トップ ランジェリー★EXPRESS / BEAUTY セクシーなシェイプウェア

インナーファッションの流行ウォッチング

ランジェリー★EXPRESS

2018年6月13日

文/武田尚子(ジャーナリスト)

BEAUTY

セクシーなシェイプウェア

WACOAL(ワコール)。その名も「セクシーシェイピング」シリーズは、トレンド感満載。2018秋冬シーズンは新色のレッドが目をひく。 WACOAL(ワコール)。その名も「セクシーシェイピング」シリーズは、トレンド感満載。2018秋冬シーズンは新色のレッドが目をひく。 ワイヤレスブラにブラレットと、国内外に共通して快適性を重視したソフトブラが全盛です。いったんラクなブラになじんでしまうと、造形性を重視したプッシュアップ効果の高いブラはちょっと敬遠気味になってしまうのかもしれません。ただ体型や着る服によっては、やはり本来の体型補整機能のしっかりしたものも必要不可欠ということで、最近、少しこの揺り戻しもきているように思います。

一方で、モードでセクシーなソフトブラを得意としていたようなブランドが、ここにきてシェイプウェアに興味を示しているのもおもしろい現象です。もちろんひと口に「シェイプウェア」といっても、従来のベーシックなそれとはかなり印象が異なります。シェイプウェアそのものが進化し、多様化しているといっていいでしょう。
セダクティブなブランドからのアプローチ
セクシーにからだを露出する印象が強いフランスの「メゾンクローズ」は、ふくよかな曲線美の女性に敬意を払うとして、2018秋冬シーズンに独自のシェイプウェアのラインを新発売。マイクロファイバーの快適なシームレスを中心に、からだをフラットにすっきり整えるボディスーツや、タイトスカートのアンダーに最適なハイウエストガードルなどを発表しています。脇やおなかまわりなど抑えるところはきちんと抑えながら、バストやヒップのトップは覆いがないむき出しのデザインというところが、同ブランドらしいもち味といえます。

また、「シャンタル・トーマス」でも、スリーインワンやボディスーツなど、ボディ全体をカバーするようなシェイプウェア風デザインが目につきました。フェミニンとマスキュリンの融合という同ブランド元来の特徴に加え、セクシーとスポーツの融合も顕著に見られるものとなっています。 CHANTAL THOMASS(シャンタル・トーマス)。シェイプウェア風デザインのスリーインワン。胸元はレースのブラを重ねているように見えるが、一体化した装飾。 CHANTAL THOMASS(シャンタル・トーマス)。シェイプウェア風デザインのスリーインワン。胸元はレースのブラを重ねているように見えるが、一体化した装飾。 CHANTAL THOMASS(シャンタル・トーマス)。ファスナーがアクセントになっているストレッチレースのボディ。メッシュとの組み合わせでスポーティに。 CHANTAL THOMASS(シャンタル・トーマス)。ファスナーがアクセントになっているストレッチレースのボディ。メッシュとの組み合わせでスポーティに。
スポーツトレンドの影響で機能とデザインが融合
セクシーなシェイプウェアという新しい分野の背景には、近年のスポーツのトレンドの影響があることは見逃せません。フィット性や適度なサポート力があって、快適で動きやすく、着心地がよくて合理的というスポーツウェアの特性は、何もスポーツブラやアクティブウェアなどに限らず、ランジェリー全体を進化させているといえます。縫い目も少なく、程よい伸縮性とサポート力のある素材をフラットに使ってあるのが特徴で、エラスティックテープのトリミングやファスナーといったディテールもスポーツトレンドの影響です。

また、VISCOMAGIC®生地(セーレン)のプリント技術に象徴されるように、特に着圧機能のコンプレッションウェアとファンデーションは近いものがあります。スポーツウェアとファンデーションそれぞれに求められているものの共通性が高まり、機能性とデザイン性が同時にかなえられるような時代になっているのです。

軽くてセクシー、見た目はシンプルでありながらスポーティでフェミニンというのが今の時代のムードなのでしょう。そういう中で、以前は対極のように思われていた"セクシー"と"シェイプウェア"も矛盾なく共存しています。 MAISON CLOSE(メゾンクローズ)。薄くフィットするシームレスのロングガードルは、ヒップ部がネイキッド。 MAISON CLOSE(メゾンクローズ)。薄くフィットするシームレスのロングガードルは、ヒップ部がネイキッド。 MAISON CLOSE(メゾンクローズ)。ガーターベルトが内蔵されたシェイプウェアは、バスト以外のボディ全体をカバー。 MAISON CLOSE(メゾンクローズ)。ガーターベルトが内蔵されたシェイプウェアは、バスト以外のボディ全体をカバー。
武田尚子(ジャーナリスト)

武田尚子(ジャーナリスト) インナーウェア専門雑誌の記者を経て、1988年にフリーランスに。以来、ファッション・ライフスタイルトータルの視点から、国内外のランジェリーの動きを見続けている。著書に『鴨居羊子とその時代・下着を変えた女』(平凡社)など。
「パリ国際ランジェリー展」など年2回の海外展示会取材は、既に連続30年以上となる。現在、ライフワークとなる新たな計画を進行中。
http://blog.apparel-web.com/theme/trend/author/inner

関連キーワード

  1. ランジェリー
  2. 武田尚子

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • RSS