トップ 美の流儀 / HEART 【番外編/学びと美を考える】「一生懸命」は健康のバロメーターであり、美しいこと

からだのために「やってる人」の奥の手公開!

美の流儀

2018年10月10日

語り/山本邦子(有限会社トータルらいふけあ代表・
NATA認定アスレティックトレーナー)

HEART

【番外編/学びと美を考える】

「一生懸命」は健康のバロメーターであり、美しいこと

「美」をコンセプトにした学びの場、ワコールスタディホール京都と連動した美の流儀【番外編】。今回は、からだを見つめ直す4ヶ月の連続講座がもうすぐ始まる、山本邦子さんが登場します。 山本邦子さん ――2017年夏に全3回で実施した「なりたいカラダをつくるためのワークアウト Vol.1 姿勢」が大好評でした。山本さんの講座の特徴を教えてください。

姿勢に着目した講座だったので、見た目の変化はもちろんですが、実は見た目以上に自分の中での変化に気づく方が多かったようです。からだが軽くなった、視野が広がった、背が伸びた気がする、などなど...。呼吸が楽になったという方もいらっしゃいました。姿勢がよくなったという最終的な結果だけでなく、その前提となる自分の中の変化を大事にしています。

今回のテーマは「なりたいカラダをつくる」。もし、あなたの「なりたい」が「細くなりたい」「服が似合うヒップを手に入れたい」だとしたら、その奥にある理由を掘り下げることから始めます。そこにはきっと、「自分に自信をつけたい」「堂々と人前に立ちたい」「誰かのためになりたい」といった、見た目の先に目指すものがあるはずです。自分のからだを通して、そうしたことを考える場になればと思っています。

――どんなプロセスを経ていくのでしょうか。

初めは自分自身の人生でからだのターニングポイントを振り返ります。体重が増えたタイミング・減ったタイミング、ケガをしたこと、ショックだった出来事...。どなたにも、ありますよね。さらに、体組成計や呼吸状態の測定をして、数値でからだの状態を見ます。呼吸を数値で見ることはあまりないと思いますが、いかにふだんの呼吸が無意識で正しくできていないか、よくわかります。呼吸は、意識することでずいぶんよくなるんです。その後、運動機能の測定などをして、体幹トレーニング、柔軟性を高める運動、立つ・歩くトレーニング、などを行なっていきます。

いきなりトレーニングではないんだと、思うかもしれません。まず自分のからだを知って、柔軟性と心肺機能を高め、筋肉を働かせて...、そうやってようやく、効率のいいからだづくりのベースができることになります。短い期間なので、重要な要素を盛り込みつつ、順番やタイミングなど編成に工夫を凝らしました。

また、受講期間中は自分を振り返るきっかけとして、ジャーナル(気づいたことのメモ)をつけてもらおうと考えています。しっかり日記帳につける必要はないんです。手帳の余白にその日の気づいたことを書いておくのでもいいし、ゆっくり書く時間がなければ頭の中で振り返ってみるだけでもいいんです。一流のスポーツ選手もやっていることで、毎日の振り返りは、次のステップに進むために大事なのです。 山本邦子さん ――運動が苦手とか、からだが硬いという人でも、実践できるでしょうか?

大人になったらからだは変わらないだろうとか、どうせからだが硬いからとか、そう思い込んでいる人でも、骨格や呼吸が整えば、変化を感じやすくなります。からだを知り、整えるプロセスを飛ばして、流行りの体操やダイエットに飛び込んでも、一時的に効果を感じても長続きせず、飽きてしまいます。目的や自分のからだに合わせて、あふれている情報を精査できるスキルも、身につけて欲しいというのが、私の願いでもあります。

からだはウソをつきません。それに、からだが変わるとわかると、ワクワクするし前向きになれます。この講座では、自分にウキウキしてもらうことを、大事にしたいと思っています。

――最後に、山本さんがお考えになる「美しさ」について教えてください。

何かに一生懸命になれることは、すごく美しいことだと思います。エネルギーのいることだし、それを持続することはさらに大変なこと。だから一生懸命になれることは、健康のバロメーターともいえます。また、それだけで終わらず、本が好きな人、カフェ巡りが好きな人、それぞれの先にあるその人なりの表現方法――たとえば、自分の言葉で人に広めたり、誰かに教えたりーーといった中に、さらにその人の美しさが出てくると思います。

――この講座を通して、一生懸命になれるものが増えたらいいですね。 山本さんこだわりのお茶。気持ちのスイッチのオン・オフに合わせて、緑茶からハーブティまで複数種類を常備している。手前のハーブティは、京都で有機野菜を栽培している農家「音吹畑」のもの。保存用の茶筒は、旅行先などさまざまな場所で買い集めている。 山本さんこだわりのお茶。気持ちのスイッチのオン・オフに合わせて、緑茶からハーブティまで複数種類を常備している。手前のハーブティは、京都で有機野菜を栽培している農家「音吹畑」のもの。保存用の茶筒は、旅行先などさまざまな場所で買い集めている。

山本邦子 有限会社トータルらいふけあ代表・NATA認定アスレティックトレーナー
Kyoto MBM Labo を運営
東京都出身。
アメリカカンザス州立カンザス大学にて運動力学とスポーツ経営管理学で修士号修了。帰国後、2003年「一生涯を通してセルフケアのできるしなやかな人間つくりをサポート」を胸に有限会社トータルらいふけあを起業。 劇団四季初の専属アスレティックトレーナーとして、団員、スタッフの健康管理、教育、カウンセリングを行いながら、全国の劇場を回る。2004 年より、アスレティックリハビリテーション、ヨガ、運動力学、運動生理学、脳科学などの情報をもとに、「動作教育を通した人間形成のお手伝い」を実践する ためにA-Yoga Mind and Body Movement Therapy(商標登録)の構築、インストラクター養成を開始。2009年よりLPGAツアープロ 宮里藍プロの専属トレーナーとして世界のツアーに帯同。2014年より大阪府立大学総合リハビリテーション学科臨床科学系の博士課程に在籍中。 著書に、「アスリート新化論」(扶桑社)、「なぜヨガをやる女性はすっぴんでも美しいのか」(ワニプラス)、「40代からのシンプルヨガ」(ワニプラス)、「トップアスリートだけが知っている正しい体のつくり方」(扶桑社新書)、「伸びる子どもの体のつくり方」(ポプラ社)がある。

ワコールスタディホール京都 山本邦子さんのワコールスタディホール講座情報
「なりたいカラダをつくるためのワークアウト」(全7回)
2018年10月18日(木)、 11月1日(木)、11月15日(木)、
12月6日(木)、12月20日(木)、
1月10日(木)、1月24日(木)
各回ともに 19:00~21:00
28,350円(税込/全7回)

取材・撮影/ワコールボディブック編集部

※この記事の内容について、株式会社ワコールは監修を行っておりません。
※この記事に含まれる情報の利用は、お客様の判断と責任において行なってください。

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • RSS