映画で楽しむランジェリーファッション

文/武田尚子(ジャーナリスト)
「ローラ」(c) mathieu demy 2000 ジャック・ドゥミ監督の1961年フランス作品。フランス西部の港町ナントを舞台に、アヌーク・エーメがキャバレーの踊り子をしながら男の子を育てる女性を演じる。華やかな総レースのボディスーツは、アメリカの雰囲気がする。
『ローラ』(c) mathieu demy 2000
ジャック・ドゥミ監督の1961年フランス作品。フランス西部の港町ナントを舞台に、アヌーク・エーメがキャバレーの踊り子をしながら男の子を育てる女性を演じる。華やかな総レースのボディスーツは、アメリカの雰囲気がする。

withコロナの生活様式によって、多くのイベントが中止を余儀なくされ、旅行の再開もまだ少しずつ、という状況が続いていますが、皆さんはどのように生活を楽しんでいらっしゃいますか。

私は今まで見逃していた作品を中心に、フランスおよびヨーロッパの1960年代の映画を自宅で味わいました。当時の風俗や街の空気がリアルに伝わってきて、ランジェリーのファッションも時代性を感じさせます。

肩ひものないビスチェが活躍

ジャン=リュック・ゴダール、アニエス・ヴァルダ、ジャック・ドゥミといったヌーヴェルヴァーグの代表的な監督作品の中で、目についたのは、肩ひものない、背中が大きく開いたビスチェやボディスーツです。

1960年代といえば世界的にファッションのカジュアル化が進み、下着も自由なデザインが登場してきますが、からだをしっかり補整する50年代の名残もあって、その端境期にあったスタイルといえます。

いくつかの映画に共通していた女性主人公の職業は、キャバレーの踊り子。商売道具としてもプライベートでも、このビスチェを身につけていました。特にゴダールの『女は女である』では、ミッシェル・ルグランの音楽に乗って、後に監督の妻になるアンナ・カリーナが、実に愛らしくキュートに、パリっぽく魅力を振りまきます。赤のリボン通しのトリミングを施した白のビスチェ(寝室のシーンでは確か青のリボン通しのブラとペチコートだった)がぴったり似合っていました。

「女は女である」(c)1961 STUDIOCANAL - Euro International Films,S.p.A. ジャン=リュック・ゴダール監督の1961年フランス・イタリア作品。全編通して、赤と青が効果的に使われている。
『女は女である』(c)1961 STUDIOCANAL - Euro International Films,S.p.A.
ジャン=リュック・ゴダール監督の1961年フランス・イタリア作品。
全編通して、赤と青が効果的に使われている。

永遠の白いコットンのネグリジェ

もうひとつはナイトウェアです。『女は女である』の中でも、白いコットンのネグリジェに色柄物のローブを羽織る姿が見られましたが、白いネグリジェで印象的だったのは、スウェーデンの巨匠であるイングマール・ベイルマンの『仮面/ペルソナ』です。

『仮面/ペルソナ』(c) 1966 AB Svensk Filmindustri イングマール・ベイルマン監督の1966年スウェーデン作品。北欧の風土と空気を感じさせる、洗練されたモノクロ映像。ガランとした病室のナイトウェア姿(リヴ・ウルマン)は、映画の最初のほうに出てくる。
『仮面/ペルソナ』(c) 1966 AB Svensk Filmindustri
イングマール・ベイルマン監督の1966年スウェーデン作品。
北欧の風土と空気を感じさせる、洗練されたモノクロ映像。ガランとした病室のナイトウェア姿(リヴ・ウルマン)は、映画の最初のほうに出てくる。

この映画は、「分身/ドッペルゲンガー」をテーマにしたもので、失語症に陥ったスター女優と、彼女を看病することになった看護師との交流を描いています。海辺の別荘での2人だけの暮らしの中で、お互いの「仮面」がはがされているというもの。

夜、部屋でお互いの過去を告白するようなシーンでは白のネグリジェ、陽光を浴びながら庭でくつろぐシーンには帽子と黒のラウンジウェアと、モノクロ映像を活かした白と黒の対比がとても美しいものでした。
このように、古い映画を見ることによって、はるか遠い国、そして何十年も昔にも旅することができるのです。

『天使の入江』(c) cine tamaris 1994 ジャック・ドゥミ監督の1963年フランス作品。ニースのホテルを舞台に、ジャンヌ・モローがギャンブルの泥沼に誘う女性を演じる。エレガントなスーツの下は、白のビスチェ。
『天使の入江』(c) ciné tamaris 1994
ジャック・ドゥミ監督の1963年フランス作品。
ニースのホテルを舞台に、ジャンヌ・モローがギャンブルの泥沼に誘う女性を演じる。エレガントなスーツの下は、白のビスチェ。
『不滅の女』(c)1963 IMEC アラン・ロブ=グリエ監督の1963年フランス・イタリア・トルコ作品。『去年、マリンエバートで』(1961年)の脚本を手がけたアラン・ロブ=グリエの監督デビュー作。モダンでエキゾチックな雰囲気の中で、謎の女主人公の装いも変化する。バルコネットブラとガーターベルト付きショーツ。
『不滅の女』(c)1963 IMEC
アラン・ロブ=グリエ監督の1963年フランス・イタリア・トルコ作品。
『去年、マリンエバートで』(1961年)の脚本を手がけたアラン・ロブ=グリエの監督デビュー作。モダンでエキゾチックな雰囲気の中で、謎の女主人公の装いも変化する。バルコネットブラとガーターベルト付き ショーツ。
  • 武田尚子(ジャーナリスト)
  • 武田尚子(ジャーナリスト) インナーウェア専門雑誌の記者を経て、1988年にフリーランスに。以来、ファッション・ライフスタイルトータルの視点から、国内外のランジェリーの動きを見続けている。著書に『鴨居羊子とその時代・下着を変えた女』(平凡社)など。
    「パリ国際ランジェリー展」など年2回の海外展示会取材は、既に連続30年以上となる。現在、ライフワークとなる新たな計画を進行中。 http://blog.apparel-web.com/theme/trend/author/inner

あわせて読みたい

活発に動くナイトウェア市場
活発に動くナイトウェア市場
  • ファッション

2018.05.09

ランジェリーのモードへ誘う『ボディ』
ランジェリーのモードへ誘う『ボディ』
  • ファッション

2018.03.14

今月のコトバ「ボディスーツ」
今月のコトバ「ボディスーツ」
  • ライフスタイル

2015.09.30

今月のコトバ「モテ部位」
今月のコトバ「モテ部位」
  • カルチャー

2017.10.25

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20