今月のコトバ「推しブラ」

文/相川藍(あいかわ・あい)
イラスト/白浜美千代
今月のコトバ「推しブラ」

推しは背骨である

「推し」というコトバは一見地味だが、アイドルグループの中でいちばん応援している「イチ推しのメンバー(=推しメン)」の略である。このコトバを改めて世に知らしめたのが、今年、芥川賞を受賞したばかりの小説『推し、燃ゆ』(宇佐見りん著・河出書房新社)。21歳の大学生が書いたこの小説は、若い世代を中心に大きな反響を巻き起こし、「推し活(=推しを応援するための活動)」に熱中するファンの気持ちを理解するために読む人も多いと聞く。

主人公は「推しを推すことがあたしの生活の中心で絶対」と言い切り、「中心っていうか、背骨かな」と補足する。からだの重要な部分へのたとえが「推し」への本気度を表していると思う。実際、この高校生は、日常生活がままならなくなくなるほど「推し」にのめりこみ、「背骨だけ」になっていく。だけど彼女がライブへ行き、グッズを買い、数多の情報にアクセスし、限定公開のブログ(この内容がすばらしい!)を更新する姿はエネルギッシュで、それは間違いなく「推し」のおかげなのだ。

私の身近にも「推し活」に余念のない人がいるが、「推し」がいるとこんなにも世界は広がり、楽しみが増えるのかとうらやましくなる。「推し」と「ファン」の関係のいいところは、距離が近づき過ぎず、生身の恋愛関係よりもはるかに安定していることだろう。

推しブラのときめき

もちろん「推し」は、人ではなくモノでもいい。というわけで本題の「推しブラ」である。最初にこのコトバを目にしたのは2年くらい前、ワコールウェブストアで開催されていた「推しブラ総選挙」だったと思う。今や恒例のイベントになっているのはうれしい限りだが、ここで注目したいのは「推しブラ」というコトバの自然さだ。「推し活」や「推しメン」と比べても、字面よく、語感よく、意味もわかりやすい。グッドネーミングの条件が揃っており、気軽に口にしたくなる。

たとえば「好きなブラは?」と聞かれると範囲が広くて迷うが、「推しブラは?」と聞かれれば、手持ちのブラたちが思い浮かぶ。実は今、お気に入りの「推しブラ」ベスト3があり、どんな無気力な日も、これらをつけると、おしゃれスイッチが入る。中でもトップ独走中の「推し」は、デザインもディテールも自分好みで、肌に吸いつくようなフィット感が素晴らしい。なんとしても、この子は美しく長持ちさせたいので、特別にていねいに扱ったり、色違いを購入するなどの「推し活」をしているところだ。

しかし、外に目を向ければ「いつか、つけてみたいブラ」の存在も見逃せない。今は触れ合えないけれど、遠くから見て楽しみたいというこの距離感は、まさに「推し」と「ファン」の関係ではないか。このような憧れのブラこそが、本当の意味での「推しブラ」なのかもしれない。

「おす」か「たたく」か

「推す」という動詞なら、広辞苑にも載っている。ふさわしいものとして推薦するという意味で、距離を置いて客観的におすすめする奥ゆかしさがある。一方、音は同じでも「押す」という動詞は、動かそうとして力を加えることだから、少々強引な感じがする。

昔は、力でものを動かす場合にも「推す」と書くことがあり、古い用例としては「僧は推す月下の門」という漢詩が有名だ。作者である詩人は「僧は敲く(たたく)月下の門」のほうがいいかも? と迷ったそうで、この故事が「推敲(すいこう)」の語源となった。結論としては、漢詩の大家が「敲くのほうが、月下に音を響かせる風情があっていいんじゃね?」と詩人にアドバイスしたという。今なら「僧は推す月下のインターホン」か「僧は鳴らす月下のインターホン」かと、思い悩むのかもしれないな。

また、この故事から派生した「月下推敲」という四字熟語もある。「推敲」と同じ意味だが、字面よく、語感もよく、月の光のもとで優雅に文章を練り直すような美しいイメージが思い浮かぶ。「推しメン」を「推し」と略し、「ブラジャー」を「ブラ」と略す時代にはいささか悠長すぎて、使う機会なんてないような気もするけれど、ひそかに憧れている、とっておきの推し熟語なのだ。

  • 相川藍(あいかわ・あい) 言葉家(コトバカ)。ワイン、イタリア、ランジェリー、映画館愛好家。
    疲れたときは、味覚的にも語感的にもベトナム料理に癒される。
    フォー、ブン、ミー、チャオ、ソイ、ラウ……とくにデザートのチェーは最強!

あわせて読みたい

今月のコトバ「愛着(あいちゃく)」
今月のコトバ「愛着(あいちゃく)」
  • カルチャー

2019.10.30

今月のコトバ「胸熱(ムネアツ)」
今月のコトバ「胸熱(ムネアツ)」
  • カルチャー

2019.09.25

今月のコトバ「ブラとパンツ」
今月のコトバ「ブラとパンツ」
  • カルチャー

2018.02.28

今月のコトバ「モテ部位」
今月のコトバ「モテ部位」
  • カルチャー

2017.10.25

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20