トップ 商品づくりの現場から / BODY ファッションと共に楽しむランジェリー「ルーチェスト」誕生

インサイドストーリー

商品づくりの現場から

2019年1月16日

語り/プライス美佐依(WBインナーウェア商品統括部
商品営業部 ブランド営業一課)
松山美幸(WBインナーウェア商品統括部
商品企画部 デザイン二課)

BODY

ファッションと共に楽しむランジェリー「ルーチェスト」誕生

2019年2月、全29アイテムを携え華やかに登場する「ルーチェスト」は、ファッションとの親和性の高さが大いなる魅力です。この春は、"aqua(アクア)"をテーマに、ランジェリー×ファッションのこれからの楽しみ方を提案。そんな「ルーチェスト」誕生の秘話に迫ります。 ルーチェスト
おしゃれ感度の高い女性に "フレンチエレガンス"を提案
――「ルーチェスト」の誕生経緯を教えてください。

プライス 「ルーチェスト」を立ち上げるにあたって、まずは市場調査を行いました。これまではフェミニンが主流だったところ、近ごろは大人フェミニンなものや、シンプルでセクシーなもの、大人かわいいものが市場に出てきているなと。さらに、今後どんなものが主流になるかをリサーチすると、"エレガント"というキーワードが浮かんできました。そこにルーチェストらしさを盛り込んだ"フレンチエレガンス"を軸として展開することにしました。

20~30代のおしゃれな女性にもっとワコールを知ってもらえたらと、ターゲットは専門店を利用される、25~35歳のおしゃれなキャリア世代に。商品の価格は、専門店のなかでは比較的お求めいただきやすい価格帯に設定しました。ブラジャーで3,300~4,800円がコアなゾーンです。

「ルーチェスト」は造語で、光を意味する「Luce」と英語の最上級の「est」を組み合わせました。自分らしさや女性らしさを大切にしているキャリア世代の女性に、"もっとも光り輝く"毎日を送っていただければという思いを込めています。 プライス美佐依・松山美幸 ――デザインや商品のバリエーションについて教えてください。

松山 先ほど"フレンチエレガンス"というキーワードが出ましたが、具体的には黒、白の無彩色をベースにしながらトレンドカラーを差し込み、インポート風のテイストを狙いました。アイテムは、ブラジャー、ショーツ、ロングキャミソール、テディをそろえています。

プライス 充実のサイズ展開も特徴です。ブラジャーはBからHまでのカップサイズを配備しました。全部で5グループあるのですが、うち3グループがHカップまでに対応しているんです。専門店のお客様にはラージカップの方が多く「なかなかかわいいデザインがない」というお悩みも耳にしますので、おしゃれを叶えられればと。
ファッションと連動して楽しめる機能面に注目
――ファッションと組み合わせた「見せる」インナーは、どんなきっかけで開発されたのでしょう?

松山 フランスのトレンド情報をチェックしていていると、背中やストラップのデザイン性が高いものがいろいろと提案されていました。2019年の春夏だけではなく、秋冬シーズンも継続という情報があり、日本にもその波が来て続いていくのではと。実際、国内のファッションブランドからも、肌見せアウターが登場していますが、それに合わせやすいインナーってどのようなものだろう?という話になりまして方向性が決まったんです。

新しい商品ではありますが、特別な新しさを出しすぎると特殊さが際立ってしまうので、そのへんのバランスは考慮しました。人と一緒ではないけれど、頑張れば手が届く "半歩先"のおしゃれを目指しています。たとえば、キャミソールでしたら一見普通のデザインですが、背中にデザインがあるといった感じに。 背中の開いたドレスにも映える、レーシーなキャミソール。 背中の開いたドレスにも映える、レーシーなキャミソール。 プライス ブラジャーにも、あえて見せるデザインのものがあります。ストラップレスなので肩出しができて、後ろはいかにもブラジャーという印象にならないように3本のラインで少しモダンに仕上げました。フロントホックのタイプです。 ストラップレスで、バックの3本ラインが印象的。 ストラップレスで、バックの3本ラインが印象的。
"aqua"を一大テーマにしたデザインの世界観も魅力
――今後5グループが登場するそうですが、2月に初登場となる01グループの商品やコンセプトを教えてください。

松山 シーズンテーマは"aqua"~アクア~です。「万物の起源には"aqua"(水)とのかかわりが重要。水が流れ生命が誕生し光を浴び呼吸をし育まれる」という世界観から「ルーチェスト」も最初は小さな水滴であっても、やがて大きく必要不可欠なものになってほしいという思いを込めました。01グループのテーマ"Rosée"は、サクラソウに露が輝いているイメージです。 2月に登場する第一弾のテーマは 2月に登場する第一弾のテーマは"Rosée"(ロゼ)。意味は露(つゆ)。 プライス レーシーなデザインで、まつげのようなデザインのアイラッシュレースをあしらっているのが特徴です。ブラジャーは、バックストラップをクロスにできることで合わせるファッションによって見え方をアレンジできます。ストラップをつけるタブの位置が左右2ヶ所あるので、アウターのデザインにより微調整できるのが便利です。 バックのストラップのタグは左右2か所ずつ。写真はクロス仕様で内側につけた場合。 バックのストラップのタグは左右2か所ずつ。写真はクロス仕様で内側につけた場合。 ――02グループ以降は、どんなテーマ展開ですか?

松山 シンプルエレガント、フェミニンエレガント、セクシーエレガントと、さまざまなエレガントバリエーションが続々と登場しますので、ぜひお好みをお探しください。

プライス デザインもそうですが、ワコールならではの機能性やフィッティングには自信がありますので、ファッション性はもちろん着ごこちにもご満足いただけると思います。 レーシー派、シンプル派などエレガントにバリエーションがある。 レーシー派、シンプル派などエレガントにバリエーションがある。
プライス美佐依

プライス美佐依(プライス・みさえ) WBインナーウェア商品統括部 商品営業部 ブランド営業一課
1994年ワコール入社。入社後、材料担当・貿易担当・生産管理担当にてものづくりにおける企画から生産・仕入までを経験。2017年まで約7年間「アキュート」、2018年より「ルーチェスト」のMDを担当。

松山美幸

松山美幸(まつやま・みゆき) WBインナーウェア商品統括部 商品企画部 デザイン二課
1995年ワコール入社。ランジェリーパタンナーを4年担当。ラゼ、グラッピー、ショーツ、催事企画(フレシィ)の企画を担当し、2017年まで「アキュート」、2018年より「ルーチェスト」の企画を担当。

取材・文/シキタリエ
撮影/合田慎二

関連キーワード

  1. プライス美佐依
  2. 松山美幸

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • Instagram ワコール公式アカウント
  • RSS