トップ 服をめぐる / BEAUTY 【KCI Wunderkammer】フード

服飾の歴史や文化へ誘う、京都服飾文化研究財団(KCI)広報誌より

服をめぐる

2019年6月26日

文/筒井直子(京都服飾文化研究財団 キュレーター)
写真/成田舞(Neki. inc.)

BEAUTY

【KCI Wunderkammer】

フード

フード 京都服飾文化研究財団所蔵 素材:雲母、絹羽二重、絹チュール
原産地:不詳
製作年:1900〜05年


目出し部分がギラリと光る。潜水服か宇宙服?と思いきや、これはドライブを楽しむためのフードで、約110年前の女性のものだ。当時の自動車には屋根がない。そして道はまだ舗装されていない。舞い上がる土埃や突然の風雨を避けようと女性達はこれを被ったのだった。新しく誕生した自動車もこのフードも、上流階級のステイタスシンボルだったのだが、このフード姿が優雅だったかどうかは別のはなし。
© The Kyoto Costume Institute
(KCI広報誌『服をめぐる』第5号 2016年11月発行より)
京都服飾文化研究財団(KCI)

京都服飾文化研究財団(KCI) 京都服飾文化研究財団(The Kyoto Costume Institure, 略称KCI)は、西欧の服飾やそれにかかわる文献や資料を体系的に収集・保存し、研究・公開する機関です。現在18世紀から現在までの服飾資料を約13,000点、文献資料を約20,000点収蔵。それらを多角的に調査・研究し、その結果を国内外の展覧会や、研究史の発行を通じて公開しています。
https://www.kci.or.jp/

関連キーワード

  1. KCI
  2. 筒井直子

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • Instagram ワコール公式アカウント
  • RSS