おしえて、ワコール

ガードルをはいたとき、おなかまわりがキツくなってきて…

OTONA BODY BOOK 編集部

体型変化でいちばん大きい
「ウエスト」

そもそも年齢とともにサイズが特に大きく変化するのが、ウエストとおなかまわりです。下の図で確認してみましょう。20代後半から50代にかけて、ヒップやバストは数センチしか変わらなくても、ウエストは10センチも増えています。ほかの部位よりも「キツさ」が気になるのも、当然といえるかもしれません。

エイジングによる体型変化 データ:2010年ワコール人間科学研究所(1950年代生まれ 女性1,800名)

約半数が気にしている
「おなか」

こうして数字でも表れているように、体型が年齢とともに変化するのは、誰にでもあること。さらに着目したいのは、上のグラフで「ウエスト」に次いで変化の大きかった「腹部」(おなか)について。

「最も気になっているからだの箇所は?」という調査では、どの世代でも「おなか」と答えた人がいちばん多く、40代以降では40%を超えています。さらに50代前半では49%の人が「おなかが気になる」と回答。

50代前半「変化が気になるパーツは?」、年代別体型変化で「おなかが気になる」と回答した人の割合 2011年 ワコール調べ「からだと下着に関する1万人白書」より

でも、「気になる」からといって、服で体型を隠すばかりが、解決策ではありません。下着の力を上手に借りて、おなかまわりをすっきり、ボトムをきれいに、見せる工夫をしてみませんか。そこで、やっぱりガードルの登場です。

おとな世代は「おなかファースト」
でガードル選び

ガードルというと、「苦しい」「キツそう」というイメージをもっている人も多いことでしょう。そんな人こそ、ガードル選びをひと工夫してみましょう。

キツさや不快感をやわらげるためには、くいこみやすいフロント部分(=おなか)のつくりがカギ。たとえば、ゴムを使わず生地を折り返して始末することで、肌当たりをソフトに、きゅうくつ感をやわらげる工夫をしているものもあります。

ワコール/ラゼメリハリのあるくびれ【スキニーベール】ガードル(ロング丈)

「ワコール/ラゼ」ガードル ロング丈
商品についての詳細はこちら>

「でも、買ってはいてみるまでわからないし」。そう思っている方、多いのではないでしょうか。ガードルだって、しっかり試着して購入するべきです。そして、試着したからといって買わなくてはならないということも、ありません。試着室ではいてみて、脚を動かしたり、しゃがんでみたり、呼吸を繰り返してみたり。そんな動作でからだへの圧迫感を確認することをお忘れなく。

- Answer -

肌あたりのいい素材や縫製、おなかに圧迫感の少ないつくりのガードルで
「ラクちん」「美ボディ」をめざしましょう。

デザイン/日比野まり子

あわせて読みたい

カップが合っていない? この隙間、なんとかしたい
カップが合っていない? この隙間、なんとかしたい
  • ビューティ&ヘルス
  • ファッション
  • 装う

2021.12.08

ウォーキングを始めてみたけれど。ブラは何をつけるのが正解?
ウォーキングを始めてみたけれど。ブラは何をつけるのが正解?
  • ビューティ&ヘルス
  • 歩く

2021.12.08

ここちよく眠りたい。寝るとき用ブラは本当に必要?
ここちよく眠りたい。寝るとき用ブラは本当に必要?
  • ビューティ&ヘルス
  • ライフスタイル
  • 眠る

2021.12.08

おなかを引き締めるポーズ
おなかを引き締めるポーズ
  • フィットネス

2016.01.20

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20