トップ ランジェリー★EXPRESS / BEAUTY スポーツトレンドが次のステージへ

インナーファッションの流行ウォッチング

ランジェリー★EXPRESS

2017年5月17日

文/武田尚子(ジャーナリスト)

BEAUTY

スポーツトレンドが次のステージへ

スポーツには動と静の両面が。呼吸法と共に注目されている瞑想はヨガの基本(「HANRO(ハンロ)」 スポーツには動と静の両面が。呼吸法と共に注目されている瞑想はヨガの基本(「HANRO(ハンロ)」"バランス"ライン) ランジェリーのグローバルトレンドとして、近年、"スポーツ"が大きくクローズアップされています。日本国内でもその傾向が強まり、2020年の東京オリンピックも控え、市場拡大への期待が高まっています。
ファンデーションメーカーは機能性に優れたスポーツブラが核アイテムになりますが、パリ国際ランジェリー展(2017秋冬コレクション)では、"アスレジャー"の広がりやファッションとの融合など、スポーツへの多様なアプローチがさらに進んでいます。
ウエルネス志向の高まり
スポーツの中でも、最近ますます注目度が上がり、参加人口が増えているのがヨガです。デジタル社会に疲れ、また不安や危機感が世界を覆っている中で、ひとりひとりがそれぞれの内面を静かに見つめ、心身のバランスを図りたい――マインドフルネスやミニマリズムといったキーワードと共に、まさに今の時代のウエルネス志向をあらわしているのがヨガ人気といえるでしょう。

上質な肌着やラウンジウェアで知られる「ハンロ」も、新しいラウンジウェア領域として、「バランス」というスポーツアパレルラインを発表しました。
ヨガやウォーキングなどのライトスポーツをはじめ、旅行やリラックスタイムに最適なトップスとボトムをラインナップしています。からだを動かしている最中だけではなく、その前後に着用してもおしゃれという、便利で洗練されたスタイルが特徴となっています。 リラックスシーンに重宝する洗練されたラウンジウェア(「HANRO(ハンロ)」 リラックスシーンに重宝する洗練されたラウンジウェア(「HANRO(ハンロ)」"バランス"ライン)
ファッショナブルに着こなし
また、独立系のランジェリーデザイナーブランドでも、スポーツのエッセンスを取り入れたデザインが目につきました。 ブラからTシャツまでアイテムもいろいろで、着こなしが楽しめるスポーツライン(「Kriss Soonik(クリスソニック)」) ブラからTシャツまでアイテムもいろいろで、着こなしが楽しめるスポーツライン(「Kriss Soonik(クリスソニック)」) ロンドンを拠点にした「クリスソニック」は、チュールやレース、ジャージー素材を使った、茶目っ気たっぷりのスタイルが魅力です。穴のような開きやスリット、サスペンダーやメタルパーツなど、遊び心のあるディテールのもち味を生かしながら、スポーツウェアからインスパイアされて発表したというのが、カラフルなストレッチジャージーのシリーズ。ちょっと80年代風の匂いも感じさせる、適度な光沢のある滑らかな素材感で、ストライプの柄行きです。デザイナーの出身地であるエストニアの森をイメージしたというグリーン、そして明るいピンクの2色の配色で、前と後ろを逆に着ることもできるリバーシブルもあります。
"スポーツ"は一過性のトレンドにとどまらず、ライフスタイルの中に自然に溶け込み、さらに私たちの日常的な衣服をも変化させていくのではないでしょうか。 総レースの羽織るドレスと組みあわせた新鮮なスタイル(「Kriss  Soonik(クリスソニック)」) 総レースの羽織るドレスと組みあわせた新鮮なスタイル(「Kriss Soonik(クリスソニック)」)
武田尚子(ジャーナリスト)

武田尚子(ジャーナリスト) インナーウェア専門雑誌の記者を経て、1988年にフリーランスに。以来、ファッション・ライフスタイルトータルの視点から、国内外のランジェリーの動きを見続けている。著書に『鴨居羊子とその時代・下着を変えた女』(平凡社)など。
「パリ国際ランジェリー展」など年2回の海外展示会取材は、既に連続30年以上となる。現在、ライフワークとなる新たな計画を進行中。
http://blog.apparel-web.com/theme/trend/author/inner

関連キーワード

  1. ランジェリー
  2. 武田尚子

ワコールをフォロー

  • facebook ワコール Wacoal corp.ページ
  • Twitter ワコール公式アカウント
  • RSS