今月のコトバ「巣ごもり」

文/相川藍(あいかわ・あい)
イラスト/白浜美千代
今月のコトバ「巣ごもり」

豪邸には巣ごもれない?

「巣ごもり」とは、鳥が巣にこもること。人間の場合は、家にとじこもることである。「こもる」とは広辞苑によると「すきまなくまわりを囲まれている中に入って外に出ない」という意味だから、巣ごもりするときの巣(家)に必要なのは、肌に接するような包まれ感や、外敵のいない安心感だと思う。つまり人目を引くゴージャスな邸宅ではなく、ささやかな隠れ家のほうがいいってこと。巣とは本来、静かに卵を温める場所なのだから。

「愛し合う2人だけの住まい」のことを表す「愛の巣」というコトバがあるけれど、この場合の住まいも、あまり広くないほうが巣をイメージしやすいし、愛も育みやすいのではないか。愛の巣には、木の実や花の芽など、鳥がついばむような慎ましい食べ物が似合う。あたたかい食事なら、もちろん「巣ごもり卵」で決まりだ。細切りにした野菜などに卵を落として加熱した料理のことだが、あくまでも卵が主役なので、個人的には、卵よりも高級な食材を使ってほしくない気がする。

しかしながら、巣にこもるなんて、しみったれていてイヤという人もいるだろう。その場合は、堅牢なお城に立てこもるといいかもしれない。これを「籠城(ろうじょう)」という。敵が攻めてきたときや、締め切り間近の仕事や受験勉強に追われているときに、覚悟を決めてぜひチャレンジしてみたい。

巣ごもりの意外な楽しみ

できるだけ外出せずに家にいる「巣ごもり生活」が推奨されている今、「巣ごもり消費」や「巣ごもり需要」なるコトバを聞くようになった。在宅勤務をする人も増え、これまでとは違うものが売れているようなのだ。テレワーク用の機器やインテリアに加え(ちなみにテレワークのteleは「遠く」を意味するギリシア語だ)、家メシ用の調理器具、家トレ用の健康グッズ、さらにはリモート会議やオンライン飲み会を意識した「上半身映え」のトップスなどである。

かくいう私も「ラクで盛れる」と人気のワイヤレスブラ、ブラジェニックをワコールWEBストアで購入したばかり。返品送料0円の「自宅で気軽にフィッティング」というコピーに引かれたのだ。ほかにもGoogle Arts & Cultureで閉館中の美術館の絵を鑑賞できたり、無観客ライブ配信で好みのバンドに出会えたりしたのも、最近の大きな収穫であった。巣ごもりに夢と出会いを与えてくれる、インターネット上のさまざまな試みに感謝したい。

「巣ごもり美容」というコトバも登場した。巣ごもり中は睡眠がたっぷりとれ、人間関係のストレスも減って肌の調子がいいという声を聞く。そんなときこそ、メイクアップレッスンのチャンスである。他人の目を気にしなくていいメイクは、お絵描きのように純粋に楽しい。自分が本当はどんな顔になりたいのかを、心ゆくまで突き詰めてみようではないか。やがてくる巣離れのときに、変わり果てた姿で、もとい、美しい姿で巣立てるように。

残された羽毛のように

戦後最大の女流作家といわれた大原富枝のエッセイ『巣立ち』(1982)を読んだ。庭に巣をつくった親鳥とひな鳥の巣ごもりを卵のときから見守った著者は、肝心の巣立つ瞬間を見逃してしまう。からっぽになった巣を見て、言葉が出ないほどの空しさを感じるのだが、粗末な巣に残された1枚の小さい羽毛は、明らかに生命が巣立ったことを思わせ、慰められたという。

大原富枝の代表作は、父の失脚により、40年間の幽閉生活を強いられた野中婉の生涯を描いた実話小説『婉という女』(1960)だ。婉は43歳で突然、自由の身になる。娘時代のままの振袖姿は、見世物を見るような残酷な視線を浴びるが、生きたい、恋したいという心身の叫びは切実なのである。

この小説には、18歳で不治の病と恐れられた結核にかかり、10年間の療養生活を送った大原富枝自身の人生が投影されている。「巣立ち」は、療養期間中に執筆を始め、数々の優れた作品を残したこの作家のキーワードともいえるだろう。人生のある時期の輝きが失われても、不屈の精神を持ち続けることで十分に取り戻せるのだと、彼女は身をもって教えてくれる。

  • 相川藍(あいかわ・あい) 言葉家(コトバカ)。ワイン、イタリア、ランジェリー、映画館愛好家。
    疲れたときは、味覚的にも語感的にもベトナム料理に癒される。
    フォー、ブン、ミー、チャオ、ソイ、ラウ……とくにデザートのチェーは最強!

あわせて読みたい

おうちワークを快適に乗り切るための対策集
おうちワークを快適に乗り切るための対策集
  • ビューティ&ヘルス

2020.04.15

お惣菜+ひと工夫で献立のマンネリ打破!
お惣菜+ひと工夫で献立のマンネリ打破!
  • フード

2020.04.15

ゆらぎ肌の対処法
ゆらぎ肌の対処法
  • ビューティ&ヘルス

2017.03.08

理想の睡眠とは?
理想の睡眠とは?
  • ビューティ&ヘルス

2017.01.25

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20