補修室の七つ道具③

今日の補修室/Today’s Restoration Room 第18回

文/伊藤ゆか(京都服飾文化研究財団)
写真/京都服飾文化研究財団
作図/Neki. inc.

KCI収蔵品の補修、保存を行う「補修室」より日々の奮闘を綴ります。

七つ道具その3 着せ付け用クリノリン

今回はドレスをマネキンに着せ付けるための備品の一つである「着せ付け用クリノリン」を紹介します。

西洋では、1850年代後半からスカートのシルエットが大きく膨らみ、その膨らみを出すための下着としてワイヤー入りのクリノリンが発明されました。KCIは当時のクリノリンを何点か所蔵していますが、収蔵品の保存の観点から、それらを着せ付けのために使用することが出来ません。そのため、収蔵品のクリノリンからパターンを取り、シーチングと鉄のワイヤーを使って、ほぼ同じ形の「着せ付け用クリノリン」を作りました。

さらに、クリノリンの上に着せるペチコート、また、チュール付きのペチコートも製作しました、これらは、それぞれのスカートの膨らみに応じ、ペチコートの枚数やチュールの分量の使い分けをしています。

着せ付け備品の中でも一番大きなものになり、着せ付ける際は二人がかり、三人がかりで着せ付けることもあります。

着せ付け備品の中でも一番大きなものになり、着せ付ける際は二人がかり、三人がかりで着せ付けることもあります。大きなシルエットを出すための着せ付け用クリノリンは、KCI補修室の必須アイテムの一つです。

© The Kyoto Costume Institute
(KCI広報誌『服をめぐる』第18号 2021年12月発行より)
  • 京都服飾文化研究財団(KCI)
  • 京都服飾文化研究財団(KCI) 京都服飾文化研究財団(The Kyoto Costume Institure, 略称KCI)は、西欧の服飾やそれにかかわる文献や資料を体系的に収集・保存し、研究・公開する機関です。現在18世紀から現在までの服飾資料を約13,000点、文献資料を約20,000点収蔵。それらを多角的に調査・研究し、その結果を国内外の展覧会や、研究史の発行を通じて公開しています。 https://www.kci.or.jp/

あわせて読みたい

補修室の七つ道具②
補修室の七つ道具②
  • カルチャー
  • ファッション

2021.12.08

補修室の七つ道具①
補修室の七つ道具①
  • カルチャー
  • ファッション

2021.09.08

欠損部の製作補充③
欠損部の製作補充③
  • カルチャー
  • ファッション

2021.06.09

欠損部の製作補充②
欠損部の製作補充②
  • カルチャー
  • ファッション

2021.03.10

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20