両手でぎゅっと絞り、出てきた水気をしっかり切ってボウルに入れる。(こうすることで青臭みや強い苦みが少なくなる)

めんつゆとかつお節を加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分ほど冷やす。(冷やすことで苦みもさっぱり食べられる)

5、めんつゆとかつお節を加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分ほど冷やす。(冷やすことで苦みもさっぱり食べられる)

からだにやさしい豆知識

夏バテ予防の常備菜に。苦みひかえめのゴーヤのかつおびたし

夏バテ防止の野菜として広く認知されるようになったゴーヤには独特の苦みがあります。この苦み成分はモモルデシンと呼ばれ、血圧や血糖値を下げ、疲労回復や肝機能を高める効果もあります。
ビタミンCも豊富に含んでいるため、コラーゲンの生成を助け、シミやそばかすの原因になるメラニンの生成を抑えて、美肌効果も期待できます。またビタミンCは強力な抗酸化力もあり、夏の疲れにも効くといわれています。

冷蔵庫で4~5日保存できるので、夏の常備菜としてもおすすめです。

  • りんひろこ
  • りんひろこ 料理研究家、フードコーディネーター。京都で学んだ懐石料理や、アーユルヴェーダや薬膳などの東洋の食養生の考えをもとにした美味しく簡単にできる料理を、TVや雑誌などで提案。著書に『作りおきで毎日おいしい! NYスタイルのジャーサラダレシピ』『ジャースチームレシピ』(世界文化社)がある。
  • オムロン ヘルスケア株式会社
  • kencom(ケンコム) 「楽しみながら、健康に。」をコンセプトに、DeNAと住友商事の合弁会社であるDeSCヘルスケアが、両社のエッセンスを注入して立ち上げたサービスです。利用者の健やかな生活と大切な人の笑顔を守ります。 DeSCヘルスケア:https://www.desc-hc.co.jp/

提供元:夏バテ予防の常備菜に。苦みひかえめのゴーヤのかつおびたし【おつまみレシピ】|kencom(2020.07.08公開)より一部改変

あわせて読みたい

夏バテもダイエットもこれで!苦くないゴーヤとやみつきカツオの和風サラダ
夏バテもダイエットもこれで!苦くないゴーヤとやみつきカツオの和風サラダ
  • フード

2019.08.21

お肉いらずでたんぱく質たっぷり! ごはんが進むゴーヤチャンプルー
お肉いらずでたんぱく質たっぷり! ごはんが進むゴーヤチャンプルー
  • フード

2019.08.07

夏の疲労回復&つくり置きもできる! きゅうりのにんにく醤油漬け
夏の疲労回復&つくり置きもできる! きゅうりのにんにく醤油漬け
  • フード

2020.07.22

立秋(りっしゅう)/内臓冷えと夏バテに要注意
立秋(りっしゅう)/内臓冷えと夏バテに要注意
  • ビューティ&ヘルス
  • ライフスタイル

2019.07.24

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20