2017年秋冬シーズンの注目カラー

文/武田尚子(ジャーナリスト)

Wacoal(ワコールヨーロッパ) Wacoal(ワコールヨーロッパ) ファッションにおける色の役割は、昔も今も変わらず大きな存在を占めています。ただ、以前のようにまず色が先に来るのではなく、全体の素材感や質感に融合する色というふうに、優先順位が変化していることは見逃せません。
ランジェリーも多くの色を楽しむことがすっかり当たり前になっただけに、改めて色の魅力に注目してみましょう。2017年秋冬シーズンは、日本人好みのシックな色合いが充実しています。

新鮮トレンドは深いグリーン

Fleur of England Fleur of England 最近は色のトレンドにそう大きな変化がない中で、最も新鮮に感じられるのがグリーン。森のグリーン、苔のグリーン、松のグリーンというような、自然からインスピレーションを受けた深味のあるグリーンが、今シーズンの顔といえるでしょう。
実際に着こなすのは難しそうと思われるかもしれませんが、黒に近い濃色もあって、意外に肌にしっくりなじみます。黒や濃紺がすっかり定着している今、ダーク系の次のステップとしてグリーンに挑戦してみるのも、ちょっと気分が変わっていいですね。

カーキはカジュアルな印象が強いのに対し、これらの深いグリーンはエレガントなスタイルにもぴったり溶け込みます。レースとの相性もよく、大人っぽいクールな印象にまとめてくれます。

レッド、イエローも根強い人気

Dora Larsen Dora Larsen(ドラ・ラーセン) Akiko Ogawa Akiko Ogawa 卓越した色のセンスで注目されたブランドといえば、ロンドンでスタートしたばかりの「ドラ・ラーセン」。透明感のあるシアー素材にレース、肩ひもやベルトなどにトリミング効果のあるアクセントカラーと、絶妙な色の組み合わせを見せています。
2017年秋冬シーズンのランジェリー全体からすると、落ち着いた紫系、ペールグレー、バニラホワイトといった、コーディネイトしやすい洗練された色が充実しているように思います。
一方で、多くのブランドが赤をラインナップしているように、特に秋冬シーズンにとって赤は欠かせない色となっています。その中でも「ヴァニーナ・ヴェスプリーニ」が、ゴールドのラメレースとの大胆な組み合わせをしているのが、目を引きました。
さらに、ここ数シーズン人気の黄色も継続していますが、春夏シーズンのさわやかな黄色とはまた異なり、ゴールドやからし色にも近い渋い色合いが、秋冬シーズンの装いに豊かな彩りを添えています。 Vannina Vesperini Vannina Vesperini(ヴァニーナ・ヴェスプリーニ)
武田尚子(ジャーナリスト)

武田尚子(ジャーナリスト) インナーウェア専門雑誌の記者を経て、1988年にフリーランスに。以来、ファッション・ライフスタイルトータルの視点から、国内外のランジェリーの動きを見続けている。著書に『鴨居羊子とその時代・下着を変えた女』(平凡社)など。
「パリ国際ランジェリー展」など年2回の海外展示会取材は、既に連続30年以上となる。現在、ライフワークとなる新たな計画を進行中。
http://blog.apparel-web.com/theme/trend/author/inner

あわせて読みたい

実践者&専門家が語る! ダイエット最新事情
実践者&専門家が語る! ダイエット最新事情
  • ビューティ&ヘルス

2017.06.28

間違いだらけの枕選び
間違いだらけの枕選び
  • ビューティ&ヘルス

2017.07.12

ボディワーカー森 拓郎さんのボディメイク法<後編>
ボディワーカー森 拓郎さんのボディメイク法<後編>
  • ビューティ&ヘルス

2017.06.21

椅子ヨガ/背中を伸ばすポーズ
椅子ヨガ/背中を伸ばすポーズ
  • フィットネス

2017.07.05

新着コンテンツ

記事タイトルが入ります NEW
最初の記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります記事タイトルが入ります
  • ビューティ&ヘルス
  • フィットネス
  • 提携メディア

2019.12.20