特集 おとな流 夏の紫外線対策#01

宮古島のビーチリゾートへ。「外」から「内」から紫外線をダブルでケア。 美容皮膚科・慶田朋子さん

少しずつ旅が日常に戻りつつある今日このごろ。バカンスの計画を立て始めている人も少なくないのでは? おとな世代が夏旅で気をつけるべきことは…やっぱり日焼け防止! 美容に詳しいプロに「私的夏旅準備と紫外線対策」について、たっぷり教えてもらいます。

夏のバカンスを盛り上げるのは、華やぎ×遮光タイプの旅小物

1、顔全体をしっかり覆ってくれる、つば広女優ハット。2、足元まで日焼けを防ぐ、プリントロングワンピース。3、夏気分を満喫できる、容量たっぷりメルカドバッグ。4、紫外線をシャットアウト! 完全遮光のおしゃれ日傘。5、クールでモードなPVC素材のヒールサンダル

塗るケアに加えて、飲むケア。それが紫外線対策の新常識です

6、顔はもちろんデコルテにも! 品よく輝くキラキラパウダー。7、目からの紫外線吸収を防ぐ、淡色レンズのサングラス。8、ビーチでの塗り直しに便利! スプレータイプのサンケア。9、紫外線+赤外線までブロックする、飲む日焼け止め。10、美肌づくりの底上げをしてくれる、サンケアサプリメント。11、やさしい仕様が安心できる、ノンケミカルの塗る日焼け止め。12、内服薬は、ビタミンC,E、トラネキサム酸、ハイチオール(処方薬)。13、乾燥と炎症から目を守る点眼薬、ヒアレインとフルメトロン(処方薬)

私がこの夏のバカンスデスティネーションに見据えているのが、宮古島や石垣島などのビーチリゾート。素足で砂浜に立ち、打ち寄せる波が引いていくときの足裏の感触がたまらなく好き。からだの疲れやネガティブな思い、それらすべてが解き放たれる気がするのです。
とはいえ、ここは夏の南国。うっとりムードに浸る前に必要なのが…そう、紫外線対策です。私のアプローチは、まず「着る」。水着の上には必ずラッシュガードを着ます。それもジップタイプとパーカータイプを2枚重ね。足先まで守るトレンカタイプもマストですね。さらに「塗る」。日焼け止めは、水着や服を着る前に全身に塗りましょう。着てから塗るよりもムラなく塗布することができますよ。
さらに重要なのが「飲む」。塗る日焼け止めは400ナノメートルまでの紫外線、UVA(A波)、UVB(B波)は防ぐものの、それ以上のブルーライトや近赤外線までは対応できないものが多いのです。近赤外線は肌のたるみや赤ら顔の原因になるので、私はそこまで防ぐ飲む日焼け止めも併用しています。
おとな世代が紫外線対策をする意味。それは「健康な素肌を保つため」。知恵もついて、余裕も出てきた今、老化をただ嘆くだけなんてもったいないですよね。もっと戦略的に“健やかな美肌”を手に入れて、年齢にとらわれずに人生を謳歌できれば。私はそんなふうに考えているのです。

慶田朋子(けいだ ともこ)美容皮膚科医、「銀座ケイスキンクリニック」院長。東京女子医科大学医学部医学科卒業後、皮膚科助手、美容クリニック勤務などを経て、クリニックを開設。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。日本レーザー医学会認定レーザー専門医。医学博士。

オフィシャルサイト:銀座ケイスキンクリニック
Instagram:@tomoko_keida@dr_tomoko_keida

*写真のアイテムはすべて慶田さん私物です。

次回の【特集】おとな流 夏の紫外線対策#02では、医師・友利新さんの紫外線とのつき合い方をお届けします。

【特集】おとな流 夏の紫外線対策

構成・文/本庄真穂
撮影/高木亜麗
ヘア/コンイルミ
デザイン/日比野まり子

あわせて読みたい

特集30 今やるべき紫外線対策
特集30 今やるべき紫外線対策

2019.08.28

紫外線に対してもっと『意識高い系』に!
紫外線に対してもっと『意識高い系』に!
  • ビューティ&ヘルス

2019.07.03

赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策
赤くなる? 黒くなる? 肌タイプ別紫外線対策
  • ビューティ&ヘルス

2019.06.19

紫外線から肌を守る赤と緑の食材
紫外線から肌を守る赤と緑の食材
  • フード

2019.05.15

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20