今月のコトバ「ご自愛ください」

文/相川藍(あいかわ・あい)
イラスト/白浜美千代
今月のコトバ「ご自愛ください」

自愛には「からだ」が含まれる?

「ご自愛ください」は、手紙やメールの結びに使われるあいさつのコトバ。英訳するなら「Take care of yourself」がよさそうだ。自愛には「自分を大切にすること」「自分のからだを大切にすること」「自分の健康状態に気をつけること」などの意味があるから、「ご自愛ください」は「おからだを大切に」とほぼ同じ意味と考えられる。ただし「ご自愛ください」は、会話の中では使いにくい。書き言葉ならではの風格あるコトバといえるだろう。

「おからだをご自愛ください」という文例もよく見かけるが、自愛には「からだ」の意味が既に含まれているので、これは間違った重複表現とされている。個人的にはむしろ丁寧な印象を受けるのだが……。そもそも「自愛」という熟語には、からだを表す漢字が入っていないので、ついつい「おからだ」を付け足したくなる気持ちはよくわかる。

その代わり「ご自愛ください」には、からだだけでなく「心も大切に」というニュアンスが感じられるような気がする。コロナ禍のあいさつとしても、ふさわしいのではないだろうか。自分のメールボックスを「ご自愛」で検索してみたら、「季節の変わり目につきご自愛ください」「時節柄ご自愛ください」「何卒ご自愛ください」「どうぞご自愛ください」「どうかご自愛ください」「ご自愛くださいますように」「ご自愛してお過ごしください」「くれぐれもご自愛下さいませ」「ご自愛のほどを」など、いくつものバリエーションがあり、2つとして同じものがないことに感激してしまった。

ご自愛を自在に使う人々

中には、親しみやすくカジュアルな変化球バージョンもあった。「くれぐれもご自愛くださいね!」「ご自愛くださいませね!!」「どうぞご自愛くださ〜い」「どうぞご自愛くださいませ(^^)」「ご自愛のほど、お過ごしくださいませ〜♪」などなど。なんだか、これだけで元気が出てくるではないか。

逆に、フォーマルなバージョンとしては、最近、印象に残った2つの例があるので、謹んでご紹介申し上げたい(と、妙に丁寧になってしまう)。ひとつは「皆様がご自愛のうえ、健やかな日々をお過ごしになられますよう、心よりお祈り申し上げます」というもの。ある化粧品ブランドのニュースレターの結びの文章だが、とてもあたたかく美しい。

もうひとつは「コロナ禍厳しき状況下、よくよくご自愛願いあげます」というもの。こちらは、アラセブ(アラウンドセブンティ)の男性が、複数の知人宛に送ったメールの結びである。気持ちのいいリズム感だが、「よくよく」と「願いあげる」はやや難易度が高い。辞書を引くと、この場合のよくよくは「十分に手落ちなく」「念には念を入れて」、願いあげるは「うやうやしく願う」という意味だった。ご自愛との相性も抜群な、ザ・文語体といえよう。

落ち着いたらぜひ問題

「ご自愛ください」とともに、コロナ禍で増えていると思われる結びのコトバがある。「落ち着いたら、ぜひ○○しましょう」である。一般的には、ぜひ会おう、ぜひ行こう、ぜひ飲もう、ぜひ遊ぼう、といった内容が主流だろうか。しかし、もともと「落ち着いたらぜひ」「こんどぜひご飯でも」などのフレーズは、その気がないときに使える社交辞令としても知られている。本気で書いても軽く受け取られたり、軽く書いても本気で受け取られたりする可能性はあるだろう。

ひとつ言えるのは、具体的な内容が入っているほど、より本気度が感じられるということ。「落ち着いたら○○さんも誘って、おいしい○○が食べられる○○へ行こうよ」など、瞬時に情景が思い浮かぶようなプランが書かれていれば、その気がない相手の気持ちだって動くかもしれない。ただし、○○がすべて超魅力的なキーワードであることが条件だ。

前述のアラセブ男性の別のメールには「××会が開催叶う日の一日も早く到来することを祈りながらおります」という結びがあった。さすがの風格である。ちなみに××会は、四季折々に仲間内で開かれる食べ飲み会の俗称だ。このような文章で書かれると、ずいぶん高尚な会合のように思えてくるし、何より、押しつけがましくないのが素晴らしい。私も一緒に祈りたいと思った次第である。

それでは皆様、ご自愛のほど、お過ごしくださいませ〜♪(結局、これが使いやすそうで気に入った)

  • 相川藍(あいかわ・あい) 言葉家(コトバカ)。ワイン、イタリア、ランジェリー、映画館愛好家。
    疲れたときは、味覚的にも語感的にもベトナム料理に癒される。
    フォー、ブン、ミー、チャオ、ソイ、ラウ……とくにデザートのチェーは最強!

あわせて読みたい

今月のコトバ「お疲れ」
今月のコトバ「お疲れ」
  • カルチャー

2018.10.24

今月のコトバ「骨休め」
今月のコトバ「骨休め」
  • カルチャー

2019.12.25

今月のコトバ「身体的距離」
今月のコトバ「身体的距離」
  • カルチャー

2020.05.28

今月のコトバ「巣ごもり」
今月のコトバ「巣ごもり」
  • カルチャー

2020.04.22

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20